每月檔案: 一月 2016

2016/1/9~11 冬合宿 北アルプス蝶ヶ岳

20160109 0913

2016/1/9-1/11冬季訓練營北阿爾卑斯山Chogatake成員(標題省略):M薩基(L)董事長,下S,我村,D迪,淖議員,蘇萊曼,K澤(SL) 1/8(金) 先発隊5名は、上尾駅に21:00 晚上在設定⇒運河的前站。 1/9(星期六)後續兵團3人,8:00am過ぎに沢渡駐車場にて合流(^^)V 沢渡から中の湯(釜トンネル入り口)まで、当初はバスで移動の予定でしたが、予定時間よりだいぶ早く身支度ができたのと、ちょうど8名なのでタクシー1台に4人ずつ乗り、結果的に全員で往復2,800円の節約となる。 これは大きい! 9:15am 釜トンネル入り口 それにしても、道路に雪がぜんぜん無ぁ~い! 未だ ”冬合宿” の気分が盛り上がらないままヘッデンを点けて、トンネルに突入。 9:40am トンネルを抜けると一面の雪景色!やっぱこうでなくちゃね。思い思いに写真を撮りながら、のんびりと。 9:50am 今回は山中2泊なので、みなさん荷物は重いけれど、徳沢(幕営地)までは終始緩やかな道なので、疲れを知らずに順調に歩を進めて行きます。 10:15Myojindake海拔2931米上午Taishoike Taishoike是看上去很美,大家都緊張上升!還不錯我是那麼的平靜的明天。 。 。 10:20這是先生與新秀Slimane的預期下秒。 10:45俯瞰沼澤時許另一側的Roppyakuzan高度2470米。 10:50紀念館上午高地紅頂帝國飯店(在冬季關閉)到後面的合影。但是,由於某種原因,沒有統一。 。 。 (^^;) 11:10到達約高地客運站上午開始後不到兩小時。我希望能來乘坐公交車到今年夏天。 11:10我不是一個腳後,皚皚的白雪。 11:25am もうすぐ河童橋         11:30我在河童橋 12:30 明神分岐 12:40 Tokugotoge分支我認為這是“特別Hotoge”中,“Tokugotoge”的符號!我把名字,難。 。 。 13:25 もうすぐ徳沢(幕営地)です! 13:25 13:35 徳沢に到着 冬季用トイレが使用できることが分かり、ちょっとテンションが上がる(^^)/ 13:40 ちょうど良い間隔で2つ幕営跡があったので、みんなで雪を踏み固める。 この後、すりまんが本職を発揮し、固くなった雪の塊をスコップで掘る掘るっ! (あっ、べつに雪を掘る仕事してる訳じゃないですよ;) 14:30 設営完了 今回は装備の軽量化を図り、4テン×2およびS下さんの1テン(兼荷物用)で済ませるため、テント内に入りきらないザックはツェルトに包んで雪の上に。 明日朝早いので、16:30頃からお湯を沸かして夕食の準備を始める。 するとなんと、S下さんがコシヒカリのご飯を炊いてくれて、おすそ分けをいただく。雪山でこんな美味しい白米をいただけるとはホントに贅沢です!!! 夕食後は、お楽しみの宴会! ボジョレー白(フルボトル)や、各自持参のバーボン、焼酎など。おつまみはカマンベール・ほたるいかの一夜干し・ドライハム・ミックスナッツ・輪ゴム(←?)みたいなやつなどなど、バーナーで炙ってみたりして大いに盛り上がる。 20:00過ぎ、解散後に空を見上げると、満天の星!なんとかして画像に収めたいと、カメラの設定をいじりまくってシャッターを切るも、画像は真っ暗。。。(泣) 数回チャレンジして諦め、後ろ髪引かれる思いでテントに潜り込む。 ところが翌朝、すりまんが深夜(全てのテントが消灯後)に星空の撮影に成功し、光が全く無い状態なら、デジタル(携帯)カメラでも星が撮れるということが証明される(^^)/ 1/10(日) 3:30am起床 目覚めると、思ったほど寒くなく、各々に朝食を済ませ、身支度を整えて未だ暗い5:15am、蝶ヶ岳に向けてスタートを切る。 夜半に降った雪でトレースは消え、真っ暗なので目印になる景色も全く見えない中で、リーダーの道標は的確で、”経験”を積むことの大切さを実感する。 