Archives mensuelles: Janvier 2014

2014/1/18 Trois zu Toge montagne chanceux Colline 1786m

118 mai 2009(Sat) Mitsutoge mais a été de choisir l'escalade de la nouvelle année là-bas et on peut voir qu'il ya un alias Fuji blanc de « montagne chance » figure du mont Fuji malheureusement ... est était dans les nuages . Les membres sont M. Toya, M. Karara, trois personnes Yamayuri. J'ai couru une autoroute centrale sur une route et je me suis garé au Sanriku Green Center à Xiongi. De là, je visais trois passes. Il y a beaucoup d'endroits qui peuvent être appréciés, tels que la cascade de Kamisu, la pierre de Dharma, quatre-vingt-huit cerveaux. Les sites historiques sont restés partout comme moyen de foi du parcours d’examen à l’époque de Nara. La neige était empilée un peu, mais le fond était de la glace. En montant en montée, je suis monté sans eisen. 4 heures de montée du sommet de la montagne largeur environ 200 m,ja,Le paravent vertical de 100 mètres de haut était superbe. Il est dit être la Mecque de l'un des plus célèbres rock kang du Japon. Je suis arrivé au rocher pliant en amont 4 heures. J'ai eu un délicieux kishimen hot pot sous le pliage de la pierre ♪ Je suis monté au sommet de la montagne à 1h45. Il y avait beaucoup de jeeps sans une plaque d'immatriculation près du sommet ... et en disant que la jeep monte au sommet de la montagne? Il y avait de la neige couvrant 30 ~ 50 cm au sommet et je suis descendu en descendant avec un eisen. Malheureusement, le mont Fuji, caché dans les nuages, semble parfois être caché dans les nuages. Marcher le long de la crête en marchant le long des montagnes enneigées tout en profitant de la vue sur la nature. C'était une heure de moins que prévu car Shimoyama a commencé à 14h00. La finale de la remontée mécanique a à l'atterrissage TÉLÉPHERIQUE sommet Kachikachiyama de Mitsutoge Sanso il faut environ 2 heures et 20 minutes était bon pour être en mesure de rouler en 40 minutes ... un avant 4 heures. Je ne savais pas que l'origine du conte de la tique était là. La vue sur le lac Kawaguchi en hiver, vue depuis le téléphérique, était magnifique. Vers 5 heures à la gare de Kawaguchiko Nous sommes retournés à la 3 e station de la 7 e station par le train Fujikyu 5 h 10. Il a fallu environ 20 minutes. Je suis revenu de la gare au Green Center et j'ai pris un bain et commencé à 6h45. Sur le chemin du retour, nous avons envoyé Koa - chan et M. Toya à côté de la zone et nous sommes rentrés à la maison. J'ai marché lentement en profitant pendant 7 heures de marche. Les fleurs s'épanouiront à différentes saisons S'il est possible de grimper à nouveau un beau jour, vous pourrez admirer un magnifique mont Fuji. Dans l'attente d'une autre occasion ♪,ja

Publié dans Escalade rapport | Tagged | Commentaires fermés sur 2014/1/18 Trois zu Toge montagne chanceux Colline 1786m

