Archivio mensile: Marzo 2013

2013/03/23 Adatarayama sci alpino

3Il 23 ° mese(Sab) Adatarayama montagna Membri sci: Ishikura, Yoshida, Koyama tre partenza Ageo 5:00 ~東北道 二本松IC ~ 岳温泉~安達太良スキー場 駐車場P 当初は、平標山の山スキーの予定でしたが、天候が良くない予報だったので、安達太良山に変更になりました。 曇り空の安達太良山の駐車場でしたが何台も車が駐車していた。 早速、ロープウエイで登りスキーにシールをつけて上り始めた。9:10 出発。歩き始めは思ったより風も強くなく樹林帯の中を上っていきました。稜線近くになると時折、強い風が吹き、雲を吹き払い青空が垣間見れ、山々の景色を見ることが出来て安達太良山に変更して良かったと思いました 頂上を目指す登山者、ボーダー、山スキーの人たち 約20人ぐらいいました。 頂上付近の稜線に出ると風が強かったがコンスタンスに快調に上っていった。今年は雪が少なく、くろがね小屋のほうへ回らず、ゲレンデのほうへ戻ることにした。 頂上付近は、雪面が広く気持ちよく滑ることが出来ましたが、その後は、樹林帯のなかを通り抜け、安達太良高原スキー場に滑り降りました。 安達太良山は、ヤマユリは2度目でしたので、一段と雪山の安達太良山に感動しました。

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged , | Commenti disabilitati su 2013/03/23 Adatarayama sci alpino

