Author Archives: issey

2016/03/07-08 いわき青葉

メンバー:Oぽん、N澤、A津、Dあん、Issey(記)、他 この時期、恒例化しているいわき青葉の岩場へ。 この時期でも温暖でアプローチも容易でエンクラできました。 クライミングの成果は惨敗だったけど、気の合う仲間と最高の時を過ごせた。

Posted in Climbing report | Tagged , | Comments Off on 2016/03/07-08 いわき青葉

2016/01/09-10 湯河原幕岩

メンバー:Issey(記)、N澤、Dあん、他 初登りは湯河原幕岩。 2日間とも快晴で暖かな気候の中、クライミングを満喫。 宿泊先で仲間が作ってくれた料理も最高。 11台もコンスタントに落とせるようになってきたので、調子に乗って12をトライしたら コンケスタドール★★【12a】を完登! 12aにしてはかなり甘めな、いわゆる お買い得なんだろうけど… 幸先の良い初登りとなりました。

Posted in Climbing report | Tagged , , | Comments Off on 2016/01/09-10 湯河原幕岩

2015/1/17-18 いわき青葉

2015-01-17_バラ色のエアメール@青葉.mp4_000140038

メンバー:O原、N澤、I(記) 1年振りの東北クライミング@いわき青葉 日差しぽかぽかで、風が止むと半袖でもジンワリ汗を感じるほどの陽気。 ここは砂岩で近くの岩場ではお目にかかれない、 そして、ルートによっては終了点クリップ後、マントルを返して終了 いうものがありマントルが核心だったりするので なんともいやらしい。 前回宿題となった、 ・バラ色のエアメール【11b】★★★ RP マントル時の隠しホールドを地元のクライマーさんに伝授してもらい1年越しのRP。     ・カエルの喉チンコ【11c】★★★ × またしても宿題に・・持久力不足痛感         奇跡的にキャンセルがでたクライマー宿で、快適に過ごせました。 帰りの柏で寄ったデカ盛り店でカツカレーが食えなくて(売切れ) 無念。。 代わりに食したタンメンはボリューミー以外は特にフツーでした。

Posted in Climbing report | Tagged , , | Comments Off on 2015/1/17-18 いわき青葉

2014/11/22-23 Yugawara Makuiwa, Jogasaki family crack

Member: I (Symbol), N Sawa, so was able to take holiday weekend outside after a long time, Enkura ~ ■ 1 day ■ to Yugawara unexpected congestion hamari, park 11:00 before I arrived in P in the warm of rocks. )ノ ・グレゴリーおじさん【9 ★】 ○ ・ドロドロトロ【10a ★】 ○ ・ホット・コールド【11a ★★】 ○ ハング越えのスマートなムーブがよく分からず、結局、足ブラで強引解決 夜は城ヶ崎の民宿でおいしいご飯とお酒を頂く。やっぱりここの民宿はさいこーです。 ■2日目■ 城ヶ崎 前から行きたかったエリア・ファミリークラックへゆく。 うちら以外はスクールが2組で、半袖でもちょっと暑いなーと感じる。 講師っぽい人に、ルートについて話を伺った。 初めは気付かなかったけど、まさかのガメラさんでした。 悟空ハングの場所まで案内してくれたし、アンクル・クラックの終了点も 「使っていいよ~」って言っていただき、ホント良い感じの方だった。 初クラックのメンバーもいて下のグレードからやっていく。 ・ビギナーズ・クラック【7 NP】 ○ ・ベビー・クラック【8 NP】 ○ ・シスター・クラック【9 NP】 ○ ・アンクルクラック【9 NP ★★】 ○ シスターより明らかに悪かった。ハング越えの足上げが悪い・・ ・ファザー・クラック【10b NP ★★★】 Tr○ フィンガー・ハンド・フィストがあり、ムーブも面白く、評判通りの名課題でした。ムーブは解決したので次回はRP~したいな。               帰りは魚介を堪能し、充実の2日間でした。

Posted in Climbing report | Tagged , , , | Comments Off on 2014/11/22-23 Yugawara Makuiwa, Jogasaki family crack

