Archivio mensile: Novembre 2015

蓼科山  2530m

IMG_2724

Tateshina 2530m 19 novembre(Legno)~20日(Oro) 1988Figlio nella riunione del 2 ottobre dell'anno Toda Monte (Piccolo 5)Quando è salito da sette occhi Go ", uno dei Torii" per Tateshina. Per esempio ~ ~ ed è passato da lì nel '27. Tateshina e serve anche come un omnibus hyakumeizan è deciso di salire di nuovo. Toda 6:30 予定より遅れて出発。戸田南インターから高速にのるとすぐに渋滞にはまってしまった。朝の6時過ぎがこんなに混むということを忘れていた。圏央道を走れば良かったか?・・・と思ったが料金所を過ぎるとどうにか流れがよくなり 天気もよくなったのでまずは一安心中央高速を走った。 女神茶屋に10時すぎに到着。車はyamayuriの一台のみ。さっきまで晴れていたのに 山の中に入るとガスっていた。まあ仕方がないかと思いながら出発の支度をした。 10時15分蓼科登山口のバス停を出発。すっかり落葉したカラマツの木々と笹原の中をしばらく歩いた。途中から青空が見え始め岩の山道に変わってきた。 青空の下 蓼科山は雲海の上に浮かび、御岳山、南アルプス、八ヶ岳と素晴らしい景色を眺めることが出来た。頂上間近の大岩の黄色のペイントのサインの後を歩いた。頂上に回り込むのが長く思えた。 営業を終了した蓼科頂上山荘が見えた。頂上に1時に登頂。だれもいない静かな蓼科山 単独登頂だった。風もなくお天気に恵まれて感謝の山行でした。3時に下山。行動時間 5時間 蓼科 横谷渓谷の温泉に泊まり 豊富な鉄分を含んだ黄金色の温泉でリラックス。    

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su 蓼科山  2530m

2015/9/12-13 劔岳(早月尾根)

01 0648

Membri: D De ~ i (L) · K Sawa (SL) 9/11 (oro) 20:00 Inizia la Saitama in, circa 6 ore a nord di sopra Niigata il Kan'etsudo, 02:00 prima durante la guida in turni 6:50Si tratta di Kano famoso, monumento delle "prove e desiderio." La tensione aumenta. 7:30am しばらくは階段状の整備された道と、なだらかな道が続きます。 8:30am 徐々に急登が始まり、原生林のような木の根っこだらけの道を登り続け。。。 8:45etichettatura dei 1.400 m am altitudine. Babajima così è di circa 800 metri, ♪ sono arrivato fino a un'altezza di poco meno della metà di un massimo di Satsuki rifugio (altitudine di circa 2.200 m) A proposito, l'etichetta esce ogni 200 metri da quota 1000 m fino alla cima. 10:10am 見晴らしの良い場所で休憩。 10:20am sentiero di montagna si trova nella zona di base selva oscura, ma arrivare a questo luogo aperto di tanto in tanto. Oggi così bel tempo ♪ 11:05Sono Dopo poco più! Rimanente fino Satsuki capanna(標高)50mの時点で、せっかくなので、20kgちかくあるのではないかと思われるDでぃのザックと交換してもらい、持ち上げようとするも、膝の高さまで自力で上げられず、座った状態でザックを背負い、立たせてもらって、残りの急登を約30分かけて小屋手前のヘリポートまでたどり着く! その間、何度か振りかえるとDでぃが「押そうか?」、 Kさわ「だいじょーぶです!」(^ ^;) 12:00 Parlando un perno distintivo e asciugamano di Tsurugi-dake acquisto ♪ ci ,,, quindi inciso dieci campo Accetta non si vuole salire ancora ho comprato distintivo, solo stare bene con il banco D De ~ i nel frattempo? 13:15 Il Satsuki capanna dietro. 13:50 小屋前の広場にて。 14:00 シンプルな早月小屋。 14:00 時折、雲が流されて青い空が広がる。 17:50 Dal campo di cielo. 17:55 Dopo una notte di riso, all'eliporto per vedere il tramonto. "Mountain Ehi bene ..." (^^) 18:00 Tuttavia, il cielo sarà coperto di nuvole spesse, tramonto inutile probabilmente oggi. . . (Lacrime) in preparazione per domani, un enorme 19:00Di tanto in tanto sonno zzz senza attendere, si svegliò sotto la pioggia e il vento, e se andare al vertice per davvero domani? 2:30ma è sempre come al solito il vento forte, stellato quando esce per qualche motivo Manten! ! ! Orion (dal momento che solo non può essere riconosciuto;) è fonte di ispirazione sembra bello! 3:40Tra am partenza ancora buio, anteprima di ieri è molto utile, vado lentamente fresco nella nostra pista memoria. 4:25am 満天の星空だったのが徐々に雲に覆われ、視界が狭くなってきてしまいました。 5:20am このあたりから徐々に岩場が増えてきます。 6:05ed è piccolo picco che è appena attraversato. 6:30Sono Dopo poco più! Nel momento in cui ha iniziato, mi chiedo vado lontano oggi. . . Una volta, ci aveva dato la vetta centrale, un altro vertice davanti agli occhi quando si arriva qui! 6:50"forbici" di granchio am nucleo! 6:55Sono così correttamente c'è un'impalcatura, senza affatto paura di quello che pensavo, però, il senso avanzata zero perché l'invisibile dalla fitta nebbia. 7:30Sono vertice Tsurugi-dake! 7:30am 標識以外なにも見えない。。。 8:10e passare attraverso le anche "forbici di granchio" nel mattino discesa. In basso a destra della freccia, come impalcature di bullone si trova in quello visibile? 8:35am けっこう足場の狭い場所が多く、全体的に岩が濡れているので、滑らないよう慎重に下ります。 8:45Sono Quando scesi notevolmente, nebbia è stato pieno di sole! Vista spread che non erano visibili in salita, con il "~ ero stato così!", Rilasciare l'otturatore. 9:15am 空が明るくなってきて、テン場までもう少し! 午後から雨の予報だけど、最後まで降られずに下山できるんじゃない?と、ポジティブ思考も空しく、早月小屋から馬場島までバッチリ雨(時々大雨)に降られ、9月中旬にも関わらずカーエアコンは暖房(^ ^;) 今回は、1週間も前から密かに恐れていた ”カニのはさみ” を、あっけないほど楽しく通過し、また更に岩稜帯の魅力にとりつかれてしまいました♪ また来年、今度は晴れた日に、高度感を満喫しながらもう一度同じ道を歩きたいなと思います。 Dでぃ来年もよろしくお願いします!  

