Archivio mensile: Aprile 2014

2014/3/29Hiuchigatake tutto il Ozenuma congelato

凍った尾瀬沼を渡って燧ケ岳 Posted on 2014/4/28 by F沢 メンバー:2名   S下(リーダー)・F沢(レポ) 日程:平成26年3月29日(土)-31日(月) (28日(金)戸倉駐車場前泊) 前日の23時に出発し、25時半頃戸倉駐車場着。テントを張って就寝。(駐車場無料) いいお天気。朝ごはんを食べて楽しみと緊張半々の気分でいざ出発!(6:00発) 大清水まで8㎞の林道歩き(8:05着)。綺麗に除雪されていてびっくり。 大清水から一之瀬休憩所までは3.5㎞。ここも綺麗に除雪されていました。 一之瀬休憩所は雪の下でした。(9:25着) ここからは本格的な山道。最初は夏道を歩き始めましたが、 沢に近くて危険なため、高巻きしてコースをとり、 急登の冬路沢をラッセルしながら進みます。 一之瀬休憩所を出発してから約7時間・・・三平峠を越えて、 尾瀬沼がやっと見えてきました。 この景色を見たら全てが吹き飛びます。 ほっとしたのと、感動したので最後ボロボロ泣きながら歩きました(*^_^*) 360℃真っ白で、他に誰もいない景色。何の音もしない景色。 静かすぎて耳がきーんとしたのはいつ以来だろう。 この季節しか見られない景色です。(17:00着) 尾瀬沼の上にBCを張ります。リーダーの手際のよいテント設営にホレボレ。 夜ごはんを食べて就寝。 2日目。朝起きると、天気予報通り小雨が降ったり、晴れ間が出たり変わりやすい お天気。燧ケ岳頂上に向けて出発!(5:30発) どこでも歩けて、私たちが歩いた後に道ができる楽しさを 感じながら歩きます♪ 歩いているうちに、風も雨もどんどん強くなってきました。 写真を撮る余裕もなくて状況をお見せすることができません(T_T) 風に吹き飛ばされそうになりながら、頂上と思われる場所に到着。 (後でGPSで確認したら残念ながら頂上は踏めていませんでした) びしょ濡れになりながら、BCに何とか到着。きつかったー(15:20着) リーダーが燃料をたっぷり準備してくれていたので、ガスをガンガン つけて濡れた物や服を乾かしました。冬山の装備の大切さを感じました。 夜ごはんはカレーを食べて元気回復♪ 風はどんどん強くなりこのままテントが飛ばされるかも・・・と心配しながら就寝。 3日目。引き続き風も雨もひどい状態。 テントの中で準備を済ませて出発。(6:20発) 尾瀬沼の上はホワイトアウト状態。GPSがないと怖くて歩けません。 一晩で20㎝位雪が降ったでしょうか。「今回は晴れれば夏山、荒れれば厳冬期の冬山」と言っていたリーダーの言葉を体験しました。 来る時の冬路沢を避けて、夏道に近いルートをとります。 歩いているうちにだんだんお天気が回復してきて、ほっと一息。 一之瀬休憩所到着。(11:20) 大清水到着。(12:45) 戸倉駐車場。(15:10) 3日間で会ったのは、大清水まで原チャリで来ていた渓流釣りの方だけでした。 今回の山行を通して、冬山初心者マークのうちに、冬山の穏やかで美しい状態が 一瞬で、怖くて厳しい状態になるのを体験できてよかったです。 だからこそ装備や計画の段階が重要なんだということをより強く感じました。 そして、ホワイトアウトになった場合の人間の感覚はあてにならないということも よくわかりました。GPSはこのような山行には不可欠だと思いました。 今回、「行きたい!」という気持ちだけで同行させてくださったリーダーに感謝です。 今度は、尾瀬沼の上を渡るわけにはいかないけれど、夏に同じルートを歩きたいです。 附記 (リーダー総括) 3年来暖めていた尾瀬沼を歩き燧ヶ岳を登るプランがやっと実現した。今年も人 が集まらず、単独行も止むを得ないかと思っていたところ、F沢さんのオファー があり感謝している。さすがに3月の尾瀬の単独行は恐い。人が居ない。道が無 い。視界が悪いと目標が無い。そんな中一人でも傍に人が居ると感覚的に随分違 うものだ。一人でも遭難できないが、新人連れて二人で遭難などとんでもないこ とだ。天候の状況が遭難しやすいパターンだっただけになおさらである。特に 30日雨の燧ヶ岳登山、30日から31日朝までの吹雪の一夜、31日吹雪でホ ワイトアウトの中テント撤収し出発。かなり厳しい状態でも泣きが入らなかった のはありがたかった。わずか3日間の雪山ではあったが多くのことを経験できた面 白い山行だった。    S下            