2014/10/26 Tanigawa Ichino Kurasawa Eboshi Sawa back wall Minamiryo Franke

日程:2014年10月26日 メンバー:I、A津さん(イオりん) 当初の予定は25日に南稜フランケ、26日はどこかでフリーということであった。 【プロローグ】 各自、谷川ベースプラザに25日am5時集合ということで24日(金)夜に水上に到着した。 ベースプラザ1Fは夜間でも駐車できるということなので、入ろうとすると規制ロープが… 立て看板を見ると、入れるのは朝7時以降。混雑時期の土日は少し下のPに駐車して下さい。との御触れが。 仕方なく、そのPに向かうと、慰霊碑横であった。周囲は真っ暗で自分の車以外に人がいる気配はなし。トイレの灯りもなし。 このまま未明までここにいると、見てはならないものを見る予感がしたので、土合駅で仮眠することにした 待合室には2名のクライマーらしき方々が。ちょっと安心。 車で仮眠していると。AM2時前にケータイが鳴動。イオりんからである。 嫌な予感がする。 話を聞いてみると、水上に到着してコンタクトを外そうとしたら破損した。替えのコンタクトもないし、メガネはあるがスポーツタイプではないので登攀は出来ない。一旦、埼玉に戻るので登攀は翌日にして欲しい。とのこと。 でたよー・・ハプニング王子。 無理言っても仕方ないので、承知した。 とりあえず、朝まで寝るか。 翌朝、8時頃起床。さて何するか。とりあえず飯だな。 なにを食おうか。ふと、前々より気になっていた、みなかみのデカ盛り食堂「あしま園」を思い出す。 とりあえず、臨戦態勢を整えるために、近くの公園で1時間ほどジョギングをする。 そして、あしま園で「特製オムカレー」を食す。 「うん、うん、うまい」ボリュームも満足。 そして、湯テルメで汗を流し、時間を潰す。 何だかんだで待ち合わせ時間に近くなり、道の駅に向かう。 イオりんと合流し、軽い宴会。 【26日】 翌日は慰霊碑横のPから出合まで歩くので、4時に道の駅を出発。 05:07 出合着。準備を兼ねて一服。 05:40 出発 右岸を歩いていくと、踏み跡が出てくる。そのうちまた沢に出る。 白いのっぺりとした岩が出てきたので、沢を渡りまた右岸の踏み跡に入る。その内、懸垂下降点に到着する。後続Pも後ろからきていたが、どうやら一番乗り。 06:40 テールリッジ着 07:26 南稜フランケ取付き 08:00 1P(Ⅳ )30m/リードI 事前の情報通り残置Pほとんどない。ランナウトに絶えながら登る。体感、グレード以上。 1P終了後、登ったのはどうやら「YCCルート」だと思われる。本来はもっとカンテを右上するようだ。 本来の終了点らしきものも右下数mのところに見える。 09:00 2P(Ⅳ )40m/リード:イオりん ここもランナウト。   09:55 3P(Ⅴ )40m/リード:I 核心P。そして寿命が縮まったP。 ハング下を右にトラバースし、新しいRCCがあり、そこから直上。細かいスタンス、カチ。 そして登っても一向に残置ピンがない・・ 気が付けば25mはランナウトしている。 腕がパンプしそうになる感覚がでてきて、もしここでフォールしていたらと思うと、ゾッとした。 数m上にフレークらしきものが見えたのでここで、カムをきめる。 結局、終了点まで、2箇所しかランナーが取れなかった。 フォローで登ってきたイオりんからトラバースで右に出て直上ラインも右では? ラインが間違っていたらしい。。。 たしかに直上後、右にトラバースして終了点があったな・・・ ルーファイだめじゃん。 テラスで小休止。 11:00 4P(Ⅴ)40m/リード:イオりん トラバースのラインが草付きで足元がかなり悪い。 フォローでの登攀中、ハプニングが 右目のコンタクトが外れ、落ちてしまった。 焦点が合わず苦戦。 11:45 5P(Ⅴ-)40m/リード:I 焦点が合わないので、リードを替わってもらおうかと思ったがやりたい気持ちが上回りリードする。 ランナーは腐ったハーケンが2,3箇所。直上後、右に行き過ぎたのか、YCCルートに入ってしまったのか、 終了点が2枚の腐ったハーケン。ハンギングするのも恐ろしかった。 トポでは途中から草付きに入るとあるが、よく分からずハング下まで行ってしまった。 12:30 6P(Ⅲ)15m/リード:イオりん トラバース悪い。絶対Ⅲ級じゃない。 13:00 馬の背リッジに合流 無事、完登できたことを喜び、感動の握手を すぐに南稜ルートを下降開始。 南稜テラスでは南稜を登攀していたパーティーが下降を終え、テールリッジに向かうとこだった。 どうやら、一番最後のパーティーとなってしまった。 16:00 出合着 ベースプラザに着くころには既に日が暮れかけていた。 時間的にはぎりぎりだった。 登攀を振り返ってみると、トポに記載されている「弱点をついて、フリークライミングのルートファインディングを楽しめる」はこなせたとは言い難いが、十分にアルパインを堪能できた。 しかし、だいぶ命を削られた一日だった。