2014/01/12-14Hiver co-résidentiel de haute montagne oreille Ouest

Membres: L. M Saki, Shokuto = champ M 1/12 vents ensoleillé, haut Okegawa = 3:20 7:30 9:00 = Shinhotaka Onsen 9:30 ports Ouest Hotaka - 11:00 NishiMinoru Sanso 13h15-13h45 Maruyama - tourné le dos sur le chemin de la marque allemande - 14:15 NishiMinoru Sanso 1/13 nuageux, des vents violents NishiMinoru Sanso 08:35 - (1/12 et environ le même) -9: 30 NishiMinoru Sanso PM: formation de la neige autour Sanso 1/14 vents, soleil haut NishiMinoru Sanso 8:35-10:25 Nishihotakadake 10:40 - pyramide P11: 25 - 12:15 Maruyama -12: 27 NishiMinoru Sanso 13:30 = 15:00 Shinhotaka Onsen = 19 : 00 Oke River 1/12 Ropeway Nishiho bouche et a fini de porter un aisen et est parti. J'ai rencontré K Mountain P devant Nishiho Sanso. Écoutez les informations sur le dessus et prenez des photos de groupe. Après notre arrivée à Nishiho Sanso, nous avons installé une tente. Après une pause, je vais au numéro du cabinet pour demander des informations. Lorsque l'itinéraire prévu "Nishiho ~ Oko" est dit, arrêtez immédiatement "S'il vous plaît arrêtez!" Et il est coupé. Recherche de route,ja,Expliquez l'équipement, etc. pour entendre d'autres informations. Il y a ensuite une explication telle que "Saison hivernale sévère, pas de grimpeurs entrant du côté ouest de Saiho" et "détérioration du temps". Ma, même si impossible à dire jusqu'à présent, nous avons changé pour Saiho piston. Puisque 1/13 est une prévision de tempête, nous décidons de monter à 1/14. Je vais faire du scoutisme jusqu'à la fin de Maruyama. Il fait environ 15 à 20 m / s avec un vent fort et il est parfois contraint de résister au vent. Dîner = Kimchi Nabe 1/13 L'entrée de Sanso Villa est bondée de grimpeurs. Comme nous ne sommes pas pressés "voyage", nous avons préparé et préparé le départ avant de quitter le groupe. Après avoir dépassé Maruyama, le vent fort est encore renforcé et la température sensible chute. Je reviendrai légèrement en avance sur la veille, mais ce ne sera pas impossible, alors je reviendrai. En revenant à la cabine, "le téléphérique est arrêté par un vent fort". Comme le téléphérique a été annulé à une vitesse de vent de 15 m / s, il semble que le vent de la ligne de crête était de 20 m ou plus. Dans l'après-midi, entraînement sur neige près de la cabane. « Notes sur le cas des deux endroits pour prendre l'ancre », « debout Ax Ville », « la reprise de piolet dans le cas d'une ancre », « balise recherche » ... dîner = curry de « Hattori », mais la salade d'algues 1/14 vents soleil, haut Il fait froid Préparez-vous et commencez. Continuez en douceur Maruyama → Indonesia et "Ayumu". Alors que les conseils de l'équipe de télévision sont garantis, tout en travaillant dur pendant la saison froide, je tourne la caméra et je tiens le microphone. Vérifiez la situation avec une pause allemande. Le vent s'arrête mais la prévision est de 20 m / s, le temps risque de ne pas empirer. S'attendant à ce que le vent soit renforcé et qu'il soit nécessaire de le sécuriser, en partant en confirmant que la corde peut être éteinte immédiatement.,ja

Publié dans Escalade rapport | Tagged , | Commentaires fermés sur 2014/01/12-14Hiver co-résidentiel de haute montagne oreille Ouest

2014/1/11-12 Hiver, Neige, Kanazawa superflu amarrage co-résidentiel Tengu Yue Te nn