2013/02/23-24 Un Fei Yue cavallo nero ヶ radice Kobe della coda

序 気づくと今年の冬もラスト2週のある日 今年の冬はそれらしい登山をしていないことに気づきあわてて山行計画をつくり始めた。 予報では2月ラスト1週の週末の方が寒気こそ降りてくるものの安定した冬型の気圧配置。南側は晴天に恵まれるようだ。 南アルプス一泊コースでアクセスが良くてとなるとやっぱり甲斐駒か。 おぉ10年ぶりの好条件にも恵まれたようで存分に山ボーイ気分で冬登山楽しんできますかぁー♪   初日2月23日(土曜) 日がかわると同時に起床し、家から2時間半で竹宇駒ケ岳神社へ。2週間前の写真では駐車場には雪が積もってないようでしたが、この日は予定どおり雪がある。 5:00装備の確認ザックが思いのほか重たい気がしたので少々装備を軽量化することに。それでも、27~8はありそうな気がする・・・久々のテントは重たいッス。 6:00準備を整えてしゅっぱぁーつ!の前に参拝して安全祈願パチパチ 橋を渡ると何故かFFのオープニング曲が頭の中に流れて鼻歌を歌いつつ快調な登りへ・・・ 突然後ろから「がツン!!」??しゃがみ込みが足らなかったようで木にザックがひっかかるトラップです、ハイ。 岳人はザックの大きさが体にしみついているのでしょうが山ボーイには厳しいところッス。この先も何度も木&枝VSザックの格闘を繰り広げるのでした。 6:30御来光、体も温まり好調好調~いい天気だ~♪ 天気予報では明日の午後から風がかなり強まるものの天気は明日まで晴天とのことだ。しばらく雪道を登り尾根西側に出ると樹林帯だが風が強く寒く感じた。明日の午後待たずして風強し。   通常の夏道はやや尾根西側を歩くのですが雪が深そうなので尾根直登ルートを選択するしばらく上がると刃渡りが見えてきた。 10:00刃渡り通過空が青いぜぇ 後には八ヶ岳、左には鳳凰三山と富士山、右には鋸が見え景色を堪能する。 ここからは梯子、鎖などがでてくる。次第に雪も深くなりズボズボと膝上までハマるようになり五合目までちょいと難儀した。 12:30ランチタイム休憩 風が更に強くなりかなり寒さを感じた。食後アイゼン、ピッケル装備にして七丈小屋に向けてGO! 一般ルートとして整備されている分かなり梯子や鎖が手厚く付いている。埋まって見えづらい梯子などもあるが少し払えば問題なく登れる程度だ。吹きだまる部分はあるが先程後方から追いぬかれたのでトレースも手厚い。しかしトータルウエイトで一番重いらしく踏み抜き連発で後半は少々バテ気味でした。 途中引き返してくる2人組がいたので話を聞くと小屋のご主人に小屋の先はラッセルがきつくてスノーシューが必要だ。稜線出ても風が強いためロープとハーネスが必要だと言われ撤退してきたとのことだ。マジか! せっかく来たんだしいけるところまで行ってみようじゃないかーと小屋まで歩き出す。 七丈小屋直前トラバース気味の登りにはフィックスロープが張られているものの木が張り出しており、避けると外側に足場が崩れ宙ぶらりんに、避けがあまいとザックが><んー苦戦ッス 14:00 七丈小屋到着 小屋に入ると常夏。テント受付を長めにして主人とも話す。自分もスノーシューと50メートルのロープが必要といわれた。(ほんまかいな…?) テント設営後、明日の為にトレース付けに行くとしますかね、そうしましょうかね。外は風もやみ温かく感じた。もちろん-10℃くらいなのでしょうが。 15:30 小屋前にテント設営後、明日のルート工作へ。あれ?既に途中までトレース??の先に小屋泊の方4人。みんな同じこと考えているものですねー ラッセルに加わるものの。んー息も切れるばかりで調子が出ないし、やれどもやれども手が冷たい。あ、これはあれだ、脱水症状だ。と思ったが、急いだため水忘れてきてしまったのです(汗) んま、貢献度の低いままとりあえず八合目目前までトレース完成。小屋のご主人推奨の装備はどうやら要らないようだ。 あたりはすっかり夕日がきれい。明日も天気は大丈夫だろう。風だけは吹かないでと思いながら、トレースを崩さないようにテントに帰る。また明日頑張りましょうと言って、小屋泊の方々と別れた。正直羨ましいよ、うん。 17:30ひとりの夕飯はドライフードばっかり 晩酌は角のお湯割り。白州近いのにザンネン。ノンエイジなる手頃なクラスも発売されたらしいですが、それでも御縁がありません。 その後、甲府の夜景見たりして 20:00就寝   二日目2月24日(日曜) 4:00 バサバサ!!とテントを揺すられ、目が覚める。風つよっ(汗)ダウンウェアをユニクロからモンベルに替えたせいか寒さで一回も目が覚めなかった?? いや、違う。ほほに差し込まれる冷たく痛い感じがない!!焦って通気口から空を見ると「曇ってるよ↓」あきらめて眼鏡掛けて外でると訂正。「吹雪いてるよ↓↓」天気よ打合せどおりやってくれよ><; とりあえずいけるとこまでいったるわ!!と朝食をとり準備する。 6:00 雪は小ぶりになっていた。風は依然つよい。アタック装備で出発 少し前に小屋の昨日ラッセル組んでいた二人組が出ていたが近くにいないところをみるとトレースが残っていたようだ。 6:30 昨日の苦労がうそのように8合目到着。 そこから先は吹き溜まった稜線をズボズボと行くと岩場が現れた。その上に先行者がラッセルしていた。その後集団で追い付き大ラッセル隊となった。 今日は体動いちゃうもんねーと、がつがつラッセルする。大人数(実働5~6人??)なので短時間ラッセルで効率良好です。山頂も近くなりしばらく先頭で歩くが途中突風で視界ゼロに。立ち止っていると後続が来たのでトップチェンジで。ほどなく視界回復し山頂直下へ。 先どうぞと言われるが、自分より頑張った人がいますので直下で待つ。本日最初に先行した人を数人で待ち順番調整して山頂へ。 8:30 甲斐駒ヶ岳 登頂だぁー皆で思わずハイタッチ 景色もない風も強いしさむぅ~って感じですが、とりあえず正装で記念撮影お願いする。 時折雲が薄くなるが、残念な天気。 これきっと下に着くと晴れるパターン。でもこれ以上風強くなられるとまずいので早速下山。   10:30 テントへ到着 しばし登頂の談笑をして強風の中テント撤収。   12:00 荷造りも完了し下山開始。ひとりだと実際ここからが(気持ち的な)核心。愚痴なのでダイジェストで。 荷物おもっーで最初に厄介なトラバース。ガツン。梯子の取り付で風吹くなよ、鎖みじけーって、もうチョイ頑張れよ。風ますます強いわっ。 樹林帯入っちゃガツン。なに今頃晴れてるんだよ。 ていうか下り長くない?こんなに登ったか?荷物おもっガツン。 こんなに凍られても、もうアイゼンはずしたから。 ていうか全然寒いし。最後まで目出帽被ってきちゃったしー で、パチパチ(お礼参り)して車に16:00 車に乗り、すっかり晴れた甲斐駒を後にする。 しかし風はかなり強い。日のあるうちに下山できて良かった。と思いつつ家路を急ぐも・・・車が故障し高速を60kmドライブで長旅となりました。   終 その数日後、あの寒さがウソみたいに暖かくなり岩のやる気スイッチが入り、今シーズンの冬を終えるのでした、右手にしびれを残して・・・ 来シーズンは北いきたいなぁーいっしょに埋もれたり踏みふみしてくれる方お声掛けよろしくッス!   反省 荷物の軽量コンパクト化を図り、さらにザックへの外付けをなくす。 水分補給は喉が乾かなくてもこまめに行う。 強風時でもテントの設営・撤収をもっと迅速に行う。 山頂で、はしゃいでピッケルを素手で握らない・・・