Posted in Climbing report | Tagged , , | Comments Off on 2014/10/26 Tanigawa Ichino Kurasawa Eboshi Sawa back wall Minamiryo Franke

2014/9/13-15Awakening pop and pushed in Ogawayama

メンバー:おさぽん、Kぼ、N澤、I(記) 連休は天候が微妙なので、剱チンネを断念し、今シーズン最後だと思われる小川に転戦・・ 【1日目】…マルチ おさぽん熱望の屋根岩2峰の人気ルート、セレクション(5P 5.9)へ向かう。 3連休なので渋滞が予想されるため7時過ぎには取付到着。 一番乗り~ おさぽん、Kぼパーティは初ということで先行することに。 自分は数回登っているので、1Pのクラックしかリードしたことないという N君に「リードしたら?」と言い、4、5P以外はN君リード。   10時過ぎに戻ってきて、お目当ての3峰へ。 2パーティーに分かれ、クラックマルチへ。 自分はレモンルート。他Pは神奈川ルート。 初見なので、ワイドにびびりC4 6#も同行させカム武装していく。 レモンルート (varクラック)【4P NP5.8】 N、I 1P:Iリード ジャミング一切使わず。アルパインみたいな感じ。 2P:Nリード トラバースからスラブを登る。 3P:Iリード 核心のワイド。なんとかOSできたけど、登り方が分からずアドレナリン爆発状態。#6 なくても大丈夫だったが、あると安心感を購入できます。 4P:Iリードよく分からんP。とりあえず3峰名物(?)のハトを触りに登った。 N君は「自分おなかいっぱいス」と言い下降場所でまったりモード。 神奈川ルート【5P NP5.8】おさぽん、K 詳細は不明だが、核心Pでおさぽんが「うっひょー」と叫んでいたらしい・・・ 夜はいつものBBQ 【2日目】・・フリー 友人のFB投稿で気になっていたストリームサイドへ。 取付きがよく分からず、迷ったあげく 到着は10時過ぎに。 先着は2パーティ-ほど。 とりあえず、★ルートを食い散らかす。 ・Love or Nothin’ 【10a ★★】 MOS グレード通り。レイバックでナイスルート。 ・ピットタッチ【10c ★★】MOS 甘め。限定あるのか分からず。 ・Let Me See【11a ★★】MOS レイバックでのクリップが怖い。 楽しいルート。 このルートでおさぽん覚醒 OACに新たな11クライマー誕生 おさぽん 「なんだ、案外、11の壁て低いんだな。12も先が見えたな・・」 ・雀の豌豆【11b ★★】MOS カチ系。自分がOSできた時点で甘めなのでしょう。限定あるのか・・ ・鳥の豌豆【12a ★★】1テン× 調子に乗ってお触り。カチカチ系。フレッシュだったらいけそう。 ・一級掃除師への道【10a】MOS 全体的に小川にしては甘めだけど、13aまであるし、グレード更新には持って来いのエリアだと思われる。 夜はメンバー全員がグレード更新したので、トマト鍋とフレッシュ野菜とチーズとビールとワインで祝杯。   3日目・・ボルダー 2日間の疲れもじわじわあり、午前中、灯台もと暗しエリアでゆるボルをやり、小川山を後にする。 ヤッホーの湯で3日間の汗を流し、佐久の有名店 草笛でそばを堪能し、帰路につく。 暑くもなく寒くもなく快適な小川山でのクライミング。 サイコーな3日間でした。

