Monthly Archives: July 2014

2014/07/27Adatara Abukuma River tributary mountain cedar Tagawa

メンバー:O田L M野SL N澤 K保 他 遠藤ヶ滝駐車場7:15→お寺7:25→遊歩道終点入渓7:45→8:15ナメ10mウォータースライダー8:35→4m滝左8:50→7m滝左9:05→6m滝左9:15→10m滝右9:45→7mトイ状滝左10:10→二股→2段10m10:40→11:05遡行終了点11:15→ツメ作業道(廃道)→11:50仙女平登山道12:00→12:50支尾根下降点→13:25駐車場 今年は東北の沢に行こうと思い立ち計画を何本か考えていた内の一本で、勝手に東北沢シリーズ第二弾と名付けてます前日までの天気は良かったのですが日曜日の天気が微妙でヤマテンでは東北北部及び奥部の山は荒れるとの予報でしたが安達太良山はギリギリ大丈夫そうでしたので行ってきました。 土曜夜発なのだが、私の用事(飲酒)で車が運転出来無いので、代わりにN澤君に私の車を運転してもらって皆をピックアップしてもらい、最終的に大宮駅で私(酔っ払い)を拾ってもらう    東北道に入った記憶が無いのだが気が付くと高速の最終SAでした。ありがとうN澤君!!本宮ICを降りてコンビニで食料飲料(未だ呑むか)を調達した後、駐車場に25:50着テント張ってから、外で蛍を見て少し飲んでのつもりが27:00就寝 6:00起床が6:15起床?アレッ??昨晩より風が強まっている、もしかしたら前線の通過が早まっているのだろうか?出発を急ぎたいが、おにぎりが美味しくて全員で頬張るご馳走様ですK保さん!寝坊した分7:00出発が7:15出発にズレル、空を見ると未だ太陽も出ているので崩れないうちに遡行終了したい!最初は道路を歩いてお寺に行き遠藤ヶ滝まで遊歩道歩く、歩き出して思いっきり酒が残っているのを実感する。脂汗が滲み出るので早く沢に入りたいが遠藤ヶ滝近辺は祠が祭られているので、その先から入渓するとイキナリ滑滝が広がりテンションも上がる! 30分も歩かないうちに最初の目的ウォータースライダースポットに辿り着く、若干水量が多い気もするが自分からやらないと、誰もやりそうに無い雰囲気だったのでハーネスも脱がずに早速滑走~ヒャッハァー!!It was thought even for a moment!?ザッパ~ンっと釜に飛び込んだ瞬間に鼻から水が入り咳き込む大丈夫だと確信したらしく他のメンバーも次々とスライダーを楽しんでいる今日初めての初心者の娘は2回目にはゴーグルをして飛び込んでいた楽しいのだが濡れるとそれなりに寒いので体を暖める為に歩き出す。 最初は4m滝左側を登る、次の7m滝も左を登る初心者だけ確保する為にザイル出して他のメンバーはフリーで突破、6m滝は側壁をヘツリ気味に登る最初ザイルは出さなかったが初心者の娘が足を滑らしたので登り切った所からザイルを出すも良い所に支点が作れず、へつっている為ザイルが斜めになってしまうので滝の落ち口にてM野君に肩がらみでビレイしてもらう、以降の滝では全て初心者のみ確保する事にする。10m滝は右側から7mトイ状は左から全体的に左側を登る事が多いです。滝は、ほぼ全部登れるので楽しいですが結構脆い所も有りますのでホールドスタンスの確認は慎重にして下さい。