Archivio mensile: Ottobre 2014

2014/10/26 Tanigawa Ichino Kurasawa Eboshi Sawa parete posteriore Minamiryo Franke

日程:2014年10月26日 メンバー:I、A津さん(イオりん) 当初の予定は25日に南稜フランケ、26日はどこかでフリーということであった。 【プロローグ】 各自、谷川ベースプラザに25日am5時集合ということで24日(金)夜に水上に到着した。 ベースプラザ1Fは夜間でも駐車できるということなので、入ろうとすると規制ロープが… 立て看板を見ると、入れるのは朝7時以降。混雑時期の土日は少し下のPに駐車して下さい。との御触れが。 仕方なく、そのPに向かうと、慰霊碑横であった。周囲は真っ暗で自分の車以外に人がいる気配はなし。トイレの灯りもなし。 このまま未明までここにいると、見てはならないものを見る予感がしたので、土合駅で仮眠することにした 待合室には2名のクライマーらしき方々が。ちょっと安心。 車で仮眠していると。AM2時前にケータイが鳴動。イオりんからである。 嫌な予感がする。 話を聞いてみると、水上に到着してコンタクトを外そうとしたら破損した。替えのコンタクトもないし、メガネはあるがスポーツタイプではないので登攀は出来ない。一旦、埼玉に戻るので登攀は翌日にして欲しい。とのこと。 でたよー・・ハプニング王子。 無理言っても仕方ないので、承知した。 とりあえず、朝まで寝るか。 翌朝、8時頃起床。さて何するか。とりあえず飯だな。 なにを食おうか。ふと、前々より気になっていた、みなかみのデカ盛り食堂「あしま園」を思い出す。 とりあえず、臨戦態勢を整えるために、近くの公園で1時間ほどジョギングをする。 そして、あしま園で「特製オムカレー」を食す。 「うん、うん、うまい」ボリュームも満足。 そして、湯テルメで汗を流し、時間を潰す。 何だかんだで待ち合わせ時間に近くなり、道の駅に向かう。 イオりんと合流し、軽い宴会。 【26日】 翌日は慰霊碑横のPから出合まで歩くので、4時に道の駅を出発。 05:07 出合着。準備を兼ねて一服。 05:40 出発 右岸を歩いていくと、踏み跡が出てくる。そのうちまた沢に出る。 白いのっぺりとした岩が出てきたので、沢を渡りまた右岸の踏み跡に入る。その内、懸垂下降点に到着する。後続Pも後ろからきていたが、どうやら一番乗り。 06:40 テールリッジ着 07:26 南稜フランケ取付き 08:00 1P(Ⅳ )30m/リードI 事前の情報通り残置Pほとんどない。ランナウトに絶えながら登る。体感、グレード以上。 1P終了後、登ったのはどうやら「YCCルート」だと思われる。本来はもっとカンテを右上するようだ。 本来の終了点らしきものも右下数mのところに見える。 09:00 2P(Ⅳ )40m/リード:イオりん ここもランナウト。   09:55 3P(Ⅴ )40m/リード:I 核心P。そして寿命が縮まったP。 ハング下を右にトラバースし、新しいRCCがあり、そこから直上。細かいスタンス、カチ。 そして登っても一向に残置ピンがない・・ 気が付けば25mはランナウトしている。 腕がパンプしそうになる感覚がでてきて、もしここでフォールしていたらと思うと、ゾッとした。 数m上にフレークらしきものが見えたのでここで、カムをきめる。 結局、終了点まで、2箇所しかランナーが取れなかった。 フォローで登ってきたイオりんからトラバースで右に出て直上ラインも右では? ラインが間違っていたらしい。。。 たしかに直上後、右にトラバースして終了点があったな・・・ ルーファイだめじゃん。 テラスで小休止。 11:00 4P(Ⅴ)40m/リード:イオりん トラバースのラインが草付きで足元がかなり悪い。 フォローでの登攀中、ハプニングが 右目のコンタクトが外れ、落ちてしまった。 焦点が合わず苦戦。 11:45 5P(Ⅴ-)40m/リード:I 焦点が合わないので、リードを替わってもらおうかと思ったがやりたい気持ちが上回りリードする。 ランナーは腐ったハーケンが2,3箇所。直上後、右に行き過ぎたのか、YCCルートに入ってしまったのか、 終了点が2枚の腐ったハーケン。ハンギングするのも恐ろしかった。 トポでは途中から草付きに入るとあるが、よく分からずハング下まで行ってしまった。 12:30 6P(Ⅲ)15m/リード:イオりん トラバース悪い。絶対Ⅲ級じゃない。 13:00 馬の背リッジに合流 無事、完登できたことを喜び、感動の握手を すぐに南稜ルートを下降開始。 南稜テラスでは南稜を登攀していたパーティーが下降を終え、テールリッジに向かうとこだった。 どうやら、一番最後のパーティーとなってしまった。 16:00 出合着 ベースプラザに着くころには既に日が暮れかけていた。 時間的にはぎりぎりだった。 登攀を振り返ってみると、トポに記載されている「弱点をついて、フリークライミングのルートファインディングを楽しめる」はこなせたとは言い難いが、十分にアルパインを堪能できた。 しかし、だいぶ命を削られた一日だった。