2014年 冬合宿 贅沢雪山テント泊  天狗岳   メンバー:3名 リーダー 藤森 計画   田中 記録   野田 日 程:平成26年1月11日~12日 タイム:1/11(土) 渋の湯駐車場(12:05) 黒百合ヒュッテ(14:30) テント設営 行動時間(2時間25分・内休憩時間10分)   1/12(日) 黒百合ヒュッテ(7:55) 東天狗(9:05) 西天狗(9:25) 西天狗下山開始(9:35) 黒百合ヒュッテ(10:45) 小屋にて祝盃後テント撤収 黒百合ヒュッテ下山開始(12:10) 渋の湯(13:25) 行動時間(5時間20分・内休憩時間1時間35分)   圏央道・桶川北本インターを出発。渋滞なく順調に中央道へ入る。 中央道から鳳凰三山や南アルプスなどの山々が青い空の下、真っ白い雪を頂きくっきりと美しい姿 を臨むことができます。 その中、車を快調に進めいよいよ目的の八ヶ岳が見えて来ました。 しかし、八ヶ岳の全ての山頂付近には雲・・雲・・・雲・・・。 「今回は行く先選択お間違えたかな?鳳凰三山にするべきだったかな・・・」 との声があがり、不安が過る・・・。 そんな不安も何のその、気儘な三人山行。 「2~3人分のコッヘルがあるなら鍋にしよう!」と途中の生産者直売所により食材を購入。 渋の湯から「行くぞ~」 さてさて、今回天狗岳を目指す車は日産キュウーブ。 実は、スタッドレスタイヤ。。。履いていないんです。 なので、チェーンでの走行となるので・・心配は雪道がどうなっているのか?   中央高速諏訪南インターを降り一般道へ。湯みち街道へ入る辺りからチェーンを装着。 気温も上がってきてツルンツルンに凍っている所も無く、田中さんの運転で順調に山道を走ります。 11時半前に登山口の駐車場に到着。 田中さん、運転ご苦労様でした!! 計画書の提出!忘れずにしました   橋を渡りいよいよ出発~ 途中、2122mでの分岐で一息     しかし、登る・・登る・・ 静かで、フカフカな雪の森の中を進み到着した黒百合ヒュッテ。 まだ、お正月飾りが付いていて、慌ただしく過ごしていた日々の中、改めて新年を感じました。 そんな事を思っているのも束の間・・・ テント設営です。 私にとって「初の雪山テント泊」 雪の整地から全てが新鮮で面白くて楽しくて驚きの体験です。 テント場の通路を挟んで右側は既にいっぱいなので、左側に私たちのテント設営です。 フカフカの雪をグルグル回りながら踏み均し、下地が出来たら残っているフワフワ雪をシャベル でどかします。 そして、ジャジャ~ン!!竹ペグの登場です。(写真は無し) 谷川岳の雪山訓練の時に石倉会長が説明してくれた事を思い出しながら田中さんに教わり十字 にビニールテープで結び雪の中へ! 四隅を竹ペグ、その間はピッケルで固定して今夜のお宿の出来上がり。 さてさて・・・ 今回の「贅沢雪山テント泊」 ☆☆☆贅沢の由縁☆☆☆ その1:日帰り山行の出来る天狗岳にわざわざテン泊! その2:テントで鍋!!っですよ~ホホホっ その3:最後に掲載します!!!   テント設営も終わり、早く到着したので、ゆっくり小屋まり ながらビールで乾杯! その後、テントに戻り皆で鍋作り。 地元食材での美味しい鍋。 ホカホカで暖まります。 いつも、渋いおじ様も盛り上がっております。フフッ。 辛いものがお好きな藤森さんは唐辛子を手に嬉しそう。   そうこうするうちに夜はふける・・・。 ZZZ。。。。。   朝の小屋前の温度計。 -16度を指していました。(7時頃)   朝~ 目覚めるとテント内側に雪!と思いきや結露が凍り付きテントの緑色の生地が白くなっています。触るとハラハラと舞い落ちて・・・これまた素敵です。 が、オ~~~なんと言うことでしょう・・・シュラフカバーが凍っている。。。 え“~昨日被っていた帽子もオーバージャケットも・・・凍ってる~ まさか・・・と思いつつ・・朝食用のパン・・カチカチです。十勝○○というレーズン入りのパンは大丈夫でした。 食事も済ませ さぁ!今日の目的地 東天狗と西天狗に向けて 出発しま~っす。 広いテント場から真っ直ぐに樹林帯の中へ入ります。 木々の枝に沢山の雪が乗っていてとても素敵です。 樹林帯を抜けると見晴のいい緩い登りです。 目指す東天狗と西天狗        が、風が強い。 目出し帽やらフードやら、しっかりと被り防策を     して進みます。 その後、急登となりようやく東天狗に到着。 相変わらず風が強い。 東天狗山頂 東天狗山頂から見えた南八ヶ岳の山々も舞い上がる雪か?雲か? 時折視界が遮られる。 しかし、素晴らしいお天気に感謝!! 東天狗から西天狗に向かう尾根はどんなに風が強いのだろう・・・とトホホな気分で歩を進める・・ が、風がピタリと止まり、とても不思議。 そして、こちらも負けず劣らずの急登がやってくる・・・しかも、フカフカの深い雪。 田中さんに「膝を支点にキックステップで!」と教えて貰い何とか登る。 しかし、このまま続けると足が・・・早くこの歩き方をやめやい・・・と思ったところで西天狗山頂に到着。Continuer la lecture

Publié dans Escalade rapport | Tagged , | Commentaires fermés sur 2014/1/11-12 Hiver, Neige, Kanazawa superflu amarrage co-résidentiel Tengu Yue Te nn