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su 2015/9/12-13 劔岳(早月尾根)

10/24 霧島山 唐国岳

IMG_2691

1024 maggio(Giorno) 韓国岳(からくにだけ)1700m Prefettura di Miyazaki salita 1 ora e 15 minuti lungo 3 ore di tempo l'azione di 4 ore e 15 minuti al mattino e partenza alle 6:30. :45 Circa 10 persone erano acquisto scalatori. 11:00 にえびの高原荘に無事到着。

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su 10/24 霧島山 唐国岳

10/23 祖母山

IMG_2645

10月23日 金曜日 祖母山(そぼさん)1756m 大分・宮崎県 登り3時間30分、下り3時間30分 行動時間 7時間 天岩戸温泉の宿を6時半過ぎに出発。黒米のおにぎりを頂いた。 高千穂 尾平に向かった。祖母山麓 尾平青少年旅行村「 ほしこが」をナビにセット。 祖母山の登山口の駐車場を辛うじて見つけた。駐車場には2台 8時登山口スタート頂上には11時35分に登頂。コースタイムより30分も早い快挙な登りだ。とは言え、山道は延々と続く登り! コースタイム 登り4時間・・・1時間ごとの休憩をしながら 急登をコンスタンスに登っていき30分短縮。祖母山 頂上には 私も含め 6人が登った。 黒金山尾根コース ・・・12時前に下山をかけた。頂上直下、3:30PM 無事下山。

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su 10/23 祖母山

10/21 阿蘇 根子岳

IMG_2578

根子岳(ねこだけ)は、熊本県阿蘇郡高森町にある山である。阿蘇五岳(あそごがく 阿蘇山)の一つ。最高点天狗峰の標高は1,433m。東峰には1,408.1mの三角点がある。 神様が怒ったために山容がギザギザになったという伝説がある   10月21日 水曜日 阿蘇 根子岳 東峰 1408m 熊本県 登り 1時間30分 下り 30分 行動時間 3時間 。熊本阿蘇市役所に問い合わせたところ「レベル3」阿蘇火山噴火のため 立入禁止の規制がかかっている。熊本県警に問い合わせたところ 阿蘇5岳の一つ根子岳ならば 登山可能という 情報を頂いた。 前原牧場登山口 東尾根 登り90分 急登。 主人に 前原牧場の登山口まで送ってもらう。本当に大きな赤牛や黒牛がいる牧場の中を そ~と走った。登山口に登山届の箱があった。届けを出して 急登を1時間30分草をかき分けながら登った。 頂上には一人、先客がいた。熊本の志賀さん、熊本県警の検死官の方だった。 名古屋からの若いカップル 内田夫妻が暫くして登って来た。 山の話に盛り上がり1時間も話をしていた。「もし滑落したら、熊本県警を呼ばなければならないから」・・・ 熊本の志賀さんこと「くまもん」 にお願いして一緒に下山をして頂いた。急な斜面をお助けロープをたぐりながら 30分で下山した。無事下山。

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su 10/21 阿蘇 根子岳

10/20 久住山

IMG_2506

10月20日 火曜日 久住山(くじゅうさん) 1791m ha chiesto di fare una palla di riso per 6 ore locanda Oita Prefecture arrampicano 3 ore e 30 minuti lungo 2 ore e 30 minuti di tempo azione 7:00Sto iniziando. 8:30am スタート。山道を私の前には 15~20任のガイドが歩いているようなものだった。九州の秋山さんと足並みが同じになり一緒に同行。九州山情報を歩きながら尋ねた。星生山(ほっしょうさん)Ho apprezzato la vista delle foglie d'autunno dalla salita cresta. :00 登頂。おにぎりを食べて12:30La discesa a.

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su 10/20 久住山