每月檔案: 二月 2015

2015/02/01中津川滑沢アイスクライミング

メンバー:S(L) O  K 9:00こまどり荘駐車場9:25→F1→F5→F715:30撤退→懸垂下降及び歩きでの下降→F117:20→17:30こまどり荘駐車場18:00 今回、S田さんがアイスを始めた頃に行った滑沢に行きたいとの事で滑沢に行ってきました。滑沢の滝でアイスクライミングと聞いていたので傾斜もそれ程では無いだろうし、アイスと聞くとゲレンデ的なイメージが先行してしまいお気楽モードで遡行していて、ヘッデンギリギリになるとは思っていませんでした 駐車場に着いて車外に出ると、さっむい歩きもあるとはいえ日も当たらないしクライミング中の待ち時間もあるので厚着をして出発!今回リーダーでは無いので色々とお任せでした。つり橋を渡り切った所から右手の柵を越えてフィックスロープがあるのでそれを伝って降りるとF1下部に到着。F1を見上げると青くなっていないし滝も細く白い、S田さんが「あんまり状態良く無さそう」と言いつつも、折角準備して来たのだから「行ける所まで行きましょう」となり、そこでクランポン装着してロープ出して登攀準備出来たらS田さんリードでスタート 登る前に凍り方が甘い感じがすると言っていたが、実際そのようで下で見ていても軟らかいからかアックス、クランボンは良く刺さるのだが氷が良く壊れるそれでも傾斜が緩いから体力的には楽だろうけどスクリューが短い物しか決まらないようなのと氷が想像以上に軟らかく薄いので精神的にはよろしくないようです。セカンドでK保さんが登り最後私を引き上げてもらう。スクリューの回収でアックスを手から離してスクリュウを逆回転させなければいけないのだが、私のアックスはリーシュが付いているタイプなので邪魔で仕方が無かった(汗)F2はフリーで登ってしばらく沢歩きで高度を稼いで行くF3、F4と上に行くにしたがい何故か暖かく感じる実際上に行くほど凍り方が甘く氷の後ろを滝が流れているのが透けて見え音も良く聞こえた。 F6ではリードをさせてもらいアイススクリューを入れるが短い物しか刺さらず又廻しこんでいくとスクリュー周辺の氷が白くヒビ割れていくのは嫌な感じがしたF6登って一休みしながら最後のF7を見ると遠目にも滝が黒っぽく見えて凍って無いのが判ったがS田さんが登りたいとの事なので大休止後にF7へ下部は穴が開いて流れている滝が見えるものの何とか氷の厚さはあるが中間から上部が薄く5cmあるかどうか場所によっては3cm無いだろうそれでもS田さんはどうにか登れないかと廻りを観察して滝流芯左手側を登ろうとしてアックスをフッキング気味に効かせて体を持ち上げ左クランポンを蹴り込むと50cm四方の氷が無常にも崩れてしまう流石にこれではとなり又時間も15:30になろうとしていたので心残りだが最終のF7を残して撤退となった、アイスクライミングと言うよりは凍った滝を登る沢登り的な感じがして少しアルパインちっくでもあり岩稜帯の歩きや滝登り等色々な要素があって楽しめました 登る時は歩きも気にならなかったが下降でのアイゼン歩行は思いの外、脚にクルし歩行に気を使う懸垂下降は計5回したのだが新しいアイス用ロープは固くて絡まり易く、毎回パスタ状態になり下降途中で解す作業が必要になり時間がかかってしまった。F1を降りて河を渡渉してこまどり荘に辿り着くと既に真っ暗でヘッデンを灯してトイレに行くと、こんな時期のこんな所で誰も居ないトイレに暖房が効いていて自動点灯の照明が点くと日本の公衆トイレ事情は本当に凄いなと感心してしまった。 暗くなった駐車場で装備を片付け着替えて車に乗り込み駐車場を出る、道の駅大滝温泉は時間的に無理そうなので秩父市内へ向かう、この辺りまで来ていると下道が長い上に、夕方から夜の時間なので通行量も多くて秩父市内で19:30を廻ろうとしていたお風呂は諦めて御飯食べて帰ろうとなりレストラン エデンへカツが有名なようだが車内で味噌豚の話をしていたので全員ポークソテー(ジンジャー、ガーリック、味噌漬け)を注文して完食疲れているからか味付けもう少し濃い方が良かったと全員の意見でした。名物はカツかカツカレーのようなのでそちらの方が良いかもです行く前に折角研いだアックス・クランポン丸くなっちゃったから又々研がないとだ