2014/01/11-12 Hiver co-résidentiel oreille Ouest indépendance marquée

Membres: le leader de lis, sous-chef Yoshida (Yoshida) Kimi-chan, M. Horadani, Kurochan, (frais de pension) Kamazawa étape 1/11 (Sam) Shinhotaka Hot Springs parking 10:30 Station ⇒ Shinhotaka remontées mécaniques 11:30 ⇒ Port Ouest Shinhodaka 12:30 ⇒ Fringe Western Mountain Villa 14:30 1/12(Juin) Ear West Mountain Villa 7:30 ⇒ Maruyama 8:00 ⇒ norme unique 9:00 ⇒ Fringe Western Mountain Villa 11:00 ⇒ Port Ouest Shinhodaka 12:00 Station ⇒ Shinhotaka remontées mécaniques 13:00 <1 maille> 5:00amに戸田&新都心をそれぞれ出発し、渋滞もなく予定通り新穂高温泉駐車場に到着。 ここで身支度を整え、出発です! 駅を出ると、かわいい雪だるまがお出迎え                                     ロープウェイの中で、「西穂高口駅の売店で、ちょっぴりプレゼントがあります。」とのアナウンスを聞き、やまゆりさんがみんなの分もらってきてあげる♪と、売店で「6個ください」と言ったら断られてしまいました。。。(悲) もちろんその後、各自しっかりプレゼント(お菓子2個)貰いましたよ♪  積雪2mの中を、気持よく歩いていきます。                               西穂山荘までは、登ったり下ったり。。。(地図では、トータル下り)                  今日はアイゼンを付けずに、つぼ足トレーニング!                               やまゆりさん、余裕の笑顔♪  さすが雪山スタイルも様になってますね~                               きみちゃん先頭に、みんなで (*^^*)/  はるか奥の方~の小さい人は、洞谷さんです!                               もう目の前に、西穂山荘が! ん?手前に、鏡もち???                               と思ったら、巨大な雪だるまでした~♪  いったいどうやって作ったんだろう?  今晩お世話になる山荘の前で。                               一息ついて、みんなで唯一テン泊の吉田さんのお手伝い。                      どじょうすくいじゃないですよ~。。。 テント下の雪かき&地固め。  だいぶ掘れてきました!  完成!                               小屋に戻り、みんなでおしるこパーティー~  美味しそうでしょ♪                               甘くて、温かくて、美味しくて、体がぽかぽかです♪                            ちなみに、隣のテーブルでは、おでんパティーが。。。                               おぉ~! こんなところでもOACブランドTシャツが!!!    夜ごはんは、山荘スタッフさん心尽くしの手作りハンバーグ。                     お酒を飲みながら、美味しくいただきました! この時、明日は早朝~昼頃にかけて晴れ間が見えるものの、午後から天候が崩れるとの話を聞き、出発時刻を30分~1時間早めることに。 20:30 就寝。                                                昼過ぎに山荘に着いた時からそうでしたが、石油ストーブの不完全燃焼の臭いが終始鼻を突き、そのせいでか? くろちゃんも私も頭痛に悩まされましたが、朝、外に出て深呼吸をしたら、あっという間に元気に復活。 やっぱり不完全燃焼のせいだ。。。! <2日目>                                                            雪だるまに見送られて、行ってきま~す!                                 空は、時折雲が晴れて、遠くの景色もよく見えました。                               丸山までの稜線は、風も強く、巻き上げる粉雪で視界が。。。                     いつの間にか、ゴーグルの下に目出帽が挟まり、ゴーグルが曇って足元が見えず、リーダーに遅れをとってしまいました。。  第一峰、丸山山頂!                               霧が晴れてきました! 真ん中の、黒くポコッと出ているのが、独標です。    独標、ピラミッドピーク、西穂高岳を一望に。                               そういえば、なぜかウェアの赤率(?)が高いですね(笑)                        吉田さんも加わって♪(くろちゃんが撮ってくれた写真。さすがプロっぽい!)  独標山頂直下の岩場。               今回の核心部です。 途中に鎖もありましたが、その鎖がなくなった上の部分が、雪で足場が無く、いちばん大変!(下りでは渋滞発生)    西穂高岳独標 登頂!  くろちゃん曰く、“強盗団みたい。。。”                               間近にピラミッドピーク。 次は、あそこを目指すよ!(できればその先まで♪)  下山途中、まるで海外みたいなステキな景色も!                                        山荘に着いて、置いていった荷物を回収し、ロープウェイ駅へ歩き出して間もなく、なんと!宮崎さん&町野さんに遭遇!                                          計画からして、どこかで会えるんだろうなとは思っていたものの、この時はすっかり忘れていたので、雪山で別パーティーの仲間に出会える喜びを分かち合い、みんなでトレイン♪                               とうとうロープウェイ駅に着いてしまいました。。。 あぁ~、楽しかった。。。              ここでアイゼンを外し、荷物の整理をして、あとはロープウェイで下るだけ。  眼下に見える、幻想的なシラビソの樹雪。                               新穂高温泉で車を回収し、今回最後のレクリエーション。 温泉っ!                 名物高山ラーメン&特製カレーを堪能し、露天風呂では4人並んでストレッチをして他のお客さんに怖ぁ~い目で睨まれ。。。(笑) しっかり温まったところで、帰路につきました。 こちらは、やまゆりさん作成のスライドショーです(*^^*)/ https://docs.google.com/file/d/0B_Utqvf64dF5amN3Ulk3WEpmRUU/edit?usp = drive_web 【Ce que j'ai appris】 · Diminuer les vestes après mon arrivée à Sanso. · Même s'il fait froid, nous porterons un nez. · Lorsque vous pointez l'appareil photo, abaissez votre casque et prenez votre visage. · Lorsque vous pouvez chauffer la nourriture en conserve, c'est plus délicieux. · Le réglage de la capuche doit être effectué avant le départ. · Après tout, la bouteille d'eau est limitée à Terumos! 【Résumé】 Pour moi,ja(A l'exception de Tanigawa Yukikun)Ce fut la première des montagnes couvertes de neige dans ma vie, mais le chef et sous-chef au début, un grand travail d'équipe, nous avons pu participer à un ce camp d'entraînement hivernal très amusant. M. Yamayuri est devenu un humoriste de tout le monde et m'a appris avec soin, un par un, à chaque détail. M. Yoshida qui a pris beaucoup de photographies agréables et est devenu pas à pas sous le Benesse. M. Toya qui me conduisait à grande vitesse et nous a parlé pendant environ 10 heures. Les nouveaux arrivants, Kimi, qui se soucient toujours de quelque chose, ont toujours agi ensemble dans la hutte. Et Kuro chan qui a pris beaucoup de sourires et a pris beaucoup de belles photos. J'apprécie tout le monde ♪ & nbsp;,ja