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged | Commenti disabilitati su 2014/3/29Hiuchigatake tutto il Ozenuma congelato

2014/4/5Akagi neve completo nero Hiyama

Utente: tengo(R)・S下・N川・A香・N田・K樹・K沢(記) 当初、S下・K樹・K沢は笹子雁ヶ腹擦山の予定でしたが、I倉さんの提案で、せっかくだからみんなで黒檜に行かない?とお誘いがあり、急きょ行先変更 ⇒ 総勢7名のにぎやか山行となりました☆ 黒檜山登山口にて。 このとき気温は-6℃。思いのほか寒くてびっくりです。 ちなみに今回は珍しくウェアが色とりどり。 ハイキングコースとのことで、終始緩やかなのかな?と思いきや、登り始めて間もなく急登となり、両手のストックが邪魔に。。。  大沼から地蔵岳を臨む。 登り始めて1時間ほどで小休憩。けっこう急でしょ。 おにぎり美味しそう~ ごはんが凍らない季節になりましたね (*^ ^*)V 雪の状態が良く、アイゼンが効きまくりでとても登りやすかったです。 黒檜山三角点のあるあたりで。 なぜか山頂の標識は、ここから左に少し行ったところにありました! はい!山頂△ 見渡す限り真っ白で、もう4月ということを忘れますね~  本当に真っ白で素晴らしい霧氷!  ダンディーN川♪  山頂で、S下さんが右手に持っているのは。。。 S下さんによるツェルト設営の実演。(救助活動ではありませ~ん) こんなに薄いのに、中は暖かいんですね。。。 見事な霧氷。 こんな完璧な状態を見たのは、生まれて初めてです。 360度の展望で、榛名山・谷川連峰 etc・・・ 雲も白くふわふわで、遠くまでとても美しく見渡せました。 駒ケ岳山頂△ 山頂の標識が無いね。。。 と探していたら、こんなところに発見!! ちょっと寂しいので、みんなで指差し確認!写真だと小さくて読めないかも(泣) この辺りまで来ると、緑色の下草も顔を出し、所々に踏み抜いた跡が。。。 斜面も笹の緑と雪の白で、あ~。。春なんだなぁ~と、実感しました。 下りの鉄階段もほぼ完全に出ていて、途中からはアイゼンを外し、ツボ足で下山。 赤城山のピンバッジも無事に獲得し♪ 行動時間は3時間半ほどでしたが、 充実した一日を過ごすことができました(*^^*)/  

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged | Commenti disabilitati su 2014/4/5Akagi neve completo nero Hiyama

