Archivio mensile: Gennaio 2016

2016/1/9~11 冬合宿 北アルプス蝶ヶ岳

20160109 0913

2016/1/9-1/11Inverno campo di addestramento membri Alpi del Nord Chogatake (titoli omesso): M Saki (L), presidente, S sotto, ho Village, D Di, Nao-chan, Slimane, K Sawa (SL) 1/8(Oro) 先発隊5名は、上尾駅に21:00 Prima notte alla stazione del canale set ⇒. 1/9 (Sab) successivi Corpo 3 persone, 8:00Entra a far parte sono troppo a Sawatari Parcheggio (^^) l'acqua calda in da V Sawatari a (bollitore ingresso tunnel), ma in origine era previsto per il trasferimento in autobus, ed è stato in grado di immergersi rapidamente vestirsi di tempo previsto, basta 9:15am bollitore tunnel di ingresso Anche così, la neve a tutti hoo non § sulla strada! 9:40Un lato della neve quando si esce dal tunnel del mattino! 9:50Dal momento am questa volta due notti montagna, ma si bagaglio è pesante, perché è dall'inizio alla fine un modo gentile fino Tokusawa (accampamento), si procederà costantemente camminare instancabilmente. 10:15Myojindake 2,931m altitudine da AM Taishoike Taishoike è sembra bello, la tensione Ognuno va in su! Ma anche un bene ero così calma domani. . . 10:20E 'S in Mr. & aspettative dei rookie Slimane. 10:45Affacciato sulla quota 2,470m Roppyakuzan dall'altra parte della palude del mattino. 10:50Foto di gruppo del rosso tetto Memorial am Kamikochi Imperial Hotel la (in chiusura invernale) per la parte posteriore. Ma è in qualche modo non c'è unità. . . (^^;) 11:10Arrivo a circa meno di due ore dopo Kamikochi Bus Terminal di inizio del mattino. Vorrei che può venire in autobus fino a questa estate. 11:10Io non sono uno dopo i piedi, pura neve bianca. 11:25am もうすぐ河童橋         11:30Sono al Ponte Kappa 12:30 明神分岐 12:40 ramo Tokugotoge ho pensato che è "particolarmente Hotoge", la notazione del "Tokugotoge"! Ho posto nome, difficile. . . 13:25 もうすぐ徳沢(幕営地)です! 13:25 13:35 Si può notare che l'inverno di arrivo per la toilette può essere utilizzato per Tokusawa, un po 'di tensione è aumentata (^^) / 13:40 Perché c'erano due campo rimane solo gli intervalli giusti, calpestare la neve con tutti. 14:30 completamento costruzione questa volta ridurre il peso dell'apparecchiatura, per erogazione con 4 dieci × 2 e 1 punto di S sotto (e bagagli), non rientrano nella tenda Zach è in cima neve avvolto in bivacco. :30Iniziare a preparare per la cena bollito l'acqua calda di tanto. 20:00Troppo, e guardare in alto verso il cielo dopo lo scioglimento, cielo pieno di stelle! :30am起床 目覚めると、思ったほど寒くなく、各々に朝食を済ませ、身支度を整えて未だ暗い5:15am, ottenere un vantaggio verso la Chogatake. 6:35Fino am Yokoo questa zona era una strada pianeggiante, ma inizierà percorso Rashiku salita da questo precedente. Tenda c'erano diverse reti. 7:15del mattino, ma la neve ha anche gradualmente in profondità, ancora fino a circa al meglio ginocchio. Meno neve è davvero quest'anno, per un po 'i piedi pentola. 9:20Siamo risolutamente andare alla zona di foresta. 10:35am è il momento di uscire presto la zona della foresta. Lo yogurt come una bella superficie della neve. Questa zona è ancora senza vento, ma era un caldo. . . 10:35Piccola pausa prima di lasciare la linea di cresta del mattino. . . 10:40am 稜線間近 カメラが変なモードになっていて、画像が暗いですが(泣) ついさっきまで風もなく穏やかだったのに、樹林帯を抜けたとたん、強風吹きすさぶ極寒の世界に! ゴーグル着用&防寒着の追加など、装備を整えて向かい風に立ち向かうも、なかなか耐風姿勢を解除できず、Naoちゃんが5cm浮いたところをすりまんがザックを抑え込み、リーダーにてこれ以上は危険と判断し、山頂を目前にして撤退っ! 風がなければあと30分足らずで登頂予定でしたが、撤退もまた”次こそは!”という原動力につながる貴重な経験として、メンバー全員満足のいく判断だったと思います。 ひとつ心残りなのは。。。 気を抜くと自分自身も飛ばされそうな強風で、写真どころではなく、折り返し地点の画像が無いこと(泣) 13:20Spear ramo Tra l'altro, la direzione lancia c'è traccia. 14:30 Mentre danze luce Tokusawa (accampamento) arrivo della neve, risolve l'attrezzatura, spesso chattare durante l'assunzione di una calda bollita entrato in ciascuna della tenda (la raccolta della neve) l'acqua calda. 16:00過ぎ、今回のメインディッシュ!I村シェフが”とん汁”を作りはじめ、テント内に良い香りが立ち込めて、だんだんお腹が空いてくる。。。 17:00Finito con squisito condimento, grazie mentre (anche se ero c'è davvero molto di più, dei dimenticati ... scattare foto;) deliziosa se ♪ con tutti dopo il pasto la notte, si sono riuniti tutti nel Presidente della tenda, di oggi :00, Mentre i ricambi era tempo di divertimento, aggiornamento. 4:30sto alzarsi ogni della colazione finito, mettere via i bagagli, di ritirare la tenda che è stato congelato. 6:35Tra le danze di neve del mattino luce, ancora dim 6:47am帰路に向かう。 7:45am Myojin danze luce ramo di neve, il paesaggio è bianco puro. . . O avrebbe accumulato circa 10 cm in questo due notti. . . 8:45am Kamikochi Bus Terminal ancora bianco puro. 11:00am 中の湯 既に到着していたタクシー2台に4人ずつ分乗し、沢渡駐車場まで戻る。 共同装備のチェックをして解散後、車ごとにそれぞれ帰り途中で温泉(Kさわ達は白骨♨)に入って温まり、帰路につきました。 <あとがき> 個人的には、冬の北アルプスは2度目でしたが、雪の中でのテント2連泊は初めてで、寒さが心配されたものの、この時期には珍しく暖かで、そういった意味ではあまり”試練”にはならなかったかな。 また、同じ会の仲間たちと、こうして狭いテントの中で体を寄せ合って賑やかに過ごす。ということがどれほど楽しく、そして恵まれた環境であることかを実感した合宿でした。 ピークを踏むことはできませんでしたが、何かと得ることの多い3日間でした。