Publié dans Escalade rapport | Tagged , , | Commentaires fermés sur 2014/01/11-12 Hiver co-résidentiel oreille Ouest indépendance marquée

2014/1/12-13Jogasaki Mer serrure de poux de mer

メンバー:Oぽん、N田、A津、K保、N澤、I(記) 登り始めということで、城ヶ崎へ 【1日目】 お初のシーサイドエリア 風もなく、日差しが当たるとほんと暖かくて快適~ &nbsp; ・ハジノライン【10a】× アップで。ハング越えの足おきがポイントでした。 ・名探偵登場【8】FL○ 特に印象はなく。 &nbsp; ・イントロダクション【NP 9】NP OS○ ノープロテクションでの出だしのハング越え核心。後はステミング &nbsp; ・スカッド【11a】★ × ハング越えと終盤のカチ系で面白い ヒールで乗り込んでクリップが怖い ムーブは解決したので、次回の宿題 &nbsp; ・ティンカーベル【10b】★ FL○ 長くてヨレます。25m &nbsp; 宿泊は3食付き6000円のクライマー宿へ。 初めて来たけど、コタツもあり飯もうまくてサイコーでした(^ C ^) 【2日目】 フナムシロック enjoyクラック ビキナー講習の集団さんに独占されたルートが多かったのでフラッシュダンス【10a】が触れず心残り感があったけど、快適なクラックを堪能できました。 &nbsp; ・純★【NP 8】OS 綺麗なダブルクラックで、右足のフットジャムがポイントだった &nbsp; ・鬼殺し★【NP 7】FL フィンガーからハンド アップに最適 ・パープルシャドウ★★★【NP 8】FL 触りたかった一つ ハンドジャムがバチ効で快適 ルートの長さもそこそこあり、面白い! &nbsp; ・樹氷★【8 NP】FL フィンガーからの左足ハイステップがバランシー &nbsp; ・オバステ正宗【NP 8】OS 出だしからナッツなので、ちょっと嫌な感じ。ジャムはほぼ使わない… 温泉後、 夜はカウボーイ風な店でタンパク質を摂取~ 渋滞もほとんどなく、九時にはさいたまに到着できました。 終日、運転していただいた、Oぽんに感謝です

Publié dans Escalade rapport | Tagged , , | Commentaires fermés sur 2014/1/12-13Jogasaki Mer serrure de poux de mer

