Auteur Archief: Noda

Techno waterkoker klokkenluidersregeling oosten Sichuan Kanazawa Oost Minamata

盛夏の時期、山計画、沢計画・・・楽しみにしていましたが、どうも週末になるとお天気が崩れる・・・乱れる・・・。そんなお天気に一喜一憂しながら天気図と睨めっこ。。。 当初、14日前夜発で予定していた憧れの赤木沢は中止、その転進先として13日の真夜中に、雲の切れ間を見て釜ノ沢に決まった。 さあ、大変!二泊三日の装備から一泊二日の装備へ・・・ 「荷物、減るからいいんじゃない!」という声が聞こえてきそうですが、何分初心者・・・選別が大変。。。しかも、地形図やら遡行図やら・・出来ればどんな沢か少しは調べたい。。でも眠い。。。 そんなこんなで出発日を迎える。 日程:平成26年8月15日(金)~16日(土) メンバー:O竹(L) K美(SL) M子 Y枝 タイム:14日(木)19:00Okegawa Eki uit prix 21:45De 15e station Mitomi van de weg (goud) 7:00West Zexiguzhu yards prix 8:10(Het zou afgelopen tijdje merkte een klein teken van Tosakayama entree) Futatsumata 10:05Berg goden 10:55Waterval Maiden 11:10Poison moeras van Oost 11:45Poison moeras westen 12:45Techno waterkoker Kanazawa uit elkaar 12:55Vissen blijven の Takizawa 14:05Waterval van beide gate 14:50De Japanse の お hostel locatie (1750m) De dag の Actie Tijd: 7 uur 50 minuten (de rest tijd: 2 uur) op de 16e (za) 6:10Beginnend 7:10Poison waterval 9:00Pomp hut 9:30Een brief hut Wu 10:05Een brief ka Yue Wu Peak 10:45Een brief hut Wu 11:45New Road in de buurt van pil splitsing 12:50Nuku Sawa 13:38西沢渓谷駐車場 本日の行動時間:7時間30分(内休憩時間:1時間55分) 13日前夜発の出発時間が早かったせいか、道の駅みとみの駐車場は空いておりテントも一つも無く大きな軒下に早速テント設営。雨も朝露の心配も無くラッキー。そして、大きな軒下は絶好のゆうげの場となる。。。   昨夜のゆうげの場は朝食の場になり、 主食は各自準備し+大きなソーセージと小さなうずらの卵の目玉焼き ! しっかり食べて準備万端   西沢渓谷駐車場に車で移動して出発。途中、田部重治のレリーフを見ながら進み二俣で西沢渓谷歩道から東沢に入る。。。はずが、調子よく歩道を進んでしまった。。。 しまった!と思っても後の祭り・・・戻るしかない。。 (往復40分、綺麗な渓谷沿いを歩く事が出来ました。) 鶏冠山入口の小さな看板を確認し東沢の河原へ降り沢装備の支度をします。他3組程が支度をしています。 支度を済ませ早速渡渉。流れも強く水量も多く・・・この先はどんな感じ?と少々不安にな ります。   が、渡渉後すぐにこの風景! カメラではいまいちですが、朝の空気が澄み切ったとても綺麗な風景です。 間もなく、ホラの貝ゴルジュ 沢の水の色の素敵なこと!! 木々の緑と朝の光で輝いていました。 この先、山の神までは登山道の痕跡をたどります・・・が、ただ歩かせてはくれません・・・先週の台風の影響か、はたまた集中豪雨の影響か・・・道とは言えないような荒れようです。 ようやく辿り着いた山の神は大きな木の下に小さな祠が祀られていました。 さて、いよいよここから沢歩きの始まり! 少し見づらいと思いますが、山椒魚を発見! 初めて見ましたが、5~6cm位の大きさでした。 乙女の滝 の前にて・・・ 乙女?三人。。。 しかし、水量の多いこと! 渡渉時に足がすくわれない様に足の置き方、向きなど気を付けなければ。           何度も渡渉を繰り返し東のナメ滝⇒西のナメ滝を通過。 魚留の滝       しかし、お天気!最高ですよね!! ここしかない! と選んでくれたO竹リーダー、K美サブリーダー、有難うございます。     千畳のナメ まさに、千畳!! 広いナメの幅いっぱいに水が流れています。 ここまでに、沢山の渡渉と沢山のへつりといくつもの滝・・ ここへ上がる為のスラブ・・・この流れを見ているとここまでの苦労を忘れてしまいます。 ←目を閉じて 回想中                 おっと、いけない。 思い出すのは後にして歩を進めましょう。         両門の滝で一休み。 写真左の滝を上がれば西俣。こちらは、奥秩父主脈縦走路の水師に登り詰めるらしい。 さて、我々は写真右の滝、東俣へ 滝を巻く為の道なき道をすすむと苔むした広い河原へ・・ 時間も3時前、「この辺りでビバークにしますか」とのリーダーの声に「ようやくビールが呑める」と心の中でニンマリです。 テントとタープと焚火 今夜のお宿の出来上がり。 川で冷やしておいたビールで「乾杯!」       今夜はM子ちゃんお手製の麻婆春雨丼! (漢字で書くと少し変?) 旨辛で疲れた体に最高の食事です。 そして、そして・・・次から次へと出てくるつまみ達。。。だから、荷物重くなっちゃうんですよね・・・  Verder lezen

