Maandelijks Archief: November 2013

2013/11/2-3 Shiroyama ~ wolk zien Eboshi Rock in Omotesando rechte Hikaru ー Suites vent di [re]

メンバー:O田氏(以下Oぽん)、I(記) Oぽんが2連休取れるということで、お泊まりクライミングしてきました んーやっぱりこの時期が伊豆方面か! ということでレッツゴー 1日目は城山、2日目は状況を見て城山継続か雲見リベンジ。 【1日目】 城山ではとりあえずアップも兼ねて バトルランナー★★ 4P (5.8-10a-5.7-5.9) を登じます。 Oぽんは城山がお初ということなので、核心の2P鎌形ハングをお譲りし、奇数Pを担当しました。 核心Pを行くOぽん!!           途中、K山岳会のMさんが横のA’ルートを登っていたため、エキスカーションのルートを伺った。 俄然やる気がでた その後はお目当ての エキスカーション★★★ 6P(10een-10b-10c-10a-10a-9) Oぽんのご好意に甘えさせてもらい 2,3,5Pをやらしてもらった。 1P:Oぽん 余裕のOS         2P:I 3Pより厳しいと聞いていたがなんとかOS         3P:I ケミカルとボルトラインがありどちらが、正規なのか分からなかったが、ボルトラインが正しいと教えてもらいました。 ケミカルは三日月ハングとのことです。 バランシーでかなりシビレた… が、なんとかOS   4P:Oぽん         5P:I ハングを右よりに越えていく。 見た目よりもやさしい。 6Pも繋げて十分いけたが、一応正規のPで切った。     6P:Oぽん           個人的には2Pより断然3Pの方がいやらしかったが、とりあえず落ちずに 登じれたので良かった 夕食は魚を堪能           【2日目】 以前、ルーファイに失敗したのでリベンジの 雲見烏帽子岩 裏参道直上ルート リベンジ完了! やっぱりシークリフは最高ーー!   3PをリードするOぽん。 以前はこの木を右に行ってしまった         4P           最終P ※4P後の歩きは2級程度なのでノーザイルで           最終Pを登るOぽん!         頂上で         昼食はOぽんお勧めの松崎港の民芸茶房 うましっ       海の幸も堪能できたし、充実した週末でした

Geplaatst op Verslag klimmen | Tagged , , | Comments Off op 2013/11/2-3 Shiroyama ~ wolk zien Eboshi Rock in Omotesando rechte Hikaru ー Suites vent di [re]

2013/10/29(Vuur) tot 30 (water) regen ornamenten Hill

百名山の雨飾山 1963m 参加者;小川、久保、やまゆり ”雨飾山” 振り返れば・・・・・あれから 11年・・・ OAC前衛の岳稜会に やまゆりが入会した時に ”新人歓迎山行”で登った思い出深い “雨飾山” です。 今回は、若い由美子ちゃんと優子ちゃんのセレクトの ”雨飾山”でしたが 残念なことに、由美子ちゃんは、仕事の都合でやむなく不参加。参加者は、小川さん(旧メンバー)、久保さん、やまゆりの3人。 かつて昔 小谷温泉からの登ったので、小谷温泉からの登山口しか思い浮かばなかったのだが、吉川さんのアドバイスを頂いて雨飾温泉から登る登山計画をたてました。 夜発 8時30分 南浦和駅を出発、上信越廻りで糸魚川ICで下りて林道を走り雨飾温泉の雨飾山荘まで1時間もかからずに到着。山荘の手前の駐車場にテントを張って仮眠。もちろん寝る前の懇親会はお楽しみの一つ。沢のせせらぎを聞きながら眠りに入った。 朝5時 起床そんなに寒くなかった。カップラーメンの朝食を済ませ、6時に出発。今回は、リーダー体験として 由美子ちゃんがリーダーとして 一番先頭を歩いた。・・・登山道は、初めから急登だった。しばらくもしないうちに・・・ リーダーに先頭の交代を申し出て やまゆりが先頭になった。・・・これは まさに正解♪ やまゆりとしては 心地よいmyペースを保ちながら 急登をコンスタンスに余裕で登ることが出来た。時折、由美子ちゃんに言った。 「この急登が登れたら・・・飯豊山もなんのその♪ ついでに急登で有名な 笠岳もなんのその♪ 」・・・ 紅葉のピークをちょっとすぎた 頃だった。 それでも 山の彩りは季節の移ろぎ・・・秋の日を楽しませて頂きました。 中の池まで来るとあとは残り 1時間・・・笹平 名前のように頂上近くは 笹原が青々と広がっていた。小谷温泉から登ってくる登山者と合流になった。 あれから11年 ・・・百名山も残り 9座・・・これも「OAC 大宮アルパインクラブ があってこそ・・・と感慨にふける。 頂上付近は 雪が凍っていた。アイゼンをつけるほどではないが 要注意。「秋山に初雪」このコンビネーションがいいね♪ 雨飾山の頂上は 「猫の耳」と言われるように 二つの狭い頂上があった。   無事に雨飾山1963m 余裕の 登頂。 ランチを食べて 太陽の暖かい陽差しを浴びて至福のお昼寝!1時に下山をかけた。急登を登ってきたということは・・・急登を下る・・・ということ。 凍っていた雪も太陽の熱でゆるんでいたが気をつけて下山した。雨飾山荘に4時に到着。雨飾山の続きの間を使わせて頂き、ゆっくりと温泉に入った。豪華な夕食を楽しみ 今日の山行を振り返り 楽しいひとときを過ごしました。 10月30日 温泉のお陰で筋肉痛もなし・・・と、階段を軽~く下りたのだが・・・あとから足の腿も前面が徐々に痛くなってきた。それだけ、急登を登ってきたのだと思うと 満足感があった。   ちょっと贅沢な温泉大好きな人には、このうえない素晴らしい山行でした。 歩行時間 7時間 登り 4時間、 下り 3時間 ありがとうございました。やまゆり    

