作者歸檔: yossy

2014/8/14剱岳Chin'ne左嶺頂峰的D&Ⅵ面對富山航線

 ★メンバー:K美(L)、S水 日程:7月31日夜埼玉発 8月1入山、8月4日下山 行程 1日 立山駅7:00⇒室堂9:00 ⇒ 別山乗越11:00 ⇒剱沢雪渓⇒長次郎出合⇒熊の岩16:00 2日 熊の岩6:00 ⇒ 池ノ谷乗越 ⇒三ノ窓 ⇒チンネ南稜取付9:30 ⇒チンネの頭16:30⇒池ノ谷乗越⇒熊の岩18:00 3日 熊の岩9:00⇒Ⅵ峰Dフェース富山大ルート取付10:00 ⇒ Ⅵ峰の頭14:00⇒ 熊の岩17:00 4日 熊の岩9:00⇒剣沢キャンプ場11:00⇒室堂15:30   一足早い夏休みは、梅雨明けで天候が安定していると思われる初めに設定。漠然と憧れていた遠い剱岳の「チンネ」⇒最低3日ないと行けないので、事前準備を整え本番に臨みました。直前まで扇沢経由か立山経由かで悩みましたが、最終バスの時間から立山⇒室堂ルートで上へ上がることとしました。 平日金曜日なのに始発のチケットは買えず7時立山発の臨時便で室堂へ!   しかし荷物が重い!3泊分の生活用品の他に50Mロープ、大量のプロテクション類、借り物のハンマー、ハーケン、カム、そして欠かすことの出来ない(?)酒類!もあり荷物は25kgオーバー! 次第に地獄の歩荷訓練と化していく!                       長次郎谷出合から熊の岩までの登りは、荷物の重さ、前日ギリギリまで仕事をし、そのまま立山まで走行し、駐車場での仮眠しかしていない体には、かなりツライ!小休止で止まると睡魔が襲ってきそう! 救いは日本離れした美しい景色!     ようやくベースキャンプとなる熊の岩の棚へ到着。雪がすぐ近くまで迫っておりテントが張れるスペースは5~6箇所くらいか。 到着時は4張設置有り、なんとか場所を確保し設置、疲れもあり早々に就寝の予定がついつい一杯‥ 前日から続いていた長い1日目が終了。     2日目 前日の疲れからか何と2人とも寝坊!3時に起きる予定が既に4時半でかなり明るい! 明るい方が安全だとポジティブ思考でも、ちょっと急いで支度をして6時に出発     長次郎右俣⇒池ノ谷乗越はシュルンドが多数口を開けている急な雪渓を登る! かなりの傾斜であり帰りは怖そう! 場所によってはシュルンドを避けるため右の岩壁に下りて進む。斜面に近いため2~3mで地面に下りられる。 シュルンドは遠くから見ると恐ろしいが、近づいて見ると以外に締まっており、落ちる恐怖は感じなかった。     池ノ谷乗越を超えると全く雪が無くなりガレ場の急斜面が出てくる。             そしてとうとう右側にチンネが見えてきた!テンション上がってくる!           三ノ窓に到着 先行パーティーが稜線に張付いているのが見える。 取り付きまでは雪渓の急斜面をトラバース!     いよいよチンネ取り付きへ!             時間も押しているため早々に準備をして登り始める! アイゼンやピッケル、登山靴など全て背負っているため、なかなかの重さのザックを背負ってのクライミングスタート!       2人とも初めてと言うことも有り、ルートファインディングやピッチを切る支点を探すため時間がかかってしまう! だんだん雲行きも怪しくなって‥           ようやく核心部を越えてチンネらしいナイフエッジに出たところでガス! 雨も落ちてきてしまった。やはり山の午後は天気が不安定になると実感!                   ようやく頭に到着! 遠くでカミナリが鳴っており早々に下山開始。           頭からブッシュの踏み跡を下りるとコルに出る。右へ行くと池ノ谷ガレーへの懸垂支点が見つかる。繼續閱讀

發表於 爬坡報告 | 標籤 , , , | 評論關閉 上 2014/8/14剱岳Chin'ne左嶺頂峰的D&Ⅵ面對富山航線

2013/07/21 那須井澤

メンバー:O田さん、S田さん、I倉さん、F森女史、久保女史、I谷さん、T中さん、S水(記) ,の男気(?)におんぶにだっこで行ってきました!前日21:00久喜駅集合→深山ダム駐車場→テント設営→就寢翌日6:40林道ゲート前に駐車して出発→7:25三鬥小屋宿跡→8:10井戸沢出合 →12:30稜線→13:35流石山経由で大峠→14:00峠沢入渓→17:00林道ゲート無事帰還 前日夜に埼玉を出発、入渓点手前の深山ダム駐車場のトイレ近くにテントを張る。 もうひと組テント前泊の別パーティーもいる!明日が楽しみだ もちろんテント設営後はお決まりの飲み会で盛り上がりそのまま就寝 翌日5時 頃起床、後発隊のメンバーとあいさつもそこそこに早速準備をして林道ゲートまで車で移動、林道を歩き始める。 ほどなくして三斗小屋跡を過ぎて沢の音が大きくなってくる。 *三斗小屋跡 シューズを履き替え入渓。 *入渓点付近 最初は枯れ沢を進む このログ調の堰堤の先で本格的な沢が始まる! いきなり滝かっ!(小さいけど) テンションが上がってくる! ほどなく15mの二条滝に到着! ここ行くの!?と呆然とする初心者達 しかし我々初心者のためにO田隊長が右からの巻き道にロープを張ってくれたこともあり、全員難なく通過! こんなところも→「アムロ行きまーす!」       みんな徐々に慣れてきたかな〜     高さはあるものの、階段状で登りやすい!      高度が上がり水量がだんだん少なくなってき 水が気持ちいい                   た頃には慣れて余裕が出てきたかな〜 那須茶臼岳をバックに最後の詰めとなる。 水が無くなったとたんに暑い! 落石注意! 稜線の一般登山道に出る。 靴を履き替え、ニッコウキスゲが咲き乱れる稜線を一時間ほど歩く 風が爽やかに感じる 下山道を外れ峠沢に再度入渓、ひたすら滑沢を下る。 隊長などの話しでは下りも降りられる沢ルートは珍しいとのこと。 もしかして貴重な体験をしてしまったかな? 感想: 沢は難しい! 沢はほっとくとギアが臭くなる! 沢は経験がものを言う! ↑裏を返せば経験を積める! 沢はベテランと一緒だと勉強になる ・・・そして沢は楽しい!!

發表於 爬坡報告 | 標籤 | 評論關閉 上 2013/07/21 那須井澤