Geplaatst op Verslag klimmen | Comments Off op Techno waterkoker klokkenluidersregeling oosten Sichuan Kanazawa Oost Minamata

2014/4/27Volledige beperkte periode boeddhistische bergen

Leden: 11 leden voorzitter, U zee, T in, N Rivier, Een wierook, K Village, K berg, F Mori, T-gebied, H dit, M maand, N Field Data: Tijd Schema zondag 27 april 2014 : Hatomachitoge 8:15 Io ya ma Sawada-generatie 10:05 De boeddhistische berg top 11:10Met 12:00Fajiudaigu 13:00着 行動時間:4時間45分(内休憩時間1時間25分)   残雪期の至仏山登山は、植生保護のため期間限定で入山可能となります。 今年は、4月24日~5月6日までの13日間!その貴重な期間に行って来ました。 山頂の写真には雪は写っていませんが、そこだけは雪が全くありませんでしたが、他はたっぷりの雪でおおわれ山頂からは沢山のスキーヤーやボーダーが広い斜面を気持ちよさそうに滑り降りていました。 関越自動車沼田インターを降り戸倉の駐車場に車を止めバスで鳩待峠へ向かいます。 写真では除雪されていて雪はありませんが、山ノ鼻へ降りていく入口は3メートル近い雪に埋もれていました。 さて、今回は登山チーム10名、スキーチーム2名 お天気にも恵まれ、まさにハイキング!! 急登も無く、なだらかな雪の上をのんびり楽しく歩きました。 途中、こんな素晴らしい景色に惚れ惚れ♡ オヤマ沢田代を過ぎ小至仏山登頂チームと至仏山直行チームに別れ進みます。 チーム小至仏 チーム至仏 最終目的地である至仏山山頂では50分のお昼休憩をとりスキーチームを見送り下山。 登山チームもスキーチームも あっ!という間に登り、あっ!という間の下山でしたが短い期間しか入れない貴重な雪の至仏山を楽しむことが出来ました。

Geplaatst op Verslag klimmen | Tagged | Comments Off op 2014/4/27Volledige beperkte periode boeddhistische bergen

