每日檔案: 2016/09/18

9/16戸隠山1904M

img_3461

2016年9月16日(金) 奥社P 7:00am→隋神門7:22 若いカップルと出会う→戸隠神社奥社参拝7:40→ 登山届7:47→急登続く→五十間長屋8:34→百間長屋→クサリ場連続→蟻の戸渡→ 9:20八方睨1960m →戸隠山1904m 10:00am→九頭竜山1883m 10:58→一不動避難小屋(高妻山分岐)→不動滝12:14→戸隠牧場13:26 登り 3時間 下り3時間30分 行動時間6時間30分 戸隠山は「いつか登りたい」と思っていた山だった。天気予報が曇りから少し晴れマークに変わったので登ることにした。今回は黒姫山も登っていなかったので二つマーク!昨日黒姫山を登り戸隠神社の中社に宿泊。 朝7時に戸隠神社の駐車場に車を止めてスタート。偶然に若いカップルと隋神門で出会う。もちろん戸隠山に登る二人だった。これぞ戸隠神社の神様ご加護と勝手に思い「蟻の戸渡り」を「ご一緒しましょう!」と言った。奥社を参拝して登山届を出して急な登山道をしばらく上った。 大きな岩の五十間長屋と続いて百間長屋と呼ばれる大岩を見ながら進んでいくとクサリ場の連続となった。そうしていよいよ「蟻の戸渡」と呼ばれる細い尾根に出た。 若い夫婦のカップルのご主人が「こわ~い」と言いながら足を運んだ。私もよつんばになって進んでいった。最後ところがよつんばになれないほど細くまさにナイフリッジだったので馬にまたがるようにして進んでいった。 無事に「蟻の戸渡」を通過!八方睨みに出た。若い二人と一緒に同行出来て本当に良かった。一人だったら・・・どんなに怖いことか・・・ 後は登ったり下ったり九頭龍山を通り高妻山の分岐の避難小屋から戸隠牧場へと下って行った。不動滝、滑滝・・・クサリ場ありの沢下りのようだった。高妻山に登ったルートだった。戸隠牧場に1時半に下山。戸隠山から雄大な黒姫山そして高妻山の素晴らしい山容を見ることが出来て満喫な秋の登山を楽しみました。山に登った充実感が筋肉痛に現れています。 「極楽坊」という奥社のそば茶屋に一緒に美味しい戸隠蕎麦を食べに行った。一期一会の 出会いに感謝しながらお蕎麦を頂きました。  

發表於 爬坡報告 | 評論關閉 上 9/16戸隠山1904M

9/15黒姫山2053m

img_3398

2016年9月15日(木) 戸田 出発 5:00am 黒姫 コスモス園P 8:00am スタート8:30am →姫見台11:05am→越見尾根11:51→黒姫乗越12:30→黒姫山 山頂 2053m 13:30pm→下山13:52→越見乗越15:15→姫見台15:42→スキー場リフト下場16:30→P17:00 コスモスが今が見ごろの黒姫高原コスモス園に朝8時に到着。リフトは9時にならないと動かないので支度をして8時半に歩き始めた。曇り空だったがコスモスとダリアの花園を見ながら歩いて登った。 リフト降り場のおじさんに黒姫山の登山道を確認したら親切に教えてくれた。登山道はリフト降り場から続いていた。朝一番の登山者を待ち構えていたのは蜘蛛の巣だった。ストックでレース編みのような蜘蛛の巣を払いのけながら歩いた。山頂という看板を見てから・・・山頂までの道のりが長かった。真っ白なキノコ ・・・「白雪姫」と勝手に名付けてみた。 午後1時半ようやく開けた山頂 黒姫山2053mに到着。木曜日のWeekdayともあって 登山者はやまゆり一人だけだった。誰もいないのでセルフシャターで写真を撮った。頂上に近づくにつれて木々の間から木漏れ日が差し、清々しい森林浴を浴びているようだった。開けた頂上に到着。水色の空に白い雲が美しく眼下の景色も望むことが出来てラッキーだった。翌日の戸隠山から見る黒姫山の立派な山容は素晴らしかった。歩きがいのある黒姫山に満喫しました。 登り 行動時間 5時間  下り 行動時間3時間半        

發表於 爬坡報告 | 評論關閉 上 9/15黒姫山2053m