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged , , | Commenti disabilitati su 2014/10/26 Tanigawa Ichino Kurasawa Eboshi Sawa parete posteriore Minamiryo Franke

~ ~ Fringe pistola sparando alta montagna a piedi radiomarcatura dominio Cong

2014Il 7 ottobre(Fuoco) Partenza Sera - 12(Giorno) 4Parco il 5 <radiomarcatura Dushan OK> Yamayuri <ictus> 7 ottobre(Fuoco) Shinjuku raffreddare ya ka numero di lettera di impostare 22:30Highland l'8 prix ~ (Acqua) 5:00 L'8 ottobre(Acqua) Kamikouchi Bus Terminal 6:30~ Yokoo Hill Chuang 9:11-9:30~ Yarisawa Lodge 11:06~ 11:10 Prendere la biforcazione di Minamata 12:16-12:38 ~ Norikoshi 13:45~ Higashikama cresta ~ capanna Daiyari 16:08-16:23~ Gun ke Taiyuanshan 17 Chuang:23 Time Line Chuang Hill Park Bu : Circa 11 ore 9 ottobre(Legno) Alba 5:49~ Yarigadake pistone 7:00-7:50 ~ Shanzhuangchufa 8:00Big Sun Yue ~ ~ ~ Nanyue 11 Zhongyue:10~ Cibo giorno Rifugio del Sud 11:30-12:45 ~ Hut fuori prix 13:00Per una grande vestiti Kiretto ~ KitaMinoru Sanso 5:15 Cammina tempo : Circa 10 ore 10 Ottobre(Repubblica Democratica del Congo) Nord Fringe Hill Chuang fuori prix 7:00~ Dry Kanazawa Yue Peak 10:10-10:32 Alpino austriaco Chuang ~ ~ Fringe Fringe Peak 11:4815:16 ~ ~ capanna Yue Kanazawa su Highland 5:00 Notti in hotel Kamikochi alpini Tempo di percorrenza: Circa 10 ore 11 Ottobre(Suolo) Kamikochi Alpen Hotel 8:00~ Cottura Yuedeng Yamaguchi 8:47~ Cottura rifugio 10:46-11:07 ~ Cottura cima della montagna 12:34-13:30 ~ Cottura rifugio 14:17 ~ Cottura Yuedeng Passo 15:50~ I tempi di linea Highland Springs Photonics Ester Parco Bu : Circa 8 ore 12 Ottobre(Giorno) Kamikochi Onsen Hotel checkout 10:00 ~ Passeggiata Kappa Ponte ~ Shin Shimashima autobus diretto 13:20~ Matsumoto Eki 15:14~ Espresso Azusa 15:19~ Shinjuku 16:06È seguita dal tempo di ritorno a casa sani e salvi <tempo> di due dei tifone valle ... dopo un lungo periodo di tempo autunnale ……………………………………………………………………………………………………………………………… 107 febbraio(Fuoco) Kamikochi pieno di emissione di raccolta del segnale rinfrescante bus ad alta velocità di Shinjuku partenza. Tre righe orizzontali di auto verdi è stato un sedile reclinabile confortevole. Il modo in cui mi è stato fermato e gnocco pista SA / Suwa SA. Questa scalata è stato anche tre volte è stato rinviato lancia Hodaka-grande Kiretto pianta longitudinale per il maltempo a partire dall'estate del Obon. Lo scorso fine settimana, il 4 ° (Suolo)A 5 giorni(Giorno)Dopo aver scalato il Monte Utsugi a, previsioni del tempo seguito da un segno di sole dopo un lungo periodo di tempo. In questo momento l'unico, ho puntato la sola scalata sulle Alpi del Nord. 8 ottobre(Acqua) Kamikochi Bus Terminal 05:00 vestiti. . 水俣分岐から、ダケカンバの黄色く色づいた木々を見ながら急登を1時間で登り上がり乗越に出た。 乗越から槍ケ岳へは 4.5kmの表示・・・槍はまだまだ遠かった。これから東鎌尾根の岩稜を 登って行くのだが 稜線から見る山々の景色は 心ゆくまで楽しませてくれるのでヒュッテ大槍までの2時間も苦ではなかった。ここまで来れば・・・もう槍ケ岳も目の前に迫ってきた。槍ケ岳山荘に到着したのは5時を廻っていた。朝から夕方まで快調な歩きであった。・・・夕日(アーベントロート)が赤く槍ケ岳を染めていた。素晴らしい景色だ。 夏に用意した食料をしっかり持ってきた。・・・ということは、それを食べなければ 持ち帰ることになってしまうので 「素泊まり」で泊まることにした。自炊室でお湯を注ぐだけの夕飯を作った。「香るグリーンカレー」「カルボナーラ風リゾット」「フカヒレ中華粥」いろいろな種類の超軽量食料、味噌汁、スープも、本当に美味しい。夕食を食べながら山荘から 月が欠けていく「皆既月食」が見ることが出来た。夜空を見上げれば 散りばめたような星が輝き、流れ星も夜空を横切って飛んでいった。素晴らしい時を過ごしました。部屋は夏の煩雑期と異なり8人用の部屋に 女性4人 ・・・上下段に2人づつ 、8時30分に消灯。ゆっくりと就寝。 10月9日(Wood) … Continua a leggere