Geplaatst op Verslag klimmen | Comments Off op 2013/10/29(Vuur) tot 30 (water) regen ornamenten Hill

2013/11/3 Gengshen Hill

秋彩を求めて 庚申山 time 記録 8:53 かじか荘 9:48 一の鳥居 10:20 鏡岩 10:50 猿田彦神社跡 12:25 庚申山山頂 13:30 下山開始 14:18 猿田彦神社跡 14:58 一の鳥居 15:52 かじか荘 参加者:田中、中川、野田、久保、古沢、やまゆり 羽生ICで合流、男1名、女性2名に メンバー乗換、賑やかにスタート。佐野ICで東北道を下り国道122 を渡良瀬川に沿ってはしり国民宿舎かじか荘のある銀山平に9時到着。 庚申川に沿った林道を紅葉を求めてしばらく歩いた。赤い一の鳥居からいよいよ登山道が始まる。落ち葉に敷きしめられた登山道は ”秋の音” 広葉樹の木々の秋の彩り、沢の水の流れ、落ち葉を踏み歩む軽やかな足取り、楽しい会話が飛び交いながら登っていくと旧猿田彦神社跡の分岐にでた。”お山巡りコース”の案内図は奇岩の岩を通り抜けるおもしろそうなコースだった。是非次回はこのコースを歩きたい♪ 今回は、庚申山荘を通って庚申山を目指した。山荘からの山道は細く切りだった岸壁をしたに覗き大岩の石門を通り抜けたりしておもしろかった。庚申山の山頂は狭いが、少し先に行くと皇海山が目の前に現れ、日光白根、男体山から一望できる素晴らしい景観が広がっていた。 今日のもう一つのお楽しみは、”お料理お任せあれ”の ”野田姉”・・・こと ”小雪ちゃん♪ (新ニックネーム)” の “塩麹鍋”を 庚申山の頂上で頂きました。 美味し~い♪ 美味しいね♪ 幸せ秋日和の塩麹鍋 山行でした。下山は、若い 鹿達のように駈け下りて行きました。 最後の締めは 温泉♪ わたらせ渓谷鉄道 水沼駅の”すっぴん 美人の湯” 駅構内に温泉がある おもしろ~い温泉♪に 入ってきました。残念ながら すっぴん美人の写真掲載はありません♪ 残念でしょ! ・・・とうい秋の一日を 若い人たちと一緒に楽しませて頂きました。ありがとうございました。 やまゆりのレポは 終了です♪ ・・・・追伸 ちなみに やまゆりは 温泉の効用のお陰で 筋肉痛なし! です。お尻が筋肉痛と言っていたのは・・・誰でしたでしょうか?(笑)・・・個人情報ですので秘密♪        

Geplaatst op Verslag klimmen | Tagged | Comments Off op 2013/11/3 Gengshen Hill