2014/4/13 Ichinokuradake tappeto erboso Kurasawa sci alpino

メンバー:U海 T葉 Y田 W辺 コース:天神平ロープウェイ→天神尾根→谷川岳→一ノ倉岳→芝倉沢滑降→土合橋 今日行かなくていつ行く!というほどの山スキー日和。 前夜、土合駅舎で軽い宴会の後、シュラフの中で暑く寝苦しい夜を過ごす。 スケールの大きな芝倉沢。初めてのコースに期待が膨らむ。写真はドロップポイント下部から芝倉沢源頭部を仰ぎ見たところ。 ロープウェイを降り、天神尾根を行く。 一日中青空のもと、時には半袖になって歩を進める。気温の上昇で、下りの腐れ雪が懸念される。 大人気の山スキーコースであり、ところどころ列を成す。谷川岳で終了のスキーヤーと、一ノ倉まで行くスキーヤーと半々くらいか。 Y田さんのユニークな経歴を聞きながら(早口で時々聞き取れないけど相槌を打ちながら)、先を目指す。 お手製のスキーアイゼンを試したいと持参していたT葉さん。改善の余地ありとの判断。着脱にも時間がかかり、また、足がつったー(;'· H;)とのアクシデントもありやや遅れたため、先に肩の小屋で大休止し周囲の山並みを眺める。 一ノ倉を越え、ドロップポイントが近づく。覗き込むとなかなかの斜度。でも、ほどよく柔らかくなった雪質のおかげで、滑りすぎる心配はなくひゃっほー!!と滑降開始。 U海さんやY田さんは、それぞれのスキー歴を物語る華麗な滑り。 私は、安全で楽しければよい。という言い訳的な持論のもと、へっぴり腰で斜面を引っ掻き回す。とにかく広い。 当然、あちこちに大規模なデブリが出ており、慎重に下る。 雪崩の巣と化した谷の中で休止もしておれず、少し疲れてきた大腿をだまくらかしながら湯檜曽川の出合に着く。ここからは重い雪の上、スキーを漕いだり、一か所渡渉もあったりして「これぞ春の山スキー」と大満足の一日になった。      

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged , | Commenti disabilitati su 2014/4/13 Ichinokuradake tappeto erboso Kurasawa sci alpino

2014/4/6 Rocky (tutti tre volte) prima Atera corso d'arrampicata

メンバー:おさぽん(企画・講師) 、M野、K美 、T中、O原、S水(良) C葉、N澤、Y岸、K保、N田、S水(三)、はなぷー(レポート) 体験:H野、Dあん 初めてのレポート投稿が、こんな大事な山行になってしまって焦っているが、講師のおさぽんさんの命令なので謹んでお受けします。 2年ほど前にOACメンバーも加わっての岩場開拓・整備をしたと聞く、飯能にある阿寺の岩場。立派な看板やテーブル、椅子があって驚く。アプローチもごく僅かで駐車スペースには仮設トイレも設置されている。 ルートは20ほどあり、私でも登ることのできるグレードも充実していて嬉しい。登れないルートばかりだと意気消沈してしまい先に進めなくなってしまうので、簡単なルートでも「登れた」という達成感が味わえるのはありがたい。   「さ、じゃあ始めようか。登って。」みたいな幕開け。初級者軍団はビビる。「あ、どーぞ先に。」「いえいえ、どーぞ。」と謙虚に譲り合い、お互いの優しさを再確認する。 ジムとは違った緊張感を伴うビレイ。 経験に応じ、2グループに分かれての講習。上級者はダブルロープや支点の取り方、懸垂下降などを練習し、私達初級者は、お互いにビレイをしつつトップロープでいくつかのルートを登ったあと、簡単なルートでリードをするところまで。ちょっときついかぶり越えのルートも何とか通過。 心配されていた雨も、時々ぽつぽつと当たる程度でクライミングには支障なく昼食後も登ることができた。 最後には、みんなで「手を使わないスラブルート」を交替でチャレンジし、それぞれのパフォーマンスに笑いと拍手。なんと言っても大取りは講師の長田さんの「鶴の舞」。足で登り、手でバランスを取る、その極意を目の当たりにする。 資料作成から準備、運営等々本当にお疲れ様でした。おかげで一日、本当に楽しく無事に充実した講習を受けることができました。 皆様、どうもありがとうございました。

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged | Commenti disabilitati su 2014/4/6 Rocky (tutti tre volte) prima Atera corso d'arrampicata