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su ~ ~ Fringe pistola sparando alta montagna a piedi radiomarcatura dominio Cong

Vuoto in legno 2863.7m montagna

2014Il 3 ottobre(Oro) Partenza Notte a 5 giorni(Giorno) <Members> Kurochan & Bianco-chan, Yamayuri <percorso> 3 ottobre(Oro) Toda 9:00 Avvio ~ ~ Chuo Expressway Komagane IC ~ Mount Utsugi P pisolino 4 ottobre(Suolo) Lindau finisce nel cortile 6:30L'ingresso prix ~ sentieri escursionistici(Altitudine 1365m)~ Dislivello di campo 1500m ~ acqua 8:15~ Koma-ho Hutte - il pranzo (al nero di seppia Supagettei) 14:16~ Mount Utsugi vertice 2863.7m ~ Hutte notte 5 ottobre(Giorno) Koma-ho Hutte partenza 7:00~ Vuoto capanna di legno rifugio livello 7:50~ Campo Acqua ~ ~ Trailhead prodotti agricoli negozio Matsukawa IC ~ ~ ~ campi Kobe del Road Central …………………………………………………………………………………………………………………………………….. 103 febbraio(Oro) くろちゃんことOACのOB。久々のくろちゃん&しろちゃんとの山行。 中央高速を一路 駒ヶ根IC に向かって走る。4年前・・・2010年9月10日~12日 木曽駒ケ岳から宝剣岳を通って 空木岳の縦走をやった時、空木岳は雨が降って風があってとても寒かったことを思い出した。ガスっている中、巨岩のシルエットがとても印象的でもう一度登りたいと思っていた山だった。 明日の天気が良いのが何よりだった。順調に中央道を走り駒ヶ根ICで下りて駒ヶ根スキー場の奥、林道終点駐車場まで車を走らせた。途中から道は舗装されていない山道となった。駐車場にはすでに10数台の車が止まっていたがまだ余裕があった。丁度 東屋の屋根の下に車の後部を少し入れ駐車して テントを張った。とりあえず、テントの中で明日の天気と無事山行を願って「乾杯」 10月4日(Suolo) 朝5時 起床。他の登山者達は 早々と出発していった。朝食を戴いてテントを片付けて6時半に出発。空木岳山頂 2863.7m 登山口の標高1365m・・・標高差1500m だった。水場まで 2時間弱、 黄色い木々のダケカンバの木々の中に 時折 紅葉や赤い葉の木々が秋の彩を楽しませてくれた。丸木をくり抜いた水場は変わらず苔むしていた。途中の小休止で二人の若いお兄ちゃんを一緒になり、くろちゃんがチョコレートを一つづつあげた。「先に行ったら、ヒュッテの2階の窓の下の所の3人分の席を確保しといてね」・・・と、すかさずお願いしたのは誰だ (Ride) scalatori che con una borsa sotto la luce è venuta giù con forza. ” Me è stato ricevuto. Il annerito l'interno della bocca(Nero di seppia in ride) ... capanna? (Giorno) La pioggia dalla mattina, la pioggia di oggi, perché ho visto la luna nel cielo serale di ieri sera sta cercando un "bonus".

