Archivio mensile: Maggio 2018

2018/5/11-12Vendetta dell'Aona Buka Valley, dell'isola di Sado e del Kimbok Mountain Long Run,,ja,Leggere la mappa di Uchidanzawa · Gruppo di studio di Rufai,,ja,Amitabha (South Ridge, Ridge centrale),,ja

2018年5月 K子 昨年に続き2回目の佐渡島山行。 昨年は花の時期を逃してしまい、それがずっと心残りだった。 その後、山で出会う花好きの方々から「佐渡島の花は素晴らしい」と聞くたびにK子の期待はさらに膨らみ、どうしても最盛期の花がみたい。 年明け早々にドンデン山荘を予約した。             <今回の山行スケジュール> 5/10(木)池袋から夜行バス 翌朝、新潟港着 5/11(金)6時発フェリーで佐渡島両津港へ ドンデンライナーバスでアオネバ登山口へ アオネバ渓谷を登り 尻立山周遊 ドンデン山荘泊 5/12(土)金北山への縦走 白雲台から金北山ライナーバスで両津港へ 最終フェリーで新潟へ フェリー乗り場発夜行バスで翌朝新宿バスタ着   5/11 佐渡島両津港着。 明日の縦走路が見える。天気は良いが、山からの風が強い。                 8:50発ドンデンライナーバスでアオネバ登山口へ。 9:30登りだす。登り出しは昨年と変わらないまぶしい緑に包まれる。 私のすぐ前を大阪から来たという7人組のおば様が進む。会話が面白い!             昨年との違いは10分もしないうちにニリンソウが花道を作り始めた。 ニリンソウがデカくて茎が長い。佐渡の花は本州と比べて花びらが大きいらしい。                         「落合」過ぎたあたりからシラネアオイが咲き始める。 登山道はいつしかシラネアオイ街道に変わっていた。 神津島で出会った夫婦が言ってたとおり、登山道両脇に花が咲き乱れていた。 もううれしくてしょうがない! でもこれはプロローグに過ぎなかった。   11:50 ドンデン山荘へ続く車道に出る。 車道脇にキクザキイチゲや ずっと見たかったあの花が顔を出す。             佐渡の花と言えば「オオミスミソウ」いわゆる雪割草がひっそりと咲いています。             時期が遅いのでオオミスミソウの花道とはいきませんでしたが、可憐で少女のような花を見つけるたびに、胸がキュンとなります。かわいい。 オオミスミソウは咲いていないと思っていたので、うれしくてたまりません!!                 車道を20分ほど歩いてドンデン山荘に到着。 食堂で山菜そばを頼んだ。天ぷらの山菜は、今採ってきましたという感じで、香りが強く、人生で一番うまい山菜そばだった 「今日は満室なので、部屋はプラネタリウム室、女性7人グループと同室でお願いします。」と言われ、一瞬、肩見狭っ!て思ったが、部屋の隅に荷物を置き、尻立山への周遊に出発した。     尻立山への道は、すごい風で尻立山の頂上ではまともに立っていられない。 佐渡島はその位置のとおり、大陸からの風をもろに受けるので、風速20mぐらいは時折あるらしい。体感的にそんなイメージの風が吹いていた。                       時折雪が残る道を歩くが、その脇の雪が融けたところはずっとカタクリ畑になっていた。              Continua a leggere

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged , , | Commenti disabilitati su 2018/5/11-12Vendetta dell'Aona Buka Valley, dell'isola di Sado e del Kimbok Mountain Long Run,,ja,Leggere la mappa di Uchidanzawa · Gruppo di studio di Rufai,,ja,Amitabha (South Ridge, Ridge centrale),,ja