發表於 爬坡報告 | 標籤 , | 評論關閉 上 2015/02/01中津川滑沢アイスクライミング

2015/1/17-18 いわき青葉

2015-01-17_バラ色のエアメール@青葉.mp4_000140038

メンバー:O原、N澤、I(記) 1年振りの東北クライミング@いわき青葉 日差しぽかぽかで、風が止むと半袖でもジンワリ汗を感じるほどの陽気。 ここは砂岩で近くの岩場ではお目にかかれない、 そして、ルートによっては終了点クリップ後、マントルを返して終了 いうものがありマントルが核心だったりするので なんともいやらしい。 前回宿題となった、 ・バラ色のエアメール【11b】★★★ RP マントル時の隠しホールドを地元のクライマーさんに伝授してもらい1年越しのRP。     ・カエルの喉チンコ【11c】★★★ × またしても宿題に・・持久力不足痛感         奇跡的にキャンセルがでたクライマー宿で、快適に過ごせました。 帰りの柏で寄ったデカ盛り店でカツカレーが食えなくて(売切れ) 無念。。 代わりに食したタンメンはボリューミー以外は特にフツーでした。

發表於 爬坡報告 | 標籤 , , | 評論關閉 上 2015/1/17-18 いわき青葉

2015/1/25 三ッ峠(地図読み講習)

三つ峠01②

メンバー:(L)A香、K沢、O薗、K籐 前日、机上での地図読み講習会を行い、本日はその実践版として、新年に相応しい三ッ峠(木無山・開運山・御巣鷹山)の、最高峰である開運山へLet‘s Go! 今回のコースは、三ッ峠登山口バス停からで、山小屋のジープで毎日のように(?)圧雪されている、言わば“林道”コースであるため、軽アイゼンでOKです。朝からお天気も良く、ハイキング気分での楽しい山行となりました。         登山口にて                 案内板 先ずは、本日最初の地図読みです。 地図とコンパスを出して、現在いる場所から目的地(開運山山頂)が、どの方角にあるか?を、導き出します。昨日教わった手順を思い出しながら、たどたどしく。。。 方角が定まったら、コンパスはそのままウェストポーチに仕舞い、林道の入口へ! ジープで圧雪されているとはいえ、たくさんの登山者のアイゼンで、路面はガリガリ君状態。。。しばらくは歩きにくい道が続きます。 コースのちょうど真ん中辺あたりにテーブルとベンチが設置してある場所があり、ちょっと休憩~ はい!ここでまた地図とコンパスです。先ほどと同じく、現在地から目的地の方角を割り出します。くねくね歩いた分、少し向きが変わって、みんなのコンパスが同じ方角に向いたところでOKサイン。 ベンチが凍ってて冷た~い。。         中間地点の標識          所々に管理用のジープが! 中間地点を過ぎるあたりから、路面のガリガリ君も無くなり、歩きやすい雪道に。そして地図で路面の傾斜を見極めます。もう少し急坂を上ると尾根に出て、緩やかになることが解ります。 大きめのカーブで沢沿いの樹林帯が開け、目の前のピークに鉄塔が1個。 K沢:「あっ!あれ、山頂ですか?」 A香:「地図を見ましょう」 そうでした。。。 いつも人に聞いてばかりで、自分で地図を見ようとしなかったのがバレバレ。 で、その鉄塔は御巣鷹山の山頂であることが判明。そういえば昨日、地図で鉄塔の数数えたなぁ~。。。(開運山の山頂には鉄塔のマークが4個) 尾根に出てしばらく行くと視界が開け、太陽の光が暑いくらいに! 木無山を巻いて三ッ峠山荘に到着し、いちばんのビューポイントから富士山を拝む。        目の前に富士山♪              南側斜面の崖 冬季休業かな?と思っていた三つ峠山荘は営業中で、無事ピンバッヂも購入し、見た目は怖いけどとても人懐こいワンコちゃんと戯れ、開運山山頂は、もうすぐです。  犬の方が逃げ腰(笑) 少し先の四季楽園(失楽園みたい。と思いきや、なんと大正10年創業の老舗でありました)を通過して、最後の短い急坂を登りきると、賑やかな山頂に!        富士山をバックに             石碑の裏側からも♪ まず証拠写真を撮り、またまた地図とコンパスを取り出し。。。今度は地図上で、今自分がいる位置を特定します(もぅ判ってますけどねP(*^ ^*))。これも勉強!勉強! 現在地から見える、何か目印になるものを2つ以上探し、今度は目的地の方角を割り出す手順と逆の手順で、自分がいる方角の延線を割り出します。2つ以上の目印から延線を割り出し、重なった場所が、ほぼ現在地。 最初は(内心)めんどくさいな~と思っていたものの、ちょっと解ってくると面白くなり、また天気にも恵まれて目標物が良く見えるので、今後も思い出したら地図を読むという習慣を身に。。。つけられたら。。。良いなぁ。。。と。。。 忘れそうですが(汗) 山頂は混んでいるので、途中の広くなった場所まで戻り、お昼ゴハンをいただき、やっぱり下りは早い早いっ! 三つ峠山荘で仲良くなったワンコに、「また来年来るよ!」別れを告げ、中間地点のベンチで一休みして一気に下山。 山中湖温泉 “紅の湯”にて、夕日で眩しい富士山を眺めながら気持ちの良い温泉に漬かって、帰路につきました。 講師役のA香さん、雪山デビューのO薗さん&K籐さん、お疲れさまでした♪      