ここで最初の二股に来るがもっと手前かと勘違いしてしまう、全部の滝でザイル出していたから時間掛かっていたかと思いましたが、よく考えれば他のメンバーはフリーで抜けているんだから、それほど時間掛かっていなかったようです。その後2段10mは右から登って中段からは右だったり左だったり水流をシャワーだったりして登る、右から左が1番楽で次に右から右最後に右から真ん中シャワーです。     やはりM野君は真ん中の難しい所へと喜んで突入そして他人にも強要するここが終ると滝は無く、落ち着いてきてチョットだけ源頭の雰囲気も出てくる、注意して右岸側を見つつ20分ほど歩くと赤テープ発見です。遡行終了点なので装備を解き靴を履き替える、ポツポツ来ていた雨がここに来て本降りになりだす。降り続かないと思っていたのだが寒さに耐えられずに合羽を着てツメへと突入!今回は赤テープが豊富との事だったので安心していたのだが夏になり笹が伸びたようで所々でロストしてしまうも良く探せば発見出来たので助かりました。整備をしていただいている地元山岳会の方に感謝です。       30分程で仙女平の登山道へ復帰すると、雨もやみ再び太陽も出る。ここで間違えたら、かなり悲しいので地形図とコンパスで確認して登山道を降りる、登山口まで行くと行き過ぎなので870m付近から登山道を外れて右手側の支尾根を下降する。途中駐車場迄あと10分の所でメンバー2人とはぐれてしまい探しに行ったり待ったりと10分ほどのロスがありましたが幸い電話が繋がったので駐車場で落ち合う事にして下降する。林道を突っ切り沢に当たったら少し左に向きを変えて降りていくと橋が見えて駐車場の看板裏へとドンピシャで降りられた。駐車場にはメンバー2人が先に着いたようで荷物を干しながらノンビリと我々を待っていた。今回も又我々以外には誰にも会わず沢を独占していたようで楽しかったしかし裏を返せば何か有っても他のパーティーの助けは借りられなかったのだと思うと降りてきたのに気が引き締まる思いがした。 岳温泉で汗と沢の臭いを流して、御食事処 成駒さんへ(食べログ3.53)名物のソースカツ丼に温泉卵を載せて食す~!!うまいっ自分の中ではソースカツ丼ベスト3に入ります普通盛りでも十分満足!ソースカツ丼(ロース)1000円(ヒレ)1050円温泉卵100円税込みでした。しかし山梨や長野もそうだけど地方のカツ丼というとソースカツ丼が多いなぁと実感、そして先週も山梨でソースカツ丼と鶏もつ食べていたなぁと、各地のソースカツ丼グルメレポ出来るかなと思ってしまった。食事後時間があったので、皆で温泉街を少しフラフラ散歩する。K保さんが味噌饅頭を購入して配ってくれました。味噌が香ばしくて思いの外、美味しくて皆お気に入りの銘菓になりました。二本松ICから高速に入り渋滞も余り無く20時過ぎには大宮到着解散出来ました。 さて第三弾は何処が良いかなぁ~!?甲子温泉方面か奥日光か又々安達太良で湯川か悩む~        反省点:初心者には大丈夫か?どうかは聞かず、又本人が大丈夫と言ってもザイルを出す。出来たら入渓前に靴のフィッティング状況を確認する。緩い様なら締め直す。それでも遊ぶ程緩い様なら遡行中止も考える。登山道以外での後続の確認は5分毎でなく2.3分毎にする。特に藪や木が濃くなる所では、入る前に立ち止まって全員揃うのを待つ、10m以上の滝があるなら40mもしくは50mのザイルを携行する。  

