Archives mensuelles: Avril 2016

2016/4/24 編笠岳

CA3C0983

<メンバー> Kさわ 4/23(土) 18:00 出発  夜の中央高速を、ひた走る。 21:30 八ケ岳パーキングにて       22:30 おやすみなさい。。。  今回は3シーズン用シュラフ 4/24(日) 4:00am 起床 5:20am 富士見高原駐車場        雲行きが怪しい。。。              大切なパートナー♪ 5:40am 登山口より入山 5:58am 五叉路分岐  暫くは、こんな感じ。 6:03am  編笠山頂が見えてきた。 落ち葉がたくさんで、なんとなく晩秋のような寂しさ。。。 6:07am 標識 地図上では、”編笠山” だけど、登山道の各所に設置してある標識は、最後まで ”編笠岳”。そういえばKさわも、最近まで ”編笠岳” だと思っていたのを思い出し、地元民はそう呼んでるんだな~。 ってことで、Kさわも今後は ”編笠岳” と呼ぶことにした。  暫くは、こんな感じ② 6:31am 石小屋   小屋? 怖くて、中が覗けない; 7:29am  標高2,300m を境に、登山道に氷が出てきた。 7:47am 徐々に氷の幅が広くなり、ついに道幅いっぱいに! この辺りで、夏靴に4本爪アイゼンを装着する。 7:50am 前方には霧が。。。 嫌な予感。 誰もいないし、ちょっと不安。。。 8:04am  高い樹がなくなってきた。 8:11am 軽アイゼンを外し、ストックも片付け、両手を使って大きな石を「よいしょ」と、よじ登る。 8:15am  隙間に落ちないよう、慎重にルートを選びながら。 溶岩石は乾いた苔で覆われていて、今は乾いてるから良いけれど、雨が降ったらきっとヌルヌルなんだろうな。 8:19am 俄かに霧が深くなり、立ち止まって振りむくと、ついさっきまで見えていた矢印が、みるみるうちに見えなくなってゆく。。。 8:20am エール① 「がんばって!」   うん。がんばるよ。 8:28am エール② 「もうそこだ!」   えっ!ほんと?ぜんぜん見えないけど。。。 8:35am エール? 「最後だダッシュ!」   ダッシュなんて、できるかー!? 8:37am   あ、山頂だ。標識以外なにも見えない。 8:40am 青年小屋方面   今日は青年小屋を経て、西岳へ縦走の予定なんだけど。。。 ここまで登山道に氷はあっても雪はぜんぜん無かったのに、突然の雪道。 よっぽど通る人が少ないんだろうな。 行けるかなぁ~と思って、ちょっと入ってみたけれど雪はザクザクで、とても夏靴では行けそうにない。 この先どうなってるかも判らないし。 天気もこんなだし、誰もいないし。。。 断念するか。 9:02am 下山開始  矢印を見失わないようにしないと。 10:40am  晴れてきた。 10:52am   不気味な木があると思ったら、なんと一面にさるのこしかけ(?)らしきキノコが。。。 11:05am 盃流し  あと30分で登山口みたい。 11:10am 一か所ロープがありましたが、特に危ない箇所でもなく。 11:20am 登山口  「あと30分」 の標識から15分で到着。 あ~ぁ、、、、 西岳のみ残してしまった。。。 あまり早く帰るのもなんなので、道の駅に立ち寄り、美味しい八ケ岳牛乳を飲んで帰りました。          