2014/3/16Het volle daglicht snel Meestal Shirane

快晴の日光白根山   メンバー:4名 リーダー 藤森 サブリーダー 中川 渡辺(素) 野田   日程:平成26年3月16日 日曜日 タイム:日光白根ロープウェイ山頂駅(10:00発) 七色平避難小屋経由 白根山山頂(12:20着) 白根山山頂(12:40発) 七色平避難小屋経由 日光白根ロープウェイ山頂駅(13:50着) 行動時間:3時間50分 (内休憩時間:50分)     関越自動車道東松山インターから沼田インターは渋滞も無く順調に進む。周囲に見えてくる山々は薄い雲に隠れすっきりとしない。 沼田インターを降りて国道120号を進む。路面凍結を心配していたが椎坂トンネルが開通していたので難なく通過。その先の道路も雪や凍結もなくあっという間に丸沼高原スキー場へ到着。 早速、支度をしてロープウェイへ!go! スキー、スノボ客で賑わう中2000mの山頂駅まで15分の空中散歩。 高速から見えた薄い雲は無く遠くの山々が綺麗に見える。   山頂駅から本日目指す白根山! 快晴、無風の中凛々しいお姿であります。 登山届を提出して「いざ出発!!」   出発して程なく二荒山神社の鳥居をくぐります。 雪の無い時期には触れる事も出来ない鳥居のしめ縄に触れて記念撮影。 快晴のお天気のため気温も高めでウェアの調整、 ついでにアイゼンも装着。 トラバースと急登を繰り返し森林限界を超えたところで素敵な景色が広がります。 こんな素晴らしい景色が見られるんですもの!! だから、「雪山大好きです。」 さあ、ここまで来ればあと少し。。。頑張って歩きましょ。。。 山頂直下の登りは富士山とどこか似た雰囲気の無機質な感じ。   心配していた風も無く快適に歩をすすめます。 山頂にあと少しというところで東南の方角に目を向けると中禅寺湖が見えました。 地図上では確認していたものの、実際に見ることが出来るとは思っておらず感激です。 あと、山頂までは数歩! 風のない山頂で20分休憩することが出来ました。 12:40下山開始。 程なく風が出てきて雲も流れてきます。 樹林帯に入ると、雪の感じが朝のサラサラから少し水分を含んだ感じに変わっていました。 下りは途中10分休憩をとり1時間10分で山頂駅到着でした。   例年、強風やホワイトアウトで撤退となったと聞いていたので、今回は登頂出来るのかな・・・?と不安でしたが、絶好のお天気の下行ってくることが出来ました。 しかし、下山後駐車場に歩き出すと大粒の雪が降り出し、登山道で降られることがなくラッキーでした。 また、登山道取り付きが分かりずらくスタートに少し手間取ってしまいましたが、特に問題なく出発出来トレースも明瞭でした。   参考:ロープウェイ始発 8:30 最終15:30  

Geplaatst op Verslag klimmen | Tagged , | Comments Off op 2014/3/16Het volle daglicht snel Meestal Shirane

2014/1/11-12 Winter Snow Kanazawa overbodig co-residentiële ligplaats Tengu Yue Te nn

