Author Archives: yamayuri

11/05 OAC12 anniversary と 100 after climbing mountains will congratulate

dscn0532

2016年11月5日(土) 参加者(敬称略):石倉・浅香・小山・山岸・吉松・三浦・佐川・下村・原・大竹 OAC12周年祭が参加者10名 川上村のわらび山荘で開催されました。 山行は御座山(おぐらやま) 天気が良く落ち葉を踏みながら栗生登山口から登りました。頂上からは360度の展望が眺められ気持ちの良い秋の一日を楽しみました。 下山後、日が暮れるのが早い秋の夕暮れわらび山荘に直行。山荘はログハウスの広々とした快適な山荘で美味しい夕食付でした。 食事を終えログハウスでOAC12周年祭とやまゆりの100名山完登の祝賀会が開かれました。幹事の下村さんの楽しい催しとしてプレゼント交換がビンゴーゲームをしながら 行われました。そして100名山完登祝いに素敵なケーキと花束をやまゆりは頂きました。皆様にお祝いしていただいたことを心から感謝申し上げます。ありがとうございました。 やまゆりからは石倉会長に記念の百名山のフォトッブックを贈呈。そして大宮アルパインクラブに 「ピッケルとわかん」を感謝をこめて贈呈しました。 新人の方たちが雪山入門の扉を開くときにぜひ「ピッケルとわかん」を使って頂ければ嬉しく思います。これからもOAC皆様のますますのご活躍をご祈念いたします。 小山ゆり子    

Posted in Climbing report | Comments Off on 11/05 OAC12 anniversary と 100 after climbing mountains will congratulate

10/08百名山踏破  筑波山 877m登頂

img_3556-1

2016年10月8日 筑波山 女体山 877m 百名山踏破 メンバー:古島さん、小原さん、洞谷さん、くろちゃん、美紀さん、やまゆり ケーブルカー組:小山 利・ヒメ子さん、 祝賀会のは、小川さん、しろちゃんも参加 ついに100名山踏破!筑波山登頂! 参加者は、朱鷺の会のメンバー、うさぎ倶楽部のメンバーの9人登山に参加しました。ケーブルカー組は、主人とヒメ子さんの参加・・・それでも「ケーブルに乗るまでの石段が大変だった。」と・・・・ 戸田公園7時出発。2台の車で筑波山の向かい朝のうちにロープウエイの駐車場で皆を降ろしてのワゴン車をケーブルカー駐車場に回送した。 筑波山を見上げれば山の上は雲が覆いかぶさっていた。天気予報も曇りから昼頃からは雨とあまり良くなかったが 雨具を着てとりあえず、7人で登りました。 足元の悪いなか滑らないように気を付けながら上って行きました。途中から、大岩の奇岩、「弁慶の七戻」「胎内くぐり」「出船入船」「がまいし」・・・いろいろと名付けられた岩が出てきて面白かった。雨もほど気になるほどではなく、なんなくと筑波山の頂上女体山877mに登頂。クロちゃんが作ってきてくれた大弾幕を広げ早速記念撮影。 無事に100名山踏破 ありがとうございました。 写真を撮り終わるやいなや、大粒の雨が降りだしてきたので急いでコマの展望台に行った。主人とヒメ子さんが待っていてくれたので、大弾幕を広げて再度記念撮影。 ビールで乾杯。 1時30頃には時に雨がぴたりとやんだ。2時20分のケーブルカーで皆下山した。 戸田に帰り「千年の宴」で「祝賀会」小川さん、しろちゃんも参加して11名。 素敵な花束に、ピンクのフリースのプレゼントも頂きました。 良い友達に祝福されて幸せです。 家に帰れば、ママからも青いリンドウとシクラメンの花を頂き家族からもお祝いしてもらえて、幸せいっぱいの百名山踏破の日でした。ありがとうございました♪