Publié dans Escalade rapport | Commentaires fermés sur 2016/4/24 編笠岳

2016/3/19-3/21 尾瀬雪中行軍

0319 0734

<メンバー> 隊長 :セシボン 副隊長:Dでぃ 車手配:Ingo 偵察 :おさる 広報 :Kさわ 3/18(Or) 20:00 大宮駅西口集合 ⇒ 戸倉駐車場にて仮眠。 3/19(Sol) 4:00Am Getting 5:25am 出発 今回はみんなで充実した食事をしよう。というコンセプトに基づき、米・餅・おでん・酒類と、とにかく食料の重量が多いこともあり、Kさわも初の18kg近い装備を背負っての出発となった。Dでぃ・Ingoにおいては確実に20kg Over。体力勝負の山行が予想される。 7:34am 坤六峠・鳩待峠分岐 天気は雨。しかし予報では徐々に回復に向かうとのことで、何の心配もなくアスファルトの坂道を登ってゆく。 途中、隊長とおさるがショートカットを試みるも、雪が少ないため下草に手こずり、敢え無く敗退。その後も”今年は雪が少ない”ことにより、行程中の苦労を強いられることとなる。 8:44am 鳩待峠 しばし休憩。これより道なき雪山に突入。 9:37am 隊長の勘と地図・GPSを頼りに、足跡のない山中を突き進む。 11:02am 雨が止み、束の間の青空。 11:50am  ビジターセンター手前 整備された木製の橋を渡る。 12:15 尾瀬ロッジ 軽く昼食のため休憩。 この後、幾つか出現する沢の、渡れる場所を探しながら巻き巻きで進む。通常この時期なら殆どの沢が雪で埋もれているはずだが、今年の冬は気温が高かったため、その後も沢の出現で手こずることに。 12:30 尾瀬ヶ原 雄大な燧ヶ岳を望む。 12:32 OAC最大級のIngo。トータルコーディネートで、なかなかキマッテいるぞ。 14:07 おさる渾身の力作、“ゆきだるま”。 14:18 牛首手前 本日の幕営地、牛首を目前にして。 予定よりだいぶ先に進めたため、明日以降の行動が楽になる(予定). 14:30 うっすらとした樹林帯の中の平らな場所を踏み固め、テントを2張り並べて設営。 一息ついてテントの外に出ると、何処から来たのか?スノーモービルに乗った山の主(総勢4名)が怖い顔で「どっから来たんだー?」「何人いるんだー?」「明日はどこに行くんだー?」と、大声で質問してくる。 てっきり(こんな場所に幕営して)怒られるのかと思ったが、そういう訳でもないらしく、「遭難しても助けに来てやらないからな!」と捨て台詞を放ち、去って行った。 まぁ、心配していただけるのは有り難い事である。 15:46 宴会の支度 16:10 食事の支度① 隊長持参の炊飯用コッフェルで、五目炊き込みごはん。 おこげが絶妙。 16:50 食事の支度② ごはんを蒸らしている間に、これまた隊長特製のぺミカン(味噌仕立て)餅入り雑炊が出来上がり、テント内に至極良い香りが立ち込める。もちろん味も抜群。 その後 20:30頃まで宴は続いたが、1か月経った今となっては、どんな話題だったかさえ記憶にない。ただ、年齢・性別を超えた山仲間というのは良いものだなぁと実感する。 21:00 就寝 3/20(Journée) 4:00am 起床 5:25am 撤収完了 まだ薄暗い中、ヘッデンを点けて出発。 5:40am 昨日のスノーモービルの轍を暫し拝借。 6:15am   まだ隊列は乱れず。 6:45am 広大な尾瀬ヶ原を行く。天候が今一つなのが残念。 6:53am 竜宮小屋 出発して1時間半で小休憩。 8:25am 沼尻川 燧ヶ岳裾野に位置するこの沢がなかなか越えられず、水流が細くなるであろう上流に向かって巻きに入る。 8:43am どれくらい登っただろうか、一時、予定していた進路を変更し、稜線に向かって登ってみたり、試行錯誤を繰り返す。そのうちだんだん地形が渓谷のようになってきて、ふと脳裏を過ぎる “雪・中・行・軍” の4文字。そうだ!この山行レポートのタイトルは、“尾瀬雪中行軍” 以外、他には無い。最近「八甲田山 死の彷徨」を読み終えた事が起因している。単純なやつである。 8:59am 行止まり 両側を沢に挟まれ、もうここで渡るしか前進する術はない! 幸い水深もそれほど深くなく、沢の中には渡れそうな石が点在している。ワカンを外し、いざ対岸へ。が、まず最初に隊長が足を滑らせ両足を水没させる。足場である石は、苔でぬるぬる。Dでぃ・Ingo・おさるは長身を武器に無事渡りきる。 そして最後に残るはKさわ。滑るよ~、足届かないよ~、案の定、隊長に引き続き2人目の犠牲(水没)者となる。とはいえ期待を裏切らない展開に、隊員達も笑顔で対応する。 9:07am 靴下を絞る隊長とKさわ。こうなると妙に親近感が湧くものである。 他の隊員たちも、ワカンを再装着したりして出発の準備を進めるなか、「折角だから落ちた時の写真撮っといてくれれば良かったのに!」と、くだらない因縁をつけ、おさるを困らせるKさわ。 10:26am   孤高のDでぃ 10:33am カモシカの足跡を多数発見! しかし残念ながら、一度も我々にその悠々たる姿を見せることは無かった。 11:00am 時には深い森の中へも突き進む。 改めて周りの樹々の巨大さが浮き彫りとなる。 12:04 山腹をトラバース。 13:12 尾瀬沼が見えた! とうとう目指す尾瀬沼が姿を現した。 だいぶ高い所まで来たようだ。あとは沼に向かって山を下るだけ。失いつつあった希望を取り戻し、隊員達のテンションが一気に上がる。 13:28 タソガレタシロ 漢字で書くと “黄昏田代” だろうか。。。 13:36 燧ヶ岳を左手に携え。 今日は、なかなかその頂を見せてくれない。 13:52 危ない! 巨大な水たまりを発見し、大喜びのおさる。 14:00  これまた、名も無きピークをただ一人制覇する。 14:46 尾瀬沼へ突入   ついに来た!             ただただ広大。。。 本日の幕営予定地である対岸まで、約40分の道のり。 14:59   相も変わらず孤高の・・・ 17:20 夕食は、おさる厳選の“おでん”。昨日の残りの切り餅も投入し、みんなで温まる。 … Continuer la lecture