Posted in Climbing report | Tagged | Comments Off on 2014/07/27Adatara Abukuma River tributary mountain cedar Tagawa

2014/7/21 Tamagawa river valley Kanazawa Shuigen

Members: planning U sea (L) N fields S fields Y fields T fields I village W side of (report) Kamanosawa Higashimata 1 night, was disappointed called off because of thunderstorms forecast for the night, but out as an alternative proposal 8:30 むかし道へと入り、「ここは入渓点ではありません」との看板を通りすぎ、工事の作業用具置き場のような所から踏み跡通りに沢へ降りる。 なんだか水の量が凄まじい。 最初の滝は左壁をへつって登る。水流近くはいいホールドがないようで上がれず。初っ端からずぶ濡れになる。   次の二条の滝は中間部からでも、右の水流伝いでも。上部の岩はつるつるでホールドがなく、私はS田さんから差しのべられた手をありがたく掴んで上がる。   ミニゴルジュ帯では、登りやすい小滝も多いが、いかんせん水勢が強い。取り付こうとして剥がされ、押し戻されるやら寒さで時間切れに…などなど、濡れねずみなりにアタックを繰り返す。 この倒木を綱渡り風に利用するという非常にバランシーな技も出る。   コケティッシュな岩をへつる、へつる。   この水流を、足の長さを利用してN田さん跨いでクリア。I村さんあと数センチのナイスファイト。落ちても釜が深く、怪我の心配がないので、思い思いに楽しめる。   CSトイ状4mは、突っ張りで。またもや水流で突っ張り体勢に入れない。寒い。ここはロープをフィックスしてもらい、取り付きまでロープ頼りに行く。   凍えるN田さんとY田さんの突っ張りの模様。   時に日が射し、優しい渓相も見せてくれる。   そしてまたへつる。   11:10頃、半円の滝。ここも突っ張りで行くが、細かいスタンスがあるし、岩が滑らないので不安はない。   ここで待ちに待ったお楽しみの時間。激流ウォータースライダー!「ほんとに平気?」と何度も確認し、N田さんの笑顔と頷きで決意。流れに腰を下ろすと、躊躇する暇もなく押し流される。   突っ張り中のT田さんとI村さんのトンネルをくぐってのスライダー。みんな、次々に滑る。U海さんも、半ば強制的に参加。あー、楽しかった。ふと見ると一人、参加せずはしゃぐ大人達を傍観するS田さんがいた。   その後も、いくつかの小滝が出るが、やはり水の多さと寒さで難しさを感じるところがある。スタンスを探している間に被る水の冷たさに耐えられず、出直したり。   滝裏から手前の水流の向こう側に頭を出して、直登。   その後、上流に行くにしたがい更に水温が下がり、水線通しに行くことがちょっとだけ嫌になる。シャワーで登るN田さんの動きを観察し、ほうほう、なるほど。と頷いた後、全員その滝を巻いたり。「裏切り者ー!」の声が遠くから聞こえてきた。 14:00Susumu, does not look quite the intersection with the road Mizunesawa altitude does not rise divided into right Ohori swamp, and out to the forest road and up the slope of the right that seems to climb. :20Shimoyama start. N Field's, Y's field Shimoyama and running. After five, 15 while the lecture of this and that mountain:05I arrive in the parking lot. I think that it was more fun air temperature is high, but it is playing with water satiate, it was regression of large enhancement.

Posted in Climbing report | Tagged | Comments Off on 2014/7/21 Tamagawa river valley Kanazawa Shuigen

2014/7/13 Table Dan Kanazawa water without Kawamoto Valley

The offer to field leader N (L) S field U I sea side village in W (report) prior, and, want to practice climbing in Purujikku and how to ensure the second: members. 8:30 キャンプ場を出発し、ほどなく入渓。はじめに出てくる堰堤は、左に残置鐙もあるが、その手前に新しげな鎖がありそちらの方が安定している。 F2で、先に登ったS田さんに確保してもらいながらのリード練習。上からの確保の安心感がなくても同じように登れなければ、墜ちる。落ち口で半マストでのセカンド確保の練習。   続くF3ではI村さんのリード&セカンド確保練習。私のビレイは張りすぎる、とリーダーより注意を受ける。   いくつか現れる簡単な滝群を、先頭で歩かせてもらう。斜瀑の一つで、プルージックの練習。なかなか登りにくい。使うシチュエーションは多くなさそうだが、いざという時の為にできなくては。 F5は、右側に鎖があるが、それは手前の方で切れており、代わりにロープが張ってある。とってもいやらしい滝だったけれど、残置スリング、鎖、S田さんがかけてくれたヌンチャクなどなどを掴んで越える。   書策新道が横切り、涸れた沖ノ源次郎沢を左に見て、その先すぐに1:1で木ノ又大日沢と出合う。そこは気を付けて左に入るのが本谷。覗き込むと6mチョックストーン滝が見えることで確認。ここは、滝の右側から登り、大岩の上部にある残置スリングを使ってほぼ腕の力だけで身体を上げる。いい足場になりそうな所に、小さな鳥の巣。まだ目も開かない、赤い皮膚に産毛だけの小鳥が4羽動いていた。   スリングを掴むまいとホールドを探るI村さん。ある物はなんでも使う私とは対照的。   この写真がボツになっていなければいいのだけれど…。大休止中のリーダー。   看板だけのF7を過ぎ、1:1In the encounter with the gold shea cold swamp, to the right. :40Go up to the ridge line at the bottom of the Tono-dake and panting a little. 14:10After this, U sea and Mr. Leader, Shimoyama and running. 15:303 people also descent in 20-30 minutes can be delayed by the two people above.