Posted in Climbing report | Comments Off on 10/08百名山踏破  筑波山 877m登頂

9/16戸隠山1904M

img_3461

2016年9月16日(Gold) 奥社P 7:00am→隋神門7:22 若いカップルと出会う→戸隠神社奥社参拝7:40→ 登山届7:47→急登続く→五十間長屋8:34→百間長屋→クサリ場連続→蟻の戸渡→ 9:20八方睨1960m →戸隠山1904m 10:00am→九頭竜山1883m 10:58→一不動避難小屋(高妻山分岐)→不動滝12:14→戸隠牧場13:26 登り 3時間 下り3時間30分 行動時間6時間30分 戸隠山は「いつか登りたい」と思っていた山だった。天気予報が曇りから少し晴れマークに変わったので登ることにした。今回は黒姫山も登っていなかったので二つマーク!昨日黒姫山を登り戸隠神社の中社に宿泊。 朝7時に戸隠神社の駐車場に車を止めてスタート。偶然に若いカップルと隋神門で出会う。もちろん戸隠山に登る二人だった。これぞ戸隠神社の神様ご加護と勝手に思い「蟻の戸渡り」を「ご一緒しましょう!」と言った。奥社を参拝して登山届を出して急な登山道をしばらく上った。 大きな岩の五十間長屋と続いて百間長屋と呼ばれる大岩を見ながら進んでいくとクサリ場の連続となった。そうしていよいよ「蟻の戸渡」と呼ばれる細い尾根に出た。 若い夫婦のカップルのご主人が「こわ~い」と言いながら足を運んだ。私もよつんばになって進んでいった。最後ところがよつんばになれないほど細くまさにナイフリッジだったので馬にまたがるようにして進んでいった。 無事に「蟻の戸渡」を通過!八方睨みに出た。若い二人と一緒に同行出来て本当に良かった。一人だったら・・・どんなに怖いことか・・・ 後は登ったり下ったり九頭龍山を通り高妻山の分岐の避難小屋から戸隠牧場へと下って行った。不動滝、滑滝・・・クサリ場ありの沢下りのようだった。高妻山に登ったルートだった。戸隠牧場に1時半に下山。戸隠山から雄大な黒姫山そして高妻山の素晴らしい山容を見ることが出来て満喫な秋の登山を楽しみました。山に登った充実感が筋肉痛に現れています。 「極楽坊」という奥社のそば茶屋に一緒に美味しい戸隠蕎麦を食べに行った。一期一会の 出会いに感謝しながらお蕎麦を頂きました。  

Posted in Climbing report | Comments Off on 9/16戸隠山1904M

9/15黒姫山2053m

img_3398

2016年9月15日(Wood) 戸田 出発 5:00am 黒姫 コスモス園P 8:00am スタート8:30am →姫見台11:05am→越見尾根11:51→黒姫乗越12:30→黒姫山 山頂 2053m 13:30pm→下山13:52→越見乗越15:15→姫見台15:42→スキー場リフト下場16:30→P17:00 コスモスが今が見ごろの黒姫高原コスモス園に朝8時に到着。リフトは9時にならないと動かないので支度をして8時半に歩き始めた。曇り空だったがコスモスとダリアの花園を見ながら歩いて登った。 リフト降り場のおじさんに黒姫山の登山道を確認したら親切に教えてくれた。登山道はリフト降り場から続いていた。朝一番の登山者を待ち構えていたのは蜘蛛の巣だった。ストックでレース編みのような蜘蛛の巣を払いのけながら歩いた。山頂という看板を見てから・・・山頂までの道のりが長かった。真っ白なキノコ ・・・「白雪姫」と勝手に名付けてみた。 午後1時半ようやく開けた山頂 黒姫山2053mに到着。木曜日のWeekdayともあって 登山者はやまゆり一人だけだった。誰もいないのでセルフシャターで写真を撮った。頂上に近づくにつれて木々の間から木漏れ日が差し、清々しい森林浴を浴びているようだった。開けた頂上に到着。水色の空に白い雲が美しく眼下の景色も望むことが出来てラッキーだった。翌日の戸隠山から見る黒姫山の立派な山容は素晴らしかった。歩きがいのある黒姫山に満喫しました。 登り 行動時間 5時間  下り 行動時間3時間半        