6:35直到上午橫尾這方面是一個平坦的道路,但將開始小道攀登Rashiku從這個早。帳篷有幾個網。 7:15上午,但雪也已經漸深,仍上漲約充其量膝蓋。少雪真的是今年以來,在鍋腳一會兒。 9:20am ひたすら樹林帯を行く。 傾斜が強くなってきたのでアイゼン装着。地図で見るとけっこう急登なのですが、雪のおかげで?それほど傾斜を感じなく、着々と歩を進めて行きます。 10:35上午是時候盡快退出森林地帶。酸奶像一個美麗的雪面。此區仍是無風,但它是一個溫暖的。 。 。 10:35在上午脊線臨走前小破。 。 。 10:40am 稜線間近 カメラが変なモードになっていて、画像が暗いですが(泣) ついさっきまで風もなく穏やかだったのに、樹林帯を抜けたとたん、強風吹きすさぶ極寒の世界に! ゴーグル着用&防寒着の追加など、装備を整えて向かい風に立ち向かうも、なかなか耐風姿勢を解除できず、Naoちゃんが5cm浮いたところをすりまんがザックを抑え込み、リーダーにてこれ以上は危険と判断し、山頂を目前にして撤退っ! 風がなければあと30分足らずで登頂予定でしたが、撤退もまた”次こそは!”という原動力につながる貴重な経験として、メンバー全員満足のいく判断だったと思います。 ひとつ心残りなのは。。。 気を抜くと自分自身も飛ばされそうな強風で、写真どころではなく、折り返し地点の画像が無いこと(泣) 13:20 槍分岐 ちなみに、槍方面はトレース無し。 14:30 徳沢(幕営地)到着 小雪が舞う中、装備を解き、各々のテントに入って(雪を集めて)お湯を沸かして暖を取りながら暫し歓談。コッフェルの中を覗くと。。。良くわからない小さなゴミがたくさん。I村さん曰く、「これはミネラル」。 もちろんそんなゴミなんて気にせず、飲んじゃいますけどね(笑) 16:00過ぎ、今回のメインディッシュ!I村シェフが”とん汁”を作りはじめ、テント内に良い香りが立ち込めて、だんだんお腹が空いてくる。。。 17:00絶妙の塩加減で出来上がり、感謝しながらみんなで美味しくいただく♪ (ほんとはもっと沢山あったんですが、写真撮るのを忘れ。。。;) 夜ゴハンの後、会長のテントにみんなで集まって、本日の反省会(宴会;)。 炙り職人すりまんに弟子入りしたNaoちゃんが、チーズ&ししゃも等々いろんな食材を炙り、DでぃとKさわの終始”かみ合わない”会話に呆れられ、お腹いっぱいになったところで21:00、楽しかった時間を惜しみつつ、お開き。 今夜は雪で、星は見えず。 明日積もってるかな。。。 強風の中で撤収はキビシイなぁ。。。 なんて思いながら、時折風や降雪の音で、なんとなく眠れぬ一夜をやり過ごす。 1/11(月) 4:30我得到了各成品早餐,放好行李,撤回該被凍結的帳篷裡。 6:35其中的上午小雪舞蹈,仍然暗淡6:47am帰路に向かう。 7:45上午明神分支小雪舞蹈,佈景是純白色。 。 。或者,它會積累在這兩個晚上約10cm。 。 。 8:45am 上高地バスターミナル やっぱり真っ白。。。でも風はほとんどなく、この3日間で体が寒さに慣れたせいか、一昨日来た時より暖かく感じました。 ここでお迎えのタクシー会社に電話をかける。 帰りはのんびり。。。 途中の沢で会長が小さな岩魚を数匹見つけ、ちょっとテンションが上がる♪ 釜トンネルは、下りのため早い早い!ここで走ったら凄い記録が出そう! 11:00am 中の湯 既に到着していたタクシー2台に4人ずつ分乗し、沢渡駐車場まで戻る。 共同装備のチェックをして解散後、車ごとにそれぞれ帰り途中で温泉(Kさわ達は白骨♨)に入って温まり、帰路につきました。 <あとがき> 個人的には、冬の北アルプスは2度目でしたが、雪の中でのテント2連泊は初めてで、寒さが心配されたものの、この時期には珍しく暖かで、そういった意味ではあまり”試練”にはならなかったかな。 また、同じ会の仲間たちと、こうして狭いテントの中で体を寄せ合って賑やかに過ごす。ということがどれほど楽しく、そして恵まれた環境であることかを実感した合宿でした。 ピークを踏むことはできませんでしたが、何かと得ることの多い3日間でした。