2014年 冬合宿 贅沢雪山テント泊  天狗岳   メンバー:3名 リーダー 藤森 計画   田中 記録   野田 日 程:平成26年1月11日~12日 タイム:1/11(土) 渋の湯駐車場(12:05) 黒百合ヒュッテ(14:30) テント設営 行動時間(2時間25分・内休憩時間10分)   1/12(日) 黒百合ヒュッテ(7:55) 東天狗(9:05) 西天狗(9:25) 西天狗下山開始(9:35) 黒百合ヒュッテ(10:45) 小屋にて祝盃後テント撤収 黒百合ヒュッテ下山開始(12:10) 渋の湯(13:25) 行動時間(5時間20分・内休憩時間1時間35分)   圏央道・桶川北本インターを出発。渋滞なく順調に中央道へ入る。 中央道から鳳凰三山や南アルプスなどの山々が青い空の下、真っ白い雪を頂きくっきりと美しい姿 を臨むことができます。 その中、車を快調に進めいよいよ目的の八ヶ岳が見えて来ました。 しかし、八ヶ岳の全ての山頂付近には雲・・雲・・・雲・・・。 「今回は行く先選択お間違えたかな?鳳凰三山にするべきだったかな・・・」 との声があがり、不安が過る・・・。 そんな不安も何のその、気儘な三人山行。 「2~3人分のコッヘルがあるなら鍋にしよう!」と途中の生産者直売所により食材を購入。 渋の湯から「行くぞ~」 さてさて、今回天狗岳を目指す車は日産キュウーブ。 実は、スタッドレスタイヤ。。。履いていないんです。 なので、チェーンでの走行となるので・・心配は雪道がどうなっているのか?   中央高速諏訪南インターを降り一般道へ。湯みち街道へ入る辺りからチェーンを装着。 気温も上がってきてツルンツルンに凍っている所も無く、田中さんの運転で順調に山道を走ります。 11時半前に登山口の駐車場に到着。 田中さん、運転ご苦労様でした!! 計画書の提出!忘れずにしました   橋を渡りいよいよ出発~ 途中、2122mでの分岐で一息     しかし、登る・・登る・・ 静かで、フカフカな雪の森の中を進み到着した黒百合ヒュッテ。 まだ、お正月飾りが付いていて、慌ただしく過ごしていた日々の中、改めて新年を感じました。 そんな事を思っているのも束の間・・・ テント設営です。 私にとって「初の雪山テント泊」 雪の整地から全てが新鮮で面白くて楽しくて驚きの体験です。 テント場の通路を挟んで右側は既にいっぱいなので、左側に私たちのテント設営です。 フカフカの雪をグルグル回りながら踏み均し、下地が出来たら残っているフワフワ雪をシャベル でどかします。 そして、ジャジャ~ン!!竹ペグの登場です。(写真は無し) 谷川岳の雪山訓練の時に石倉会長が説明してくれた事を思い出しながら田中さんに教わり十字 にビニールテープで結び雪の中へ! 四隅を竹ペグ、その間はピッケルで固定して今夜のお宿の出来上がり。 さてさて・・・ 今回の「贅沢雪山テント泊」 ☆☆☆贅沢の由縁☆☆☆ その1:日帰り山行の出来る天狗岳にわざわざテン泊! その2:テントで鍋!!っですよ~ホホホっ その3:最後に掲載します!!!   テント設営も終わり、早く到着したので、ゆっくり小屋まり ながらビールで乾杯! その後、テントに戻り皆で鍋作り。 地元食材での美味しい鍋。 ホカホカで暖まります。 いつも、渋いおじ様も盛り上がっております。フフッ。 辛いものがお好きな藤森さんは唐辛子を手に嬉しそう。   そうこうするうちに夜はふける・・・。 ZZZ。。。。。   朝の小屋前の温度計。 -16度を指していました。(7時頃)   朝~ 目覚めるとテント内側に雪!と思いきや結露が凍り付きテントの緑色の生地が白くなっています。触るとハラハラと舞い落ちて・・・これまた素敵です。 が、オ~~~なんと言うことでしょう・・・シュラフカバーが凍っている。。。 え“~昨日被っていた帽子もオーバージャケットも・・・凍ってる~ まさか・・・と思いつつ・・朝食用のパン・・カチカチです。十勝○○というレーズン入りのパンは大丈夫でした。 食事も済ませ さぁ!今日の目的地 東天狗と西天狗に向けて 出発しま~っす。 広いテント場から真っ直ぐに樹林帯の中へ入ります。 木々の枝に沢山の雪が乗っていてとても素敵です。 樹林帯を抜けると見晴のいい緩い登りです。 目指す東天狗と西天狗        が、風が強い。 目出し帽やらフードやら、しっかりと被り防策を     して進みます。 その後、急登となりようやく東天狗に到着。 相変わらず風が強い。 東天狗山頂 東天狗山頂から見えた南八ヶ岳の山々も舞い上がる雪か?雲か? 時折視界が遮られる。 しかし、素晴らしいお天気に感謝!! 東天狗から西天狗に向かう尾根はどんなに風が強いのだろう・・・とトホホな気分で歩を進める・・ が、風がピタリと止まり、とても不思議。 そして、こちらも負けず劣らずの急登がやってくる・・・しかも、フカフカの深い雪。 田中さんに「膝を支点にキックステップで!」と教えて貰い何とか登る。 しかし、このまま続けると足が・・・早くこの歩き方をやめやい・・・と思ったところで西天狗山頂に到着。Verder lezen

Geplaatst op Verslag klimmen | Tagged , | Comments Off op 2014/1/11-12 Winter Snow Kanazawa overbodig co-residentiële ligplaats Tengu Yue Te nn