Publié dans Escalade rapport | Commentaires fermés sur 2016/3/19-3/21 尾瀬雪中行軍

2016/4/10 残雪の権現岳

CA3C0970

メンバー:Kさわ 4/9(土) 17:30 Départ 19:15 夜の中央高速をひた走る。 20:00 談合坂SAに立ち寄り、夜ゴハンの鍋焼きうどん。 22:10 八ヶ岳パーキングにて車中泊。この時点で既に20台くらいかな。 厳冬期用のシュラフでは、ちょっと暑かった。。。 4:30am 起床 自販機で暖かい缶コーヒーを2つ購入し、テルモスに注ぐ。 5:00am 徐々に夜が明けてくるが、曇っていて太陽は見えず。 5:30am 天女山入口には軽自動車が1台、KさわのパジェロJr、すぐ後から来たヴェゼルの合計3台のみ。早々に身支度を済ませ、予定より30分遅れで出発。 5:35am ここから入山します。 5:40am しばらくは緩やかな笹野をのんびりと。 1週間前までの情報をもとに入念に下調べをした結果、冬山装備+12本爪アイゼン持参で来たものの、すぐに暑苦しくなり上着を脱ぐ。 5:55am 天女山 あっという間に天女山に到着。 6:05am 天の河原 次々と見どころが出現するので、飽きません。 6:13am 影絵のような幻想的な景色に、おもわずシャッターを切る。 6:25am 目指すピークは、まだまだ遠く。。。 7:27am  標高2,000mを境に、やっと雪が。 行けるところまでツボ足で行こうと、樹林帯の雪の斜面で苦心していると、左後方から人の話声が。。。 振り返ると眼下に登山道。いつの間にか道から外れて藪漕ぎ(?)していた事に気づき、急いで登山道に戻る。 8:20am アイゼン装着  凍ってつるつるです。 8:28am 前三ッ頭 天女山からここまで、コースタイム3時間のところをちょうど2時間半で到達し、出遅れた30分を取り戻す。 8:55am 登山道が氷交じりから完全な雪道に変わり、歩きやすくなった♪ 9:08am 三ッ頭より   右から、赤岳~中岳~阿弥陀岳~旭岳~権現岳(尖ったピーク) 大好きな赤岳の堂々たる容貌に圧倒され、暫し目が離せなくなる。 9:15am この風景に自分の姿を入れたくて、岩の上にデジタルカメラを置き、セルフタイマーで撮影した1枚。斜めになってしまい、ちょっと失敗だが風が強かったので、まぁ良いかと妥協する。 9:27am 権現岳をアップで! 良い感じに尖ってますね~ 9:47am 目指すピークが近づいてきた。 10:00am 稜線手前 登山道は、正面の岩を左側に廻りこむ。 10:02am 問題の・・・ “垂直(に見える?)岩壁” 撤退ポイントかなぁ。なんて思っていたが、なんてことはない。つるつる滑るナイロンの細いロープを掌に巻きながら慎重に登る。難なく通過。 10:04am あの”うさ耳”が、目指す山頂だ。 10:08am   も うちょっとで山頂! と思ったら。。。 あのピークに通じる登り口がなかなか見つからず。行けそうなトレースが何か所かあり、行ってみると行き止まり(足元は断崖絶壁)だったりで、あれ~? 左側から回り込むのかな~? なんて思い、通り過ぎたところで山小屋(権現小屋)を発見! 10:15am 権現小屋 そういえば、持ってきた地図では、権現小屋を通過したすぐ先が山頂ってなってたような。。。 地図を見ると、やはりそう解釈できる。でも、ピークはうさ耳のはず。そうだ!コンパスで確かめよう。と、確認すると、やはり通り過ぎてる! 10:30am 権現岳山頂 うさ耳まで戻ると、なんと、てっぺんに誰かいる! 「山頂って、そこですかー?」と声をかけ、登り口を案内してもらい、無事登頂を果たす。 11:00am 三ッ頭までの道 登りでは気づかなかったけれど、随分と危ういところを通過してたようで; 11:17am 再び三ッ頭 あぁ~、やっぱり赤岳かっこ良いなぁ~ 念願の展望を満喫して気が済み、もうあとは駐車場まで帰るのみ。 山頂直下で声をかけたお兄さん?と意気投合し、途中からいっしょに下山してきました。 単独での日帰り登山は何度か経験してたけれど、単独前夜発&車中泊は初めてで、またちょっとだけ成長できたでしょうか? 八ケ岳連峰の主要ピーク、残すところあと編笠岳と西岳の2つのみ。それも近いうちに。。。        

Publié dans Escalade rapport | Commentaires fermés sur 2016/4/10 残雪の権現岳