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su Vuoto in legno 2863.7m montagna

Monte Tanigawa occidentale Nero radice della coda

2014Il 14 settembre(Sat) è salito dal Nishikuro cresta fino alla cima, i corsisti lungo il crinale Tenjin: Miwako, Yamayuri partenza 8:00~ Confessione roccia 9:30Indietro 10 di Rocky-cammello:00~ Confluence Yan Gang New Road 11:27~ Hut pagare quasi 11:30~ 11:40Tomah orecchio-top Okino orecchio (1977m) 12:05~ Wc attesa di 1 ora di pranzo ~ capanna a partire dal 1:40~ Supporto Funivia 3:30 ~ Parcheggio 4:00 Tempo di percorrenza 6 ore di acqua calda Terme 4:50~ 6:00~ Acqua IC 6:30~ Numata IC esportazione 2 km prima di Yori Shibuya ritardo ~(Halley corps incidente di grandi dimensioni chiusura Kan'etsudo) per accedere ~ Akagi IC e non si muove a ~ n ° 17 grande ingorgo 9:00Troppo ~ Toda tornare a casa la mattina 1:30 …………………………………………………………………………………………………………………………………………. 914 maggio(Suolo) Il Tanigawadake Tenjin stazione piatto parcheggio sciistica molto, era stato già un sacco di auto parcheggiate. :30 & Nbsp; il vertice di Tanigawadake è diviso in due picchi, ogni orecchio Tomah (1,963m), Oki orecchio (1,977m) 目の前が「トマの耳」であるが、なかなか動かない。ちょっと様子を見に脇から登ったら、順番に写真を撮るために並んでいたのだった。「オキノ耳」も同じく、”目と鼻の先”でありながら、20分ぐらいかかった。美和子さんは 初めての谷川岳、とりあえず登頂記念の写真は撮らなくては! こんなに谷川岳が混むなんて初めてだった。谷川岳小屋のトイレは2台・・・これがまた 大渋滞!「トイレ1時間待ち」だった。この夏は天気に恵まれなかった。久々の良い天気に谷川岳に集中してしまったようだった。ロープウエイ乗り場に3時30分。そのまま並んだ。とりあえず駐車場に4時 無事下山。 谷川岳があれだけ混んでいたとなれば・・・湯テルメもそれなりに混んでいたが、とりあえず汗を流してリフレッシュ。水上ICに6時半に入ったが、掲示板に 「大事故により 沼田~赤城 通行止め」のサインが表示されていた。月夜野ICで下りるにも渋滞していたので 沼田まで走ったが沼田 IC の2km手前から渋滞にはまった。高速を下りたはいいが どの道路も渋滞していた。 事故は ハレー軍団の転倒事故・・・午後2時半に起き9時まで 約6時間半閉鎖された。何台もの大型バイクが転倒した大事故だった。・・・とりあえず、事故の中に巻き込まれたのでなかったのは幸いだった。9時過ぎにようやく赤城ICが開通してどうにか高速を走ることが出来た。自宅に帰ったのは、午前1時半・・・なんとも大変な谷川岳であった。お疲れ様でした。無事でなによりでした。