Posted in Climbing report | Tagged , , , , | Comments Off on 2014/9/13-15Awakening pop and pushed in Ogawayama

2014/5/17-18 Ogawayama Gourmet Climbing

メンバー Oぽん、U子さん、I【記】、他 今シーズン初の小川山でグルメクライミング。 前夜発にて埼玉を出発 26時くらいにはキャンプ場に到着し、とりあえずテントを設営し軽く晩酌 就寝 【初日】 7時くらいに起床。空は絶好のクライミング天気 軽い朝食をとり、早速岩場へ向かう。 初日はOぽんの切望のクラックを求め、ハコヤ岩エリア。 その前に自分の用事を済ませるため、テン場近くの 親指岩へ。 いつも渋滞してて出来なかった、小川山レイバック【5.9NP】をやっつけに。 4人待ちだったが、折角来たので暫しウエイトタイム 出だしに足を滑らせたが、それからは快適なハンドが続き、なんとか一撃 本日の業務は終了~。 後はハコヤエリアのご案内へ徹します。  U子さん 見事TO  Oぽんも余裕のWP その後、ハコヤ岩エリアへ 森林浴【5.8NP】 Oぽんリード【FL】 夏風【5.9 】 U子さんTO 稲光【5.9】 U子さん WP テン場への帰り道、おじさん岩にてボルトルートをお触り。 U子さん 惜しくもFLは逃すが見事TO 岩茸じいさん【10c】× このクラスのスラブは鬼だということを実感 夕食はメインシェフのOぽんwithU子食堂で豪華ディナーを堪能 オサディアワイン きのこのホイル焼 きのこのアヒージョ 特製トマトスープ 肉サイコー ファイアーー 【二日目】 例のごとく、飲みすぎで本日は遅めに起床し、朝食はU子さん特製パンケーキ  あま~い、うまーい 食後は快晴の中まったりボルダー。 林の中エリアへ移動、まずはアップでドンキー【6Q】 続いて、穴プーシェ【7Q】 そして プーシェ【3Q】 Oぽんが一撃 続いてトライするU子さん スラプーシェ【6Q】をやり、プーシェ岩を制覇。 昼食をとる為一度、テン場へ戻り、崩壊エリアへ向かうが混んでいたので、誰もいなかったビクターへ向かう。 去年、落とせなかったサブウェイ【3Q】をトライするも中盤のクロスからの遠い右手がとれず敗退・・ 仕方ないのでコンケーブ【3Q】を触る。(こちらも去年敗退) 去年は左のリップ取りが出来なかったが二日酔いのせいか、スタティックに留めることができ、まさかの完登 帰りは佐久のデカ盛りそば屋で普通盛りのそばを喰らった。

Posted in Climbing report | Tagged , , , | Comments Off on 2014/5/17-18 Ogawayama Gourmet Climbing

2014/3/9 Enkura ♪ In Scorching

メンバー:Oぽん、U子、N澤、K谷、I(記) 春の陽気のような中で、エンクラ~ 9時には滝エリアに到着。1組が既に登ってた。 その後、千葉から来たという団体さん(10数人)やら宇都宮の常連さん達が来て、賑やかに ・クウ【5.9】 初のリードOSトライ中のN澤君。   見事、人生初OSでガッツポーズ   ・ルート名忘れましたが、滝右の【10b】をOS by Oぽん ・張付くシーマ君【11c】 このルートの左にある凹角のジャックダニエル【12a】にヌン掛するために再登。 やはり秀逸ルート。 ジャックダニエルは限定ホールドがありそうで、よく分からず× ・新人クラック【5.7】 最近メキメキうまくなっているU子さんのリード。 見事RP             同じく新人クラックをトライする、外岩初の新人のK谷さん     陽も傾き最後に ・ドライアイス【10a】にTRを張り、みんなで遊んだ 帰りに食べ放題の店で肉をたっぷり補給して帰宅~