2018/5/20 裏丹沢地図読み・ルーファイ勉強会

参加者:Y朗先生、Hさん、K子(レポート報告) 場 所:裏丹沢バリエーションルート Y朗が企画した夏合宿への計画的なレベルアップの一環である「地図読み&ルーファイ勉強会」に参加しました。 K子、本当はバリエーションとか行きたくないが、実家に行くついでに!と浅はかな気持で参加した(ごめんなさい)。               <登り>地蔵尾根 破線道でテープ等の目印は豊富ながら、脆い足場や岩場なども多く、変化に富んだ準バリエーション。 <下り>絵瀬尾根 地図上に道の印のない完全バリエーションルート。踏み跡、テープ等の目印もほぼないに等しい。ルート上、地蔵尾根からの分岐地点、神ノ川からの取付は特に不明瞭。   7時40分 神ノ川ヒュッテゲート前出発。 この日何があるのか車がいっぱいで、ゲート近くに駐車できない。今まで数度ここから出発しているが、こんなの初めてだった。       まずは、広河原を目指す。約1時間林道を歩き、広河原入口到着。 そして地蔵尾根の取付きを見つけられるか!からルーファイが始まる。K子は一度、地蔵尾根を経験済みなので、Hさんが先頭に立つ。 Hさん、尾根への取付き見つけられず、そして経験済みのK子も見つけられず・・・。 K子は、いつもY朗が先導しているから進んでいけるんだと、後から付いて行ってるだけの自分を反省。気持ちを引き締めて、Y朗先生に教わる心構えに変わる。 今日は、適宜、止まっては地図で地形と進む方角を確認する。 地蔵尾根の取付きへはまず渡渉する。少し岩場を登り、本当の尾根まで急登が続く。 Y朗先生から”落”をしない歩き方を教わる。                 本当の尾根からは、HさんとK子が交互に先頭を歩く。 地蔵尾根は点線道だけあって、踏み跡も目印テープもついており、迷うことは通常ならほぼないかと思う。 でも、急登で木の根や岩交じりの道は歩きにくい。         時折、急斜面やヤセ尾根にはロープがつけられている。                     途中、下りの絵瀬尾根へ入ってく場所が見つけられるかテストがあった。 K子なかなか見つけられず、結局、Y朗先生が教えてくれる。 こういう帰りの分岐があるような場合、行きの段階で入口の目安を付けたほうが、場所を逃しにくいとアドバイスを受ける。 9時40分 地蔵平到着。 天気もよく、蛭ヶ岳まではあと1時間半程度だが、今日は目的が頂上ではないので昼食後、ここから折り返す。 登ってきた道なのに、すごく急に感じる。 Y朗先生が「下りは登りと違って、目線と地面が離れるから急に感じられるんだ」と当たり前のこと言われたが、もう先生の言うことはなんでも感心してしまう。       Hさん先頭。ここが今日の核心かも。 絵瀬尾根の入り口から、尾根の歩き出しを見つけようとするが、先にある尾根っぽく見える崖まで行き過ぎてしまう。         Y朗先生から正しい道を教わる。先生から地図をよく見ること。そして、地図から進む方向がどの方向かを判断する(この場合は真西)こと。 俯瞰して場所をとらえ進む道を見つけることが重要であると教わる。     登り下りともに、ほぼ樹林であったが、少し山が見渡せた。         蛭ヶ岳も見渡せた。       K子先頭。この後、尾根が広くなったあたりで、道を外れる。少し右に来てしまたようで先に尾根がなくなる。そして、修正したはずの道では、こんどは左に行き過ぎたようで、岩のもろいガレ道になってしまう。 K子、少し前からなんとなくおかしいなと思っていたところ、Y朗先生、Hさんから間違ってないかなと確認が入る。 Y朗先生もHさんも間違いに気づかせようと、しばし指摘しなかったようだ。 自分でもなんとなく違うかもと思った瞬間に、軌道修正(地図確認)すればよかったと反省。 さらには、間違える前に、間違えそうなところは、地図をこまめに確認することの重要性を気付かされる。         尾根から沢に降りていく道もわかりずらかった。         渡渉点を探す。       Y朗先生、Hさんは飛び石をうまく利用して渡渉したが、バランス感覚のないK子は飛ぶ