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su Monte Tanigawa occidentale Nero radice della coda

2014/09/06 alle 9/14 Hokkaido Mountain Brigade (Rausu Yue, Shari Yue)

《メンバー》Y田K子 第一部 初恋の・・・ 9月6日、北海道女満別空港に降り立つ、レンタカーを借りて     いざ知床へ! 北海道には十数回訪れているが、久しぶりの一人旅。 途中、斜里岳、知床連山が出迎え、明日も晴れる!と心躍り、ドリカムの「晴れたらいいね~」を熱唱する。 &nbsp; 今宵の宿は、羅臼にある 「とおまわり」 という宿で、宿泊するのは4回目。              とにかく魚がいっぱい出ることで北海道を旅する者には有名な宿。夕飯に出ためんめの湯煮(本州では「きんき」と呼ばれる魚、ちろっとしょうゆをかけて食べる)、旬の鮭の白子、イカのごろなど羅臼産の魚に、「うんめ~」とうなり声が出てしまう。                            でも、こんなにおいしい魚が次々と出て来るのに、私は、明日の羅臼岳との対面にあまりに緊張しすぎて、食べ切れなかったし、大好きなビールも飲めなかった。 初めて北海道を訪れた25年前。当時は、自分が山に登るとは微塵にも思っていなかった時だが、知床峠でその姿を拝見し、「わ~、この山かっこいい♡。」と思わせてくれた初恋の山、    それが「羅臼岳」だった。 それ以来、私にとっては憧れの山として、ずっと存在してきた。 そのあこがれの君への長年の思い、熊への恐怖、おまけに直前に登山靴が壊れ、ほぼ新品の靴で登らなければならないプレッシャー。 加えて、その宿に遊びに来ていた漁師が言うことにゃ、明日の天気は強い北風が吹き、北風の時は羅臼は晴れ(漁は良好)、一方で反対側のウトロ側 つまり羅臼岳は荒れる可能性があると聞かされ、緊張が増す。 (知床半島はオホーツク海と太平洋に挟まれて、両方からの海洋性気象の影響があり、天気が難しい。)                 え~明日の天気はダメなんて・・・。日程を延期すればよいのだが、延期すれば一人で登ることになり、熊が怖い。 どうしよう、最近、旦那に行程判断を委ねて、自ら判断をしていないと反省しながら、眠れない夜を過ごした。 登山の日、9月7日4時起床。5時に宿を出発。 … Continua a leggere

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su 2014/09/06 alle 9/14 Hokkaido Mountain Brigade (Rausu Yue, Shari Yue)