Posted in Climbing report | Tagged , | Comments Off on 2014/7/13 Table Dan Kanazawa water without Kawamoto Valley

2014/7/6Adatara Stone Mountain five hundred tributaries feast Chuan Chuan

9:10 → 10:35 two-stage field O L K coercive 7:40 mother formed the Green Line Choshigataki Parking 8:05 → 8:45 Choshigataki 8:50 → 9:05 NyuKei point regression-start: Members ………….奥多摩や丹沢の感覚が抜けていなくて遡行時間と下山時間のチェックを忘れていました(汗)地形図で確認した長さから大体8時間前後かなと当たりを付けてスマホでググると、ソロの早い人で6時間、遅いと10時間オーバー、遅出して泊まりの人も居るが大体8.9時間なので9時までに入渓できれば遅くとも18時前には戻ってこれるだろうと装備チェックもソコソコに出発!最近フリーばかりだったので、ザックを背負っての歩きは思いの外息が切れた(トホホホ 時間が無いのに何故か銚子ヶ滝を見物しつつ何とか9時過ぎに入渓する。遡行開始直後は約一時間のゴーロ歩きと小さい滝があるだけでザイルが必要な二段20mは、その後との事だったので時間も無い事だし、兎に角テクテクとひたすら歩きまくるのだが茶色い水苔が結構嫌らしくて、ナカナカ歩行スピードを上げる事が出来ない、しかし水が綺麗なのでテンションは上がっていく! 何の気無しに右岸側に誘い込まれると右手にソコソコの高さの滝が見える!時計を見ると一時間が経過していたあぁ〜あれが二段20mかぁぁ、折角ザイル持って来たけど、このまま上に行ったら使わないぞ(・_・;どうする?戻って登るか?と自問自答してみましたがメンドイので通過(笑)しかし10分ほど歩くと上流からドウドウと滝の音がする。近付いてみると前日迄の雨の影響か?何時も水量豊富らしいが更に豊富な2段20mが出てくる。取り敢えずザイルを出して右壁に取り付くが、シャワーになら無い筈が飛沫で濡れる濡れる遡行記録を読むとフリーで突破からザックを下ろして空身で突破まで各種色々だったので念の為ザイル出しましたが、上部で左側からの出っ張りが鬱陶しいけどスタンスは在るので身体を岩から離して踏ん張れば後は手を適当に拾うだけなので、クラック経験者とかならザイルは不要かもしれません。フォローのK保さんもサクサク登ってくる。残置はハーケン二枚にお手製テープスリング一個です。残置ハーケンは結構効いてましたが下向きです。             その後は適当にサクサク滝を登って綺麗なナメと釜に感嘆しつつ上流へと遡行する。広葉樹だからか木が覆いかぶさっているが、陽の光を通すので沢全体は明るく、苔が綺麗で屋久島を思い出していた。ふと周りを注意して見ると、両サイド迄の幅が広いので気にはならなかったが両サイドは結構切り立った岩壁だ。何か有っても登り切るか降りるか、どちらかしかないです。 そうこうしてるウチに遡行終了点の二俣へ高度計と地形図に遡行図で確認した後、GPSで現在地を確認して間違いの無い事を更に確認して、ツメへの突入の為にコンパスで方向セットしたらGPSは格納して支沢に突入〜!忠実に支沢沿いに行けば徐々に枯れて30分後くらいには自然と藪コギになりますが、途中2本くらいコンパスの方向への支沢や枯れ沢が入り込んできます。ただ先を確認していけば問題無いです。久々の藪コギ30分はハードでした最後は笹でなく木を避けて登山道へ復帰、装備を解いて靴を履き替えてと思ったら、装備チェックが甘く靴下を忘れたので、面倒臭いしフェルトは自分で張り替えてみる予定だったので、沢靴で下山するも、やっぱりフェルトは泥に弱いですねぇお尻が痛かった和尚山へ登り返して下山する時に遡行した石筵川が緑の谷になって見えていて結構長いね~!と言いつつ良く歩けるもんだと互いに感心しつつ駐車場へ。長い下山と登り返しで汗だくなので、磐梯熱海のかんぽの宿に行きお風呂に入ってから、あたみ食堂で焼肉定食を食べて帰路に着きました。 今回は沢遡行中もですが、登山道に出ても誰も居なくて思わずK保さんに熊鈴だしてもらうくらい静かな山行でした。      