發表於 爬坡報告 | 評論關閉 上 2016/1/9~11 冬合宿 北アルプス蝶ヶ岳

2015/12/30-31 天城山和伊豆之旅

3DSCF5216

メンバー : Y朗、K子(記) 場  所 : 「天城山」シャクナゲコースと伊豆の旅 年末休みを利用して、本当は愛知でお城巡りをしたかったK子であるが、遠い・渋滞で疲れるというY朗の意見で断念し、近場の伊豆(下田開国の地観光)に変更。 伊豆に行くなら、「天城山」にも登ろうということで、2015年登り納めとなる山が決定。 30日、帰省ラッシュピーク日を踏まえ、4時に自宅を出発。でも実際には、東名高速は使わず、横浜新道、西湘バイバスを経て、7:30に登山口のある天城高原ゴルフ場に到着。登山者用の駐車場には車が4~5台。何組かが出発しようとしていた。   本当は天城峠への縦走コースにしたかったが、今回は、万二郎岳、万三郎岳とめぐり、元の登山口へと戻ってくる周回のシャクナゲコースにした。 コースタイムは5時間半ほど。     伊豆の山は初めてで、なんとなく植生が南国チックとまではいかないが、ちょっと違うように感じた。 万二郎岳の頂上は展望がほぼなく、記念写真をとって、先へと進む。     このコースでは、展望を期待していなかったが、途中、これから進む馬の背と万三郎岳が眼前に広がり、また、海が見渡せて、いつもと違う山域を登っていることに気持ちが弾んだ。 この時の夫婦の会話1: 万二郎岳と万三郎岳があるのに、万一郎岳はないのかな? 自宅に帰り、ネットで調べたら、同じような疑問を持った人が数名いた。回答は諸説あるようだ。 この時の夫婦の会話2: K子が石川さゆりの「天城越え」を歌いだしたところ、今年の紅白では石川さゆりは何を歌うのだろうという話になり、今年は「天城越え」ではなくて、来年、北海道新幹線が開通するから、きっと「津軽海峡冬景色だよ」という どうでもよい会話をしていた。   馬の背は、アセビのトンネルが有名。 アセビ=馬酔木のこと。 馬がこの木の実を食べると酔ったようになるとのこと。                 そしてアセビの暗いトンネルを抜けると、気持ちのよい青空が現れた。 そして、木々の間から遠くに富士山も現れた。今年は雪が少ないな~。             もうすぐ万三郎岳。 かなり空気は冷たく感じられてきました。 でも、ちょうどよい清涼感で気持ちよい!!           10:10到着。 寒いし、時間も早いから昼食は取らずに先に進みます。       そして、ここから分岐まで10分程度ですが、霧氷の回廊が続きます。                     南斜面の木の上のほうにだけ霧氷がついているので、桜が満開に咲いているように見えました。 このやわらかな光景と、山のちょっと冷たい空気がとても心地よい気持ちにさせてくれました。             そして、分岐地点では、植生が変わり、妖精でも出てきそうなメルヘンチックな光景に変わりました。 この写真では恐らく伝わらないと思いますが・・               この後は、北斜面のトラバース道(あまり変化のない道)を登山口まで戻ります。 道が単調だからかすごく長く感じられました。 12:15天城高原ゴルフ場登山口に戻ってきました。 駐車場の車は朝の3倍くらいに増えていました。 天城山は万二郎岳も万三郎岳も頂上での眺望がなく、最初なんでこの山が100名山に選ばれたのかなと思いましたが、登っていくうちに、心地よさを感じる素敵な山であること感じました。縦走したらもっとその良さがわかるのでしょうね! さ~てと、昼食を食べてない。 K子としては、伊豆に来てるんだから、海鮮丼とか食べたかったのですが、山で食べるために食材を持ってきていたので、やむなくコンロで自炊に・・・。 せっかくだから海の見える場所にしようと、白浜海岸で昼食。       海に登山服というミスマッチ。 しかも最初はカップラーメン食べたので、観光客の目線が痛かった。     山ノボラーらしく、ボルダーを楽しむY朗。         その後、下田の爪木崎へ水仙の群落を見に行きました。 K子はこの寒水仙が花のなかでは一番好きなので、爪木崎をずっと訪れたいと思っていました。 4分咲きぐらいでしょうか。 香りがよくて癒されます。          繼續閱讀

發表於 爬坡報告 | 評論關閉 上 2015/12/30-31 天城山和伊豆之旅