發表於 爬坡報告 | 評論關閉 上 2015/1/25 三ッ峠(地図読み講習)

2015/1/10~11 冬合宿(硫黄岳) ピヨコ隊が行く!

①

成員:Seshimo的(L)·百合先生·s薩基古澤議員,黛安·垴瓚-Kamazawa(符號)2015年1月9日(黃金),因為沒有車來騎在兩天內設置4通宵,晚上,:00am に土呂駅にて、S埼さん&Naoちゃんをピックアップ。。カーナビを美濃戸口に設定し、順調にスタートを切ったのも束の間、走りだしてほんの10分~20分くらいしたところで、ふとナビ画面を見ると。。。! 「地図かCDを入れてください」(だったかな?)のメッセージが。。。 その後、CDを出したり入れたり、エンジン切ったり、あの手この手で元に戻らず(泣) 念のため持ってきていた長野県地図を頼りに、S崎さんにナビをお願いし、どうにか予定通り美濃戸口までたどり着く。ふぅ~。。。 ここで、瀬下さん・やまゆりさん・ダイアンと合流。 とっても良い天気♪ 美濃戸で1枚。 ここから北沢(赤岳鉱泉)方面と、南沢(行者小屋)方面に分かれます。今回は赤岳鉱泉泊なので、北沢へ。 この上ない美しい空。 空気が澄んでいるこの時期ならではの景色ですね。明日も期待できそうです。 セレブな香り漂う、キレイどころ2名♪ 年末からの雪で、この時期にしては積雪量が多いけれど、トレースばっちりなのでサクサクと歩きやすい道が続きます。 堰堤広場を過ぎて、やまゆりさんからのクイズ!ここから先に橋はいくつあるでしょう?答えは13個なのですが、みんなで数えながら歩いていくと、最後の13個目の橋を渡り、「もうすぐ赤岳鉱泉だ~!」と、喜んだ矢先。。 あれ?もう1個ある。。。!? どこかで1個飛ばしたのか?それとも14個が正しかったのか?明日の帰りにもう1度数えよう!ということになり、その結果は後ほど。。。 突如視界が開け、アイスキャンディーがドーンと目の前に。 気のせいか?昨年よりも面積が広くなった気が。人工物とはいえ、青白い氷の巨岩がかっこいい!いつの日か自分もこんなところに登る時がくるのだろうか?(。。。たぶん来ないと思う) テント場から主峰赤岳を仰ぐ。 山小屋で。 やまゆりさんの機転のおかげで、なんと、こたつ付きの個室に♪ んっ? 約2名、変な目の人が。。。!?!? 夕食は、小屋のスタッフさん曰く「今日は3回戦」の、2回戦目で、18:00~の予定が18:30~になり、小屋泊としてはちょっと遅いディナー。 メインは豚しゃぶ&ホッケ(焼)。 ホッケは焼きたてで温かく、しゃぶしゃぶも茹でたて(←これ当たり前)で、みなさん完食!お酒を片手に、とても美味しくいただきました。 明日に備えて、21:00頃に就寝。 布団にもぐり、部屋の電気を消してしばらくしたころ、廊下で、ソロリソロリと足音がして、お隣りの個室の扉を開ける音。と、次の瞬間、「あっ!まちがえました!すいませんっ!すいませんっ!」。。。 !まぎれもなく、おさぽんの声だっ!なんてハプニングもあり(困)。お隣のご家族のみなさん、お騒がせしてスミマセンでした。。。 