Posted in Climbing report | Tagged | Comments Off on 2014/7/6Adatara Stone Mountain five hundred tributaries feast Chuan Chuan

2014/7/6 Maekawa big Takizawa

Members: midnight, 13 people members a total of Saturday 5 days I hold S fields Swamp T I village K Village N River U sea F forest N field F Sawa K Sawa S water W side (Report) July, and rally to 3 units Yonezawa 8:15入渓 滑川温泉下の橋そばの駐車スペースまで車で移動し、そこから即入渓。朝から結構暑かったので、アプローチが短いのは助かる。入渓前の1枚。会長の「1たす1はぁ~?」の掛け声で苦笑ぎみのメンバーも。   心地よい斜度、しっかりとソールを捉えてくれる岩石で快適な滝を次々と越える。気温が上がって飛沫も気持ちよく、みんな表情は緩い。   極上のナメ床が幾度も現れる。他所では「千畳の…」と名がつき、名所になりそうな景観であるが、ここでは当たり前のようにそれを味わうことができる。鉄分の多い水質のせいか、沢床は茶褐色に染められている。   快適そのものの遡行中に1枚。前のお二人のポージングが意味するところは…?   思い思いにナメや釜を楽しんでいると、突如「あ、あぶな~~い。」とN田氏の気が抜けるような声が。抱えられ、釜に沈められ、今まで上半身を濡らさないように気を遣ってきたみっちゃんの努力は、一瞬で文字通り水の泡となる。そしてそれを見て喜ぶOACメンバー…。 こうして、時々誰かがN田氏の餌食となる。   そしてそして…いよいよ…という程時間はかかっていないのだが、この沢のメインディッシュ、大滝が姿を現す。   9:10 大滝 これはでかい。100mとも120mとも言われているが、どちらでもよい。とにかく圧倒される存在感。しかも、轟音を立てて落ちる荒ぶった様相ではなく、するするとナメ肌を滑り落ちるような水流が美しく優しい。このお天気に来られたことが本当にラッキー。 ここで、会長から「10分くらい休憩」との号令が出る。   しかし。泳ぐは、滝に打たれて修行するメンバーはいるは、「あそこまで上がれるよ。」という魅惑の誘いに猛烈なシャワーの中ではしゃぎまくる大人はいるは…で一番の大休止になってしまった。   滝の落ち口を見上げると、青い空に躍動する飛沫。こんな所に自分がいることに感謝しつつ先へ進む。大滝の巻きでは、急登をぐんぐん上がった後にいやらしいトラバースがあり、ロープを張ってもらって越える。滑りたくないなあ、と思っているとそういうイメージに絡み付かれる。私にはイメージトレーニングが重要かもしれない。「滑らない!」と自信を持って足を出せる気持ちの強さを身につけたいものです。   へつり困難な釜では泳ぎも。太陽があったのでまだいいが、どっぷり浸かるのはやはりまだ寒い。取り付きも滑るしスタンスも見つかりにくいので、水から出るのに時間がかかると凍える。メンバーの動きを見つめる先輩たちを写真で改めて見る。安全で楽しい山行のために力を尽くしてくださっていることに、本当に感謝します。   そしてまた、幾つもの滝を行く。   敢えて、快適ではない方を登るメンバーも。あまり発声せず我が道を行く系のI村さん。   この落ち口の手前では、直登できそで、でも水量が多くそれは断念し右から巻いたのだが、ロープを張ってもらってもなかなか危なそうな足場のトラバース。それを見たS田さんが、工作し直し、全体重をかけてロープを掴んで行けるようにしてくれた。臨機応変な技術と行動力に見とれる。   女性メンバー揃って、F沢さん指導の「モデル立ちで」。様になっている4名と、恥ずかしさからか、どうしてもできないF森さんとW辺。   頭上に吊り橋を見ると、その先は巨岩帯になり、一つ一つの岩を越えるのに時間を要する。ボルダーチックな岩越えや苔の多い景観、一気に水温が下がる変化など楽しみは多い。 15:30This time leaving the regression-end mountain trail, to Kuguridaki not extended his leg, and into the swamp to play. 17:20 滑川温泉着 下山は1時間半くらい。途中、足を痛めてしまいゆっくりと下山するメンバーと付き添いのS田さんを待つ間、非情にもN田さん以下2名はビールを飲み始める。先に滑川温泉で身体を温めてきたメンバーに羨望の眼差しを向けながら。 日帰り入浴の時間がとっくに過ぎているにもかかわらず、旅館の方のご厚意で全員入浴できました。ありがとうございます。 今回の沢は、どの滝も、長く広いナメ床も、深緑色の釜も、どこを切り取ってみても素晴らしかった。1日でそれらを味わい、とても贅沢な遡行となった。 13名という経験のない大人数での遡行。梅雨時で水量も多く、過去にこの沢の経験があるメンバーは「いつもより難しかった」と。的確な判断と安全確保をしてくださった先輩たちには本当に感謝します。    