Posted in Climbing report | Comments Off on 9/15黒姫山2053m

2016/08/23 大山 (弥山みやま)1711m

KIMG4585

8月23日(火)日本百名山99座 大山 1729m 大山寺を8時15分出発。整備された行者登山道を登っていき夏山登山道に合流。6合目から麓の景色がよく見えた。見上げれば真っ白な夏雲と青い空だった。 目指す山頂は最高峰の剣ガ峰だが、稜線は崩壊のため、立ち入り禁止となっていて山頂は弥山(みせん)1709.4m 。丁度 正午に到着。早速 おかずがたくさん入っているお弁当を頂いた。 小学4年生のグループが登ってきた。一人の先生がギターの小さいのを持ってきていた。 山頂の皆さんに挨拶して歌を歌って楽しませてくれた。歌を聴きながら午後1時に下山。 大山はもろい岩が侵食、崩壊が進んでいる老齢期の複式火山だそうだ。翌日の大山ゴルフ場から見る大山はその名の通り・・・富士山のようだった。 残すところ一つとなった百名山・・・筑波山。 素晴らしい山々をたくさん登ってきた思いが募ってくる。下山は夏山登山道を真っすぐに下り大山寺に3時11分に到着。無事登頂のお礼参りをした。 大山火の神岳温泉 豪円湯院の温泉にゆっくり入り温泉を満喫。

Posted in Climbing report | Comments Off on 2016/08/23 大山 (弥山みやま)1711m

蓼科山  2530m

IMG_2724

蓼科山  2530m 11月19日(Wood)~20日(Gold) 1988年10月2日 戸田山の会で息子の (小5)と蓼科山に七合目「一の鳥居」から登った。え~~あれから27年も経っているのだ。百名山 総集編を兼ねて蓼科山を改めて登ることにした。 戸田6:30 予定より遅れて出発。戸田南インターから高速にのるとすぐに渋滞にはまってしまった。朝の6時過ぎがこんなに混むということを忘れていた。圏央道を走れば良かったか?・・・と思ったが料金所を過ぎるとどうにか流れがよくなり 天気もよくなったのでまずは一安心中央高速を走った。 女神茶屋に10時すぎに到着。車はyamayuriの一台のみ。さっきまで晴れていたのに 山の中に入るとガスっていた。まあ仕方がないかと思いながら出発の支度をした。 10時15分蓼科登山口のバス停を出発。すっかり落葉したカラマツの木々と笹原の中をしばらく歩いた。途中から青空が見え始め岩の山道に変わってきた。 青空の下 蓼科山は雲海の上に浮かび、御岳山、南アルプス、八ヶ岳と素晴らしい景色を眺めることが出来た。頂上間近の大岩の黄色のペイントのサインの後を歩いた。頂上に回り込むのが長く思えた。 営業を終了した蓼科頂上山荘が見えた。頂上に1時に登頂。だれもいない静かな蓼科山 単独登頂だった。風もなくお天気に恵まれて感謝の山行でした。3時に下山。行動時間 5時間 蓼科 横谷渓谷の温泉に泊まり 豊富な鉄分を含んだ黄金色の温泉でリラックス。    

Posted in Climbing report | Comments Off on 蓼科山  2530m

10/24 霧島山 唐国岳

IMG_2691

10May 24(Day) 韓国岳(からくにだけ) 1700m 宮崎県 登り 1時間15分 下り 3時間 行動時間 4時間15分 朝6時30分に出発。 霧島火山の最高峰 直径900m 深さ300mに 達する大きな火口を持つ。 宿で朝食とも思えない3つのおにぎりとおかずが1パックぎっしり詰まっている重いお弁当箱を頂いた。まさに3食分だ! 唐国岳 登頂7:45 約10名ほどの登山者がいた。 朝飯前の山登りだった。 これで今回の目標の4座すべて踏破。 1週間素晴らしい天気に恵まれた山行でした。 紫外線が強くサングラスをしていても 目が痛くなり唐国岳の登りでは目が痛かった。 カルデラの中の大浪池を右まわりにがある大沼周りで下山。 11:00 にえびの高原荘に無事到着。