Posted in Climbing report | Tagged , | Comments Off on 2014/3/9 Enkura ♪ In Scorching

2014/1/12-13Jogasaki Seaside sea lice lock

メンバー:Oぽん、N田、A津、K保、N澤、I(記) 登り始めということで、城ヶ崎へ 【1日目】 お初のシーサイドエリア 風もなく、日差しが当たるとほんと暖かくて快適~   ・ハジノライン【10a】× アップで。ハング越えの足おきがポイントでした。 ・名探偵登場【8】FL○ 特に印象はなく。   ・イントロダクション【NP 9】NP OS○ ノープロテクションでの出だしのハング越え核心。後はステミング   ・スカッド【11a】★ × ハング越えと終盤のカチ系で面白い ヒールで乗り込んでクリップが怖い ムーブは解決したので、次回の宿題   ・ティンカーベル【10b】★ FL○ 長くてヨレます。25m   宿泊は3食付き6000円のクライマー宿へ。 初めて来たけど、コタツもあり飯もうまくてサイコーでした(^ C ^) 【2日目】 フナムシロック enjoyクラック ビキナー講習の集団さんに独占されたルートが多かったのでフラッシュダンス【10a】が触れず心残り感があったけど、快適なクラックを堪能できました。   ・純★【NP 8】OS 綺麗なダブルクラックで、右足のフットジャムがポイントだった   ・鬼殺し★【NP 7】FL フィンガーからハンド アップに最適 ・パープルシャドウ★★★【NP 8】FL 触りたかった一つ ハンドジャムがバチ効で快適 ルートの長さもそこそこあり、面白い!   ・樹氷★【8 NP】FL フィンガーからの左足ハイステップがバランシー   ・オバステ正宗【NP 8】OS 出だしからナッツなので、ちょっと嫌な感じ。ジャムはほぼ使わない… 温泉後、 夜はカウボーイ風な店でタンパク質を摂取~ 渋滞もほとんどなく、九時にはさいたまに到着できました。 終日、運転していただいた、Oぽんに感謝です

Posted in Climbing report | Tagged , , | Comments Off on 2014/1/12-13Jogasaki Seaside sea lice lock

2013/12/28 Haegeumgang Super Rain []

I was able to go to the root of longing and I thought [members] T field, I (Symbol) last year, and want to go someday the time you started doing the crack 6:40踏跡 from Kumomi campsite starting road is clear. Fall in the middle suspension, there is a Fix rope at the point where you get off the coast, under because I could not see from the cliff. Once you have experienced once, and if possible in the climb down from the next time. 7:20Take pay 7:50 1P【5.8】 Iリード 枯れ木が鬱陶しいが基本的にアップには快適なピッチ。 右写真の最後のトラバースはプロテクションをセットする箇所に一苦労。 トラバース後、樹林帯の手前でピッチを切った。 2P【5.8 or Ⅳ】 T田リード ※樹林帯の歩きはピッチに入れてません。 直上のフィンガーと右に巻くルートを選択できる。 今回は右ルートを選択。 フォローだったので直上してみた。苦手なフィンガーだったが、以外にバチ利きだった。 3P【10a】 Iリード 右上するクラックから直上のハンドクラック。 足も決まるし、面白い! 4P【10a】 T田リード 先人クラック。フィンガー 2つ目のハング越えが楽しい 5P【5.8OW】 Iリード 出だしの右上するクラックに敗退。 なんとか突破したが、足の決め方がよく分からなかった でもハング越えは3D的で楽しい。 一番難しいピッチだと感じた 6P【5.8OW】 Iリード OWという感じではない。外傾箇所を越えるとこがちょっと悪い。 12:50 頂上到着後、寒すぎて休憩せずにすぐに懸垂。 これがかなり面倒。クラックにスタックしないかと冷や冷やした。 14:40頃、取付に到着。 15:40 キャンプ場到着 無事にやり終えてとても満足した一日だった。 強風で終日、寒さに耐えながらの我慢の登攀となり、次回は春とかに行きたい  

Posted in Climbing report | Tagged , , | Comments Off on 2013/12/28 Haegeumgang Super Rain []