2014/1/3 Crête Nasu Asahi sud-est de pécan

salaire du jour 3 janvier 2014 (Gold) me beurre nn ー Otake (CL), F Sen (SL), Y rivage, Yoshida, Tanaka (rappelez-vous) attacher Rousseau 9:10Daimaru parking ⇒ 10:55Prenez le bord sud-est du paiement vient ⇒ 13:15sommet de la montagne de Asahi ⇒ 15:20大丸駐車場 冬の那須は、北西からの強風に守られ容易には登らせてくれない。昨年同時期の山行は、取付きを目前にして会長が強風に飛ばされあやうく滑落という場面もあり、あえなく敗退。それだけに今年はリベンジの意味を込めての再チャレンジだった。 ●核心はアプローチにあり、タイヤチェーンは必携です。 大竹号は東北道を快調に飛ばし、ナビを信じて出口を一つ通り過ぎるというマイナーなトラブルがありながらも時間通りに那須へ。那須岳がきれいに見える。快晴だ。さて雪道となりそして車の渋滞。圧雪の上で一台が止まるとそのあとの車も当然ストップ。するとわずかな坂道でも発進ができない。チェーンを付けて事なきを得たが、スタッドレスタイヤといえど、上り坂で止まると発進ができなくなるということを忘れずに! ●今年の那須は雪が少なめ 昨年に比べて雪が少ないことからワカンは携行せず。一般道チーム3名を加え、予定時間を30分程度遅れ、総勢8名で9:10大丸駐車場を出発。林道沿いのなだらかな道を歩き、茶臼岳ロープウェイ駅を通りすぎて、ようやく登山道へ。左に茶臼岳、右に朝日岳を見ながら東南稜の入口である高山植物の標識のある場所へ。ここから沢におりたところが東南稜の取り付きとなる。   ●春山のような岩場 取付きにはさすがに膝ほどの雪。それもアイゼン団子がすぐにできる湿って重い雪。一方、岩場に上がると東南稜には雪がほとんどなく、アイゼントレーニングのようだ。傾斜はきつくなく、手がかり、足がかりが豊富で、登りやすい。ただ、岩がもろく浮石、ガレが多数あり、落石にならないように気を使った。春山のような陽気で、汗をかく。贅沢な悩みだが、冬の晴天時の山行は、ウェア選びが難しい。 ●核心部分は懸垂下降と右巻き 核心の一つであるルート上のギャップ。5-6m程度の岩の裂け目がある。下りはクライムダウンも可能だが、真新しい鎖の支点が設置してあり、いかにも懸垂下降せよと言わんばかり。F森SLがロープを設置したのち、久しぶりの懸垂で少し緊張。降りてから、登り返しがあるのだが、ふと右をみると踏みあとあり。大岩にそって右にまいていくと、そのまま頂上まで続くトレースが現れた。 ●山頂直下のフィックスロープ 山頂直下は雪がついた傾斜のきつい一枚岩。F森SLの経験から念のためのフックスロープ設置。フィックスロープにプルージックで確保し登ると、あにはからんやそれほど難しくなく、プルージックを持ち上げるのが面倒になるくらい。まあこれも確保されている安心から来た余裕か。朝日岳山頂到着は、13時15分。正に360度の大絶景。快晴、微風。 ●下山途中のトラバース道は反省点多し 下山は一般道を歩くので難しい箇所はないが、一点、峠の避難小屋直前の夏道は雪に覆われ、45度程度の雪の斜面となっている。通常は、トラバースを避け一山越えていくことが常道だが、この日は雪も少ないことからトラバース道に踏み込んだ。ところが思いのほか長いトラバースにメンバー全員がこのまま進むより、谷に降りて取付き点へ戻る、いや逆にここから山に登る、などの意見が雪の斜面で交わされ、結局は常道へ引き返すことに。すると後続の登山者2人組が、トラバースはすぐに終わるよ、との話から再度Uターン。OACがトラバース道で右往左往し、最後にハイキング登山の方のアドバイスをいただく一幕でした。 今回の山行の○ なんといっても好天に尽きる。これが昨年と同じ山か、と思えるくらい天気。本来は厳冬期のバリエーションルートなのだが、ジャケットを脱ぎたくなるほどの春山気分。ながめは最高、山頂でいただいたカップヌードルが美味でした。 今回の山行の× 核心部のまき道と下山時のトラバース。核心部をまいてしまったことで、バリエーションの意味合いが薄れてしまったこと。またトラバース道は、雪庇の崩壊からなだれる危険性があり、それを考えると選ぶべきではなかった。雪の少なさと暖かさにほだされて、ゆるい選択をしてしまったことが×。

Publié dans Escalade rapport | Tagged | Commentaires fermés sur 2014/1/3 Crête Nasu Asahi sud-est de pécan