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged | 2 Commenti

2013/03/17West Valley CATENA radice nera della coda

Ordine del giorno 17 marzo 2013 (Tanigawa) West radice nera della coda 3/17 = Acqua = ro intorno alla plastica ウェーー pedemontana Stazione 8:00- Sange Rock - 11 - il dorso di un cammello - centro di orientamento arrampicata - Pilone:45トマの耳-12:00オキの耳-肩の小屋-13:35ロープウェー山頂駅=山麓駅=風和の湯=各地 撮影者 宮崎 001 鉄塔 8:25~8:30天候が良く、取付からの急登で暑く感じる。鉄塔下で「体温調整」。    002 尾根上 南の西黒沢方向に向かって雪庇が発達している。トレースを外さない様に慎重に進む。     003 急登を振り返る白毛門の裾が見えている。      004 オキの耳(右)トマの耳(左)を尾根上より確認 稜線上に雪庇が見える。雪山ならではの澄んだ空気を通して山頂を望む。     005 山頂 12:00~12:05山頂での集合写真。360度の眺望で申し分無し!    メンバー:宮崎、F、長田、中川、市村、吉田

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged , | Commenti disabilitati su 2013/03/17West Valley CATENA radice nera della coda

2013/3/17 Valle del dio CATENA radice della coda

[Membri(King ha detto un po ')Ishikura, Asaka] (La responsabilità per il contenuto di un articolo) ---------- [Alloggio] giorno (Nessun notte precedente) ---------- [Meteo] Chiaro (Sunny-brezza) ---------- [Ora]. Camminare 4 ore 40 minuti (Seduto incl tempo.. (Riposare due volte), I primi 35 punti, 5 punti in meno ri(Una volta Riposo)) 3Tempo 55 minuti (A tempo pausa) ---------- Non consolidata dislivello netto · ITINERARIO dislivello:643m 7:27 Tenjindaira funivia(1320m) → 8:30 Orso delle caverne Kanazawa rifugio capanna(1481m) → 10:07 Tomano orecchio (1963m) → 10:42 Kanazawa partenza → orso delle caverne di montagna rifugio capanna(1481m) → 12:07 Tenjindaira funivia(1320m) ---------- Accesso (Car) Guan Tao Yue acqua IC linea di longitudine dal → 291 ---------- [pensieri] Marzo linea completa ~ te statuto montagna valle catena ma, elezione ば leggermente ma shi ta. (Ishiguro radice della coda, la radice divinità della coda)の山行のうち天神尾根側の報告書になります。 天気は快晴。風も無風で雪山登山日和です。スキー・スノボーのお客も少なく登山者もパラパラみられるくらいです。 準備をして出発します。雪面は土曜までに踏み固められていたせいなのか、ワカンは必要ありません。途中まではアイゼンなしで行きました。 天神尾根に出ると谷川岳の全貌が見えてきます。 素晴らしい景色です。きれいに雪化粧されています。 また天神尾根に出ても風は吹いていないので少し暑いくらいです。尾根沿いをゆっくり歩いていきます。 熊穴沢避難小屋前にきました。夏に一度来た時には立派な丸太小屋がありましたが、埋没してなにも見えません。小屋の近くには前泊なのかテントが2、3張り設営されています。前泊したご夫婦らしい方にお話しを聞くと、前日は強風と寒さで眠れなかったそうです。このあたりから登山客、山スキー、スノボー客が増えてきました。 とり付きになります。斜面は急ですが踏み固められているため、歩きやすくなっています。雪はちょっとシャーベット状です。頂上目指して一歩一歩確実に前進していきます(右に写っている人は通称トトロと呼ばれる人です)。 振り返ると天神平が小さく見えます。遠くには富士山も(写真には写っていませんが)。 肩の小屋が見えてきました。さあ、もうすぐです。ちなみにこの時点では、仙ノ倉、石黒尾根方面からくる登山客はみられませんでした。 頂上到着(トマノ耳)。結局、ずっと快晴で、風も微風のみでした。 頂上付近は登山客が10人くらいいました。頂上からは東に至仏山や燧ヶ岳、西に苗場山、平標山がはっきりと見えます。一通り堪能した後は、食事のため肩の小屋まで降ります。 肩の小屋では、登山客が20人くらい小休止しています。食事やビールに舌鼓される方もいます。私もビールが飲みたいですが下山後まで我慢で。ちなみに、会長の携帯は電波が繋がりました(私のスマホは駄目でしたが)。 10時40分くらいまでゆっくりした後、下山を開始します。11時に一度石黒パーティに状況確認のため電話を試みます。下りは滑らないように私はゆっくりゆっくり歩きます。 下りは勾配がきついと急に腰が引けます。雪山にはまだまだ慣れていないのかな。そうこう言ううちに避難小屋まで降りてきました。小休憩を入れてまた下山開始です。 振り返ると、さっきまでいた谷川岳です。さらば谷川、また夏にお会いしましょう。 ロープウェイがみえてきました。おつかれさまでした。 —————————- Velocità di [riflessione] · discesa diventa lento, non farlo non veloce consapevolmente un po 'di più.

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged , | Commenti disabilitati su 2013/3/17 Valle del dio CATENA radice della coda