Posted in Climbing report | Tagged | Comments Off on 2014/7/6 Maekawa big Takizawa

2014/6/26 Dan Zexuancangchuan small Kawadani porch

Members: N field (L) F森 W辺 前回の丹沢デビューに引き続き、この週も丹沢へ。 丹沢一の美渓と謳われ、有名な大岩・ナメや小滝が連続するゴルジュで快適な遡行が楽しめる…との情報。計画段階にわくわく気分でリーダーに連絡をしたところ、「そんなにほのぼのではないでーぷ。」という返信…。 また一気に緊張モードに突入し、遡行図やネット情報を漁る。「大丈夫かな、私?」度は今回もやはりだいぶ高い。 6時、川口の道の駅で待ち合わせをし、平日の首都高渋滞を「皆様お仕事ご苦労様です!」とやり過ごして玄倉の先、穴ノ平橋駐車スペースへと向かう。 9:15The start walking, get off to a thicket swamp from portable toilets back. :35 小川谷入渓し遡行開始。 チョックストーン滝は、岩右側にある倒木を使って登る。つるつるでホールドが見当たらず、F森さんにお助け紐をもらう。   せっかく岩右側から登ったのに、懸垂で降りていくリーダー。「せっかくだから」という、まだ私には理解し難い理由で岩左側を登り直しにかかる。   そしてザブザブ濡れながら、乏しいホールドの中を再度登る。   F森さんも行く。「せっかくだから」。私にとっては、「せっかく登ったのに降りちゃうんですか…。」ですが。いずれ。   写真では伝わりにくいかもしれませんが、結構な水流。   陽だまりで濡れた身体を温めるF森さん。水も滴る…です。   その先、いくつもの滝を越える。美しい佇まいの滝に数秒間見とれ、緊張感に引き戻され…が続く。それでも、高度感のある滝は多くなく、私でも恐怖心は抱かずに遡行できる。   どの滝をどんな風に登ったかなんて、もう覚えていない。それくらい滝が連続する。飛沫を浴び、時に釜に浸かり、フリクションを信じよう信じようと試みながら滑りそうな一歩に体重をかけ。   裏側を通れる滝。特に通らなくてもよかったので左壁を登る。   13:15 有名な大岩に到着。真ん中にロープが垂れている。   公園のアスレチック気分で、ここばっかりはにこにこ顔で登った私。   岩棚のゴルジュ帯に入る。狭い渓に光が入り、それはもう、いい雰囲気。   リーダーがトップで越えたこの滝、右側残置ハーケン目指してルートをとると良くないながらもホールドが見つかるが、水流に近づくとまったくのつるっつる。この局面で…と思うような体勢でリーダー突破。見ているだけで心臓が口から出そうになる私。 この後は、また小滝が続き、小ぶりなトイ状・ナメも楽しめ、にこにこ遡行。岩塔ではサイレントの復習のため、最後に残る。声の聞こえないところはやっぱり緊張する。こうやって、少しずつ鍛えてくれようとするリーダーの愛のムチをありがたく受ける。 最後の8m滝は、時間切れを理由にし、左から巻く。巻きもちょっといやらしいが、沢に降りる所にはトラロープがセットされている。 15:35The encounter with Higashisawa, regression-end. 16 without a justified:00, Shimoyama started using the Nakanosawa route. There is also a slope traverse it was about to collapse, but the ropes are stretched to such a place. 16:30The safe return to the parking space.

Posted in Climbing report | Tagged , | Comments Off on 2014/6/26 Dan Zexuancangchuan small Kawadani porch