Équipe retour Musashi "Nago autour de« cours

●山行・山域  奥武蔵日帰り縦走  (武川岳・大持山・有間山・蕨山ほか)ピーク数=9 ●チーム奥武蔵メンバー 4名  リーダー 奥武蔵の帝王:中川・   サブリーダー 大原   タイムキーパー 野田   救護・報道 山岸 ●アクセス  クルマ2台 さわらびの湯駐車場 7:00集合  ●タイム   7:00 名郷駐車場出発→ 8:45 前武川岳→ 8:55 武川岳→   9:25 妻坂峠→ 10:15 大持山の肩→ 10:35 大持山→   横倉山→ 11:05 ウノタワ→ 11:34 鳥首峠→   12:13 滝入りの頭→ 12:20 しょうじくぼの頭→   12:25 ヤシンタイノ頭→ 12:41 有馬山(橋小屋ノ頭)→   13:22 蕨山→14:51 名郷駐車場  行動時間 471分(7時間51分)  休憩 60分  累積標高差   2202m -2182m  距離 19.7km ●報道記録 山岸ひろこ ——————————————————————————————————————————– 奥武蔵いえば、楽しいハイキング☆☆ 低山の人気コースが数々あり、西武鉄道各駅では 嗜好を凝らしたハイキングコースを提案している。 埼玉県人は元より県外の人も、ぜひ来て欲しい山々がある。 しかし、今回のドキュメンタリーは もはや、「笑えない ハイキング」である。 &nbsp; 雪山に向けて足腰を強化するトレーニング山行。 名づけて 「奥武蔵縦走 名郷周回コース」 目指すはこの長き尾根→ 人気の武川岳・蕨山等を経由し、 小さなピークは数え切れない程踏む。 ○リーダー兼ガイド「奥武蔵の帝王」中川   以下、三人の「武蔵の弟子たち」 1.最近ボルダーばかりで脚力が心配な サブリーダー大原 2.小さなメモが登山記録、実直なタイムキーパー 野田 3.今回は、何故か救護?・そして報道はおなじみ 山岸 ————————————————————————————————————————– 6:40 予定より早くさわらびの湯に集合。車を乗り合わせ名郷へ     名郷の駐車場は駐車料金700円もする。 7:00 名郷駐車場出発     天気良し! 今日の健闘をお日様が祝福(笑) 7:55 しょっぱなから天狗岩にさしかかる。     岩場はたのし!駆け上がるよ。     大原、大きな岩をガン見している。     岩を見ている目が笑っている。     この岩山は結構な斜度もあり、登り応えある。     岩の天辺は、北から吹く風が冷たく、     岩の下部で太陽に当たりながら休憩。     行動食を食べる 8:45 前武川岳付近で     目前に見える武川岳を背景に本日の意気込みを見せる           8:55 武川岳に到着   ここまでは、ハイキング客でにぎわっている。     我々も記念撮影          その後、妻坂峠へ 下ること、下ること・・・・  ここは登りで取りたくないルートだ。  小石で滑りそうな心配をしつつ下山。 9:25  妻坂峠を過ぎるとひたすらUP UP UP(息もアップアップ×××)     とほほ・・・・な登りであった。     見晴らしのいい尾根が開ける。     久しぶりに平たい道に出ると、       今日のメインディッシュ 10:15 大持山の肩である。              リーダー兼ガイド中川の案内が光る。     弟子3人に、奥武蔵の醍醐味を案内する。     大持山の肩から見る絶景に、感激! 世界一の高さを誇る634m(ムサシm)  スカイツリーまで見えた     また、ここで行動食を食べる。   10:35 200m先に大持山の山頂がある            ここで山座同定する。夏場は眺望が無いらしいが、今は冬なので視界もある。 奥武蔵の帝王に、奥武蔵の醍醐味を教わる。         記念撮影 横倉山=通過時間不明?   山頂の標識も、気配も無い横倉山へ。     当然、ここの写真は無い。     リーダーは、何回も横倉山に来ているが     未だかつて、この山頂標識を見出せないと言う。     ミステリーマウンテンである。 11:05 そしてウノタワ。     そのたおやかな風景に、皆の目が輝く。                        リーダー兼ガイド中川いわく、この場所は昔水があって  鵜が住んでいたので そう名づけられたという。     ここでテントを張りたい気分。Continuer la lecture

Publié dans Escalade rapport | Tagged | Commentaires fermés sur Équipe retour Musashi "Nago autour de« cours