2014/09/22 Hakkoda

[Membri(King ha detto un po ')Asaka] (La responsabilità per il contenuto di un articolo) [Alloggio] notte Vehicle (Maedomari) [accesso] auto:Un centinaio di metri a Kanazawa(Iwaki)→ 3 No. → 394 Edizione → Sankeyu Onsen secondo parcheggio [tempo] e nuvoloso [tempo di percorrenza totale] nuvoloso 6 ore 00 minuti (Tempo libero incl.) [Tempo libero] Gordon ri · Numero 10 punti indietro(Una volta Riposo), Giorno e mangiare 30 punti, 50 punti più bassi ri(Una volta Riposo) [Non-consolidato] puro dislivello · differenza di quota dal:685m di distanza. camminare:8km 6:00 Acido ix Hot Springs sentiero → 7:20 Fata Dai → 8:30 Big Yue → 9:00 Big rifugio capanna → 10:00 No Hair On Dai → 11:00 In nessun Dai Mao(Pranzo) → 12:00 Sankeyu "'ll salire nord-est delle montagne" hot spring sentiero OBIETTIVO salito al Hakkodasan come terza rata. [Impressioni] il giorno prima è salito a Iwaki, nei pressi della sorgente calda in preparazione per il prossimo giorno di Hakkodasan(Tsugaru)Sono andato in. Hot Springs è davvero molto Tohoku, e poco costoso(I 400 yen o meno al visitatore)。まさに温泉天国です。少し山とは話がずれますが本当にいいところでした。 宿泊はいつもの車中泊。酸ケ湯温泉の駐車場に停めて一泊しました。 八甲田山は新田次郎の「八甲田山死の彷徨」で有名な山です。今ではロープウェイ、整備された登山道があるため、危険な個所は特にありませんが、道を外すと有毒ガスがでている箇所もあるので油断は禁物です。このような殺伐とした箇所はありますが、それとは別に、下山途中にある毛無岱は尾瀬を彷彿とさせる綺麗な湿原帯です。 今回の山行は、天気予報は「晴れ」でしたが、山頂付近は曇っていました。軽い気持ちでそのまま登っていましたが、山頂まで登ると暴風雨。「あれ?」「ちとまずい」と感じ、早急に下山しました。避難小屋までくると風は止みましたが、途中一緒だった地元の登山客の方には「八甲田山の天気は気まぐれですよ」と言われました。今後は天気読みの勉強でもするかな。 いろいろありましたが、総括すると八甲田山は登りやすいいい山です(※今回の周回コース)。 【本文】前泊先は酸ケ湯温泉の駐車場で車中泊を決めました。酸ケ湯温泉前の駐車場も停めれますが、広い第2駐車場にとめるのがお勧めです(綺麗なトイレもあります)。 八甲田山の登山口は第2駐車場の目の前にあります。登山口からの道は整備されているので、迷うこともありません。 登山途中には「地獄湯の沢」といわれる沢があります。この沢に沿って登っていきます。岩がゴロゴロしていますが、ここも整備されているので見かけほどではありません。 仙人岱につくと仙人岱避難小屋に向かう分岐にきます。避難小屋へは向かわずにそのまま大岳にむかって登っていきます。このあたりから霧と風が強くなってきました。大岳の登り途中には草原と鏡沼があり、天気のいい日には見どころみたいですが、なにも見えません(失笑)。天気予報は快晴なんですが。。 大岳の登りは小石が敷き詰められ整地されています。通常であれば登りやすいんでしょうが、このあたりは下山したほうがいいのでは?くらいの暴風でした。ここまで来ると登ってしまえ、と思ってしまうのは登山者としの性分なのかな。 頂上には途中ご一緒だった一組のご夫婦しかいなく、お互いに証拠写真を撮ると早々に頂上を後にしました。とにかく大岳避難小屋まで行って一休みしたい。急いで下山です。 大岳避難小屋までは登りと同じ小石の整地された道です。頂上から10分程度で到着します。避難小屋には5人ほど雨風を避けるために休憩していました。その中に地元の登山者がいらしたのでお話しを聞くと、「八甲田山の天気予報は当たらないことが多いよ。」と笑いながら言われました。登山者の中には神戸から来られた方もいらっしゃって、皆さん、こんな天気でも元気だな、キムタクと同じ歳である私としては負けてられないと、ふと考えました。 その後、避難小屋で風がやむのを待って毛無岱に下山開始しました。 因みに避難小屋はトイレ、簡易宿泊所があるのでかなり便利な場所です。 毛無岱は湿地帯で木道が敷かれているので歩きやすいです。気をつけなければいけないのは雨天時に滑りやすくなるくらいでしょうか。 毛無岱まで降りてくると、天気は晴れ。まったくもって天気が安定しません。 上毛無岱から下毛無岱まで、紅葉がはじまったばかりの草原と池塘(Satoshihigashi)L'allora Shimoyama comodamente durante la visione. (Era padre osservazione). [Processo] Figure Hakkodasan(1/25000) GPS log più.

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged | Commenti disabilitati su 2014/09/22 Hakkoda