2015.01.11(日) 4:30am起床 ⇒ 5:30am瀬下さんのテント集合 ⇒ 6:00am出発 瀬下さんをリーダーに、スタート早々ヘッデンを止め、雪明りに目を馴染ませながら、少しずつ明けていく空の下、緩やかな樹林帯を登っていきます。 直前の天気予報では、この辺りは今日1日中曇りか雪らしいとのことで、心配していた気候は?というと、空気は思ったほど冷たくなく、風もなく、青空もなく(悲)。。。 小雪の舞う中、トレースの脇に入り込んで、みんなで記念撮影。 雪空のおかげで(?)全てが真っ白の世界。これもまた良いかもね!(と、ポジティブ志向に切換えつつ、一瞬でも晴れることを願いながら) 順調に樹林帯を抜け、遮るものがなくなると、そこはすごい風と寒さで、立ち止まるたびに指先が冷え、目出帽をスッポリ被り、あぁ~。。。やっぱりこうなるのか。。。と、悲しくも予想通りの展開に。 稜線に出て、凍える手でストックをピッケルに持ち替え、硫黄岳山頂までは追い風のため、吹き付ける冷風でお尻が痛くなり(後日他のメンバーに話したところ、自分以外だれもお尻なんて痛くなっていないということが判明)、短い岩場を抜け、広い山頂へ! 視界は周囲20mくらいでしょうか?期待していた、阿弥陀~赤岳~横岳の稜線は、全く見えず、“残念!”の一言。 ちなみに昨年の西穂独標では「強盗団風」でしたが、今回は「救助を待つ遭難者」のよう。。。でもでもでも、これはこれで良い体験となりました♪ 時々ホワイトアウト寸前に。 ここで、横岳の手前まで行く瀬下さん&いつもがんばり屋さんのダイアン(2泊3日チーム)と別れ、お互いの安全を願いつつ下山開始。 やまゆりさんは1人で横岳をトラバースし、赤岳展望荘まで行かれる予定でしたが、この天候を考慮し、ピヨコ隊と一緒に赤岳鉱泉まで下りてくれることに(その後、地蔵尾根経由で赤岳展望荘まで行かれるとのこと)!これはかなり心強い!! やまゆりさんをリーダーに、今度は向い風で痛い顔をかばいながら、一刻も早く樹林帯に入りたくて、みんなハイスピードで下りまくる。 樹林帯に入ると風はほとんどなく、温か~い♪こんなに違うものなんだ。。。と驚きながら、また足元サクサクで気持ちの良い斜面を順調に下り、ショートカットで尻セード。広い斜面で滑落訓練などなど、楽しく下山。 ジョウゴ沢との分岐で1枚。ここまでくれば赤岳鉱泉はもう目の前! 10:30amくらいに小屋に到着し、今回不調で硫黄岳に行けなかった古沢ちゃんと感動の再会を果たす! 休憩スペースで軽く食事をしたり、1杯400円のココアをいただき。。。冷えた体に染み渡る美味しさではあるものの、家から粉を持って来れば良かったなぁ~と反省しつつ、11:30am過ぎには荷物をまとめて美濃戸口へ出発。 1泊2日組のS崎さん・古沢ちゃん・Naoちゃん・釜沢の4人で、また橋の数を数えながら着々と歩を進めていく。 1個目。。。2個目。。。。。。。。。。。。12個目! あと1個で美濃戸だ! わ~!下りは超~早いねぇ~! 13個目。。。 あれっ? 堰堤広場だ。。。 そうなんです。昨日橋を数え始めたのは美濃戸からではなく美濃戸~赤岳鉱泉のほぼ中間に位置する堰堤広場からだったのでした。“ぬか喜び” を絵にかいたような一瞬(笑) で、結局13個で正しかったみたいです♪ 美濃戸で美味しい湧水をいただき、また残り1時間の道のりを進みます。 