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su 2016/1/9~11 冬合宿 北アルプス蝶ヶ岳

2015/12/30-31 Monte Amagi e Izu viaggio

3DSCF5216

メンバー : Y朗、K子(記) 場  所 : 「天城山」シャクナゲコースと伊豆の旅 年末休みを利用して、本当は愛知でお城巡りをしたかったK子であるが、遠い・渋滞で疲れるというY朗の意見で断念し、近場の伊豆(下田開国の地観光)に変更。 伊豆に行くなら、「天城山」にも登ろうということで、2015年登り納めとなる山が決定。 30日、帰省ラッシュピーク日を踏まえ、4時に自宅を出発。でも実際には、東名高速は使わず、横浜新道、西湘バイバスを経て、7:30に登山口のある天城高原ゴルフ場に到着。登山者用の駐車場には車が4~5台。何組かが出発しようとしていた。   本当は天城峠への縦走コースにしたかったが、今回は、万二郎岳、万三郎岳とめぐり、元の登山口へと戻ってくる周回のシャクナゲコースにした。 コースタイムは5時間半ほど。     伊豆の山は初めてで、なんとなく植生が南国チックとまではいかないが、ちょっと違うように感じた。 万二郎岳の頂上は展望がほぼなく、記念写真をとって、先へと進む。     このコースでは、展望を期待していなかったが、途中、これから進む馬の背と万三郎岳が眼前に広がり、また、海が見渡せて、いつもと違う山域を登っていることに気持ちが弾んだ。 この時の夫婦の会話1: 万二郎岳と万三郎岳があるのに、万一郎岳はないのかな? 自宅に帰り、ネットで調べたら、同じような疑問を持った人が数名いた。回答は諸説あるようだ。 この時の夫婦の会話2: K子が石川さゆりの「天城越え」を歌いだしたところ、今年の紅白では石川さゆりは何を歌うのだろうという話になり、今年は「天城越え」ではなくて、来年、北海道新幹線が開通するから、きっと「津軽海峡冬景色だよ」という どうでもよい会話をしていた。   馬の背は、アセビのトンネルが有名。 アセビ=馬酔木のこと。 馬がこの木の実を食べると酔ったようになるとのこと。                 そしてアセビの暗いトンネルを抜けると、気持ちのよい青空が現れた。 そして、木々の間から遠くに富士山も現れた。今年は雪が少ないな~。             もうすぐ万三郎岳。 かなり空気は冷たく感じられてきました。 でも、ちょうどよい清涼感で気持ちよい!!           10:10到着。 寒いし、時間も早いから昼食は取らずに先に進みます。       そして、ここから分岐まで10分程度ですが、霧氷の回廊が続きます。                     南斜面の木の上のほうにだけ霧氷がついているので、桜が満開に咲いているように見えました。 このやわらかな光景と、山のちょっと冷たい空気がとても心地よい気持ちにさせてくれました。             そして、分岐地点では、植生が変わり、妖精でも出てきそうなメルヘンチックな光景に変わりました。 この写真では恐らく伝わらないと思いますが・・               この後は、北斜面のトラバース道(あまり変化のない道)を登山口まで戻ります。 道が単調だからかすごく長く感じられました。 12:15天城高原ゴルフ場登山口に戻ってきました。 駐車場の車は朝の3倍くらいに増えていました。 天城山は万二郎岳も万三郎岳も頂上での眺望がなく、最初なんでこの山が100名山に選ばれたのかなと思いましたが、登っていくうちに、心地よさを感じる素敵な山であること感じました。縦走したらもっとその良さがわかるのでしょうね! さ~てと、昼食を食べてない。 K子としては、伊豆に来てるんだから、海鮮丼とか食べたかったのですが、山で食べるために食材を持ってきていたので、やむなくコンロで自炊に・・・。 せっかくだから海の見える場所にしようと、白浜海岸で昼食。       海に登山服というミスマッチ。 しかも最初はカップラーメン食べたので、観光客の目線が痛かった。     山ノボラーらしく、ボルダーを楽しむY朗。         その後、下田の爪木崎へ水仙の群落を見に行きました。 K子はこの寒水仙が花のなかでは一番好きなので、爪木崎をずっと訪れたいと思っていました。 4分咲きぐらいでしょうか。 香りがよくて癒されます。          Continua a leggere

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Commenti disabilitati su 2015/12/30-31 Monte Amagi e Izu viaggio