2013/12/25 Kurofuyama

Je entrepôt, côté W, livre H (responsabilité de censure) 620 De la station Ageo → Higashi Matsuyama IC → Komoro IC → 930 Montagne noire temps ensoleillé. La route vers l'entrée de la montagne est pavée, mais la neige s'accumule et semble glisser. Vous pouvez louer des toilettes à l'hôtel à la bouche d'escalade. 950 Un flocon de neige fluffukka à environ 80 cm au départ de la bouche de montagne noire. Il y a une trace tout le temps, facile à marcher. Il y a une route de montagne sur la crête et une voie arrière dans la zone forestière, mais continuez. & nbsp; & nbsp; Une fois toutes les 10 minutes environ, j'ai commencé à marcher. Je glisse un peu, mais je n'ai pas besoin d'un eisen. J'ai trouvé plusieurs fois un petit mouvement ressemblant à un lapin. Montez à l'abri d'évacuation aussi librement que possible. De droite à gauche, les monts Fuji, Yatsugatake, Kaike, Senjou, Alpes centrales, Hotaka, Spears et Shimo Tateyama étaient clairement visibles. 11h50, je suis arrivé à la hutte d'évacuation. Environ la moitié du bâtiment est remplie de neige. Eisen pièce jointe En allant plus loin, je suis arrivé à la tête de Tomi. La tête de Tomi, qui aurait un vent fort, est à peu de chose près. À propos, "Tomi" est un type de matériel agricole, il semble être un outil pour sélectionner les grains après la récolte en utilisant la puissance du vent. Il semble être un endroit où le vent est fort. Mt. Asama Quand vous arrivez aussi loin, Mt. Asama apparaît devant vous. Le versant sud est un peu enneigé. Il semble fondre. La dernière taille est d'environ 30 minutes. A 12h50, nous sommes arrivés aux montagnes noires. Les montagnes de Nikko Renjin, Tanigawa-dake et Niigata peuvent être négligées. La meilleure vue & nbsp; Après le déjeuner, départ 1320. Parce que la vue est bonne, je ne vais pas aller à Bokuzan, c'est un piston. 14h40, Shimoyama. Le président dit "C'est comme une montagne de printemps" C'était une montagne enneigée. & nbsp; Première montagne enneigée. De toute façon participer à la préparation des chaussures d'hiver seulement. Scarpa fait ses débuts de vert brillant acheté la veille. Mon pied gauche était un peu gros et il était difficile de marcher quand je descendais. Je réalise l'importance des consoles de chaussures. Comme les gants ne portaient que de la toison épaisse, il était difficile de faire tout le travail, alors j'ai compris comment doubler. Je suis également convaincu que les spats ont également une grande surface couvrant le cou-de-pied. Mon stock a également brisé mon esprit tourné, alors j'ai décidé d'emprunter le truc de M. W. (M. W, merci!) Je comprends pourquoi cet équipement est bon à divers égards. De plus, il est difficile de marcher. Je pensais que je ne devais pas lui donner de la force. Mais je veux encore grimper.,ja

Publié dans Escalade rapport | Tagged , | Commentaires fermés sur 2013/12/25 Kurofuyama

2013/12/28 Haegeumgang Super Rain []

J'ai pu aller à la racine de la nostalgie et j'ai pensé [membres] champ de T, I (Symbole) l'année dernière, et que vous voulez aller un jour le temps que vous commencé à faire de la fissure 6:40踏 迹 de Kumomi camping de départ voie est libre. 7:20Prenez salaire 7:50 1P【5.8】 Iリード 枯れ木が鬱陶しいが基本的にアップには快適なピッチ。 右写真の最後のトラバースはプロテクションをセットする箇所に一苦労。 トラバース後、樹林帯の手前でピッチを切った。 2P【5.8 or Ⅳ】 T田リード ※樹林帯の歩きはピッチに入れてません。 直上のフィンガーと右に巻くルートを選択できる。 今回は右ルートを選択。 フォローだったので直上してみた。苦手なフィンガーだったが、以外にバチ利きだった。 3P【10a】 Iリード 右上するクラックから直上のハンドクラック。 足も決まるし、面白い! 4P【10a】 T田リード 先人クラック。フィンガー 2つ目のハング越えが楽しい 5P【5.8OW】 Iリード 出だしの右上するクラックに敗退。 なんとか突破したが、足の決め方がよく分からなかった でもハング越えは3D的で楽しい。 一番難しいピッチだと感じた 6P【5.8OW】 Iリード OWという感じではない。外傾箇所を越えるとこがちょっと悪い。 12:50 頂上到着後、寒すぎて休憩せずにすぐに懸垂。 これがかなり面倒。クラックにスタックしないかと冷や冷やした。 14:40頃、取付に到着。 15:40 キャンプ場到着 無事にやり終えてとても満足した一日だった。 強風で終日、寒さに耐えながらの我慢の登攀となり、次回は春とかに行きたい &nbsp;

Publié dans Escalade rapport | Tagged , , | Commentaires fermés sur 2013/12/28 Haegeumgang Super Rain []