途中何ヶ所かショートカットをし、最後の長い上り坂をクリアし、美濃戸口に到着。やったぁ~! ここで、地元の友人と会うというS崎さんを涙で見送り、なぜか?3人とも本日一番のハイテンションでアイゼンを外していると、4人組のお兄さんたちに「デジカメのシャッターお願いして良いですか?」と声をかけられ、カメラを向けると、「ヤマネチ!」(コマネチの逆バージョン)。。なるほどねぇ~!なんて感心していたら、古沢ちゃん「それ、貰って良いですか?」 で、もらっちゃいました。“ヤマネチ”! OACのみなさん、今後の山行でどうぞお試しあれ。 下山後のお楽しみ “The!温泉” は、お馴染みの “もみの湯”!地図と案内板を頼りに、うろ覚えの道を走り、たどり着きました。入口を入ると、受付の横に変なものが。。。!? クリスマスツリーからのぉ~正月ツリー? なんだ?これ。    きっと明日、登攀チームもお目にかかることでしょう。 冷えた体を解凍後、高速に乗り、途中のサービスエリアでラーメンをいただき。 Naoちゃん、そこの女子トイレに大切な○○を置き忘れ、慌てて取りに戻り、昨日から “珍道中” のネタが途切れません。 そして、最後の難関。(帰りは古沢ちゃんが運転) “カーナビ無しでI倉さん宅まで車を返しに行く” (持ってきた地図は長野県だけなので役に立たず) それは。。。高速を降りてからが問題でした。 途中までは道路標識の「上尾⇒」を頼りに走っていましたが、上尾市に入ってからは「上尾」の文字が無くなり(そりゃ、そうだよね)、迷子になり、なんとなく「こっちかな?」というレベルで車を走らせ、途中のガソリンスタンドで上尾駅までの道を聞いて、どうにか無事に到着! しかも、I倉さんが心配して何度か釜沢の携帯に電話をくれていたのに、その肝心の携帯電話はザックの底に。。。 本当にスミマセン。 そんなこんなで、達成感120%・しかし反省点だらけの冬合宿2015でした。 <あとがき> 今回、OACの合宿初参加のS崎さん(実は、そこそこベテラン?)と、Naoちゃんから感想をいただきました (*^^*)V S崎さん: 天候と同行メンバーに恵まれて、皆で登るという楽しい雪山を経験させて頂きました。 また機会を作って、ご一緒させて頂きたいと思います。 Naoちゃん: 冬合宿は雪訓、刈込湖のスノーハイクを経て初めての雪山登山で硫黄岳へ連れて行っていただきました。 雪で被われた樹林帯はきれいで感動的でした。山頂は強風で視界が悪く、楽しみにしていた景色を見れずに残念でしたが、ゴーグルをつけるタイミングや風でトレースが消えてしまうこともあるので来た方向も確認しておくこと等教わり勉強になりました。 まだ勉強することは沢山ありますが、今シーズン雪山に行けたのは雪山装備を揃えるところから雪訓、刈込湖、今回の硫黄岳と面倒を見ていただいたおかげです。ありがとうございました。 私も出来ることからですが、お役に立てるようになりたいと思います。 これからもよろしくお願いいたします。

發表於 爬坡報告 | 標籤 , | 評論關閉 上 2015/1/10~11 冬合宿(硫黄岳) ピヨコ隊が行く!