Posted in Climbing report | Comments Off on 10/24 霧島山 唐国岳

10/23 祖母山

IMG_2645

10月23日 金曜日 祖母山(そぼさん)1756m 大分・宮崎県 登り3時間30分、下り3時間30分 行動時間 7時間 天岩戸温泉の宿を6時半過ぎに出発。黒米のおにぎりを頂いた。 高千穂 尾平に向かった。祖母山麓 尾平青少年旅行村「 ほしこが」をナビにセット。 祖母山の登山口の駐車場を辛うじて見つけた。駐車場には2台 8時登山口スタート頂上には11時35分に登頂。コースタイムより30分も早い快挙な登りだ。とは言え、山道は延々と続く登り! コースタイム 登り4時間・・・1時間ごとの休憩をしながら 急登をコンスタンスに登っていき30分短縮。祖母山 頂上には 私も含め 6人が登った。 黒金山尾根コース ・・・12時前に下山をかけた。頂上直下、3:30PM 無事下山。

Posted in Climbing report | Comments Off on 10/23 祖母山

10/21 阿蘇 根子岳

IMG_2578

根子岳(ねこだけ)は、熊本県阿蘇郡高森町にある山である。阿蘇五岳(あそごがく 阿蘇山)の一つ。最高点天狗峰の標高は1,433m。東峰には1,408.1mの三角点がある。 神様が怒ったために山容がギザギザになったという伝説がある   10月21日 水曜日 阿蘇 根子岳 東峰 1408m 熊本県 登り 1時間30分 下り 30分 行動時間 3時間 。熊本阿蘇市役所に問い合わせたところ「レベル3」阿蘇火山噴火のため 立入禁止の規制がかかっている。熊本県警に問い合わせたところ 阿蘇5岳の一つ根子岳ならば 登山可能という 情報を頂いた。 前原牧場登山口 東尾根 登り90分 急登。 主人に 前原牧場の登山口まで送ってもらう。本当に大きな赤牛や黒牛がいる牧場の中を そ~と走った。登山口に登山届の箱があった。届けを出して 急登を1時間30分草をかき分けながら登った。 頂上には一人、先客がいた。熊本の志賀さん、熊本県警の検死官の方だった。 名古屋からの若いカップル 内田夫妻が暫くして登って来た。 山の話に盛り上がり1時間も話をしていた。「もし滑落したら、熊本県警を呼ばなければならないから」・・・ 熊本の志賀さんこと「くまもん」 にお願いして一緒に下山をして頂いた。急な斜面をお助けロープをたぐりながら 30分で下山した。無事下山。

Posted in Climbing report | Comments Off on 10/21 阿蘇 根子岳

10/20 久住山

IMG_2506

10月20日 火曜日 久住山(くじゅうさん) 1791m 大分県 登り3時間30分 下り2時間30分 行動時間 6時間 宿でおにぎりを作ってもらい7:00am出発。主人に牧の戸峠の登山口に送ってもらう。 すでに大勢の登山者でにぎわっていた。 地図上では 日本百名山は「九重山」とのっているが 久住山 どちらに登ったら良いのか? 悩んでしまった? 8:30am スタート。山道を私の前には 15~20任のガイドが歩いているようなものだった。九州の秋山さんと足並みが同じになり一緒に同行。九州山情報を歩きながら尋ねた。星生山(ほっしょうさん)に登り稜線からの紅葉の景色を楽しんだ。 赤く染まった山がとてもきれいだった。久住山に12:00 登頂。おにぎりを食べて12:30に下山。 硫黄山の裾を歩き長者原(ちょうじゃばる)に下山。 岩のごろごろした砂礫が歩きにくく一歩一歩 気をつけて足をつく。長者原のレストハウスの赤い屋根が見えたのだが そこからの道のりが長かったこと!無事下山。  

Posted in Climbing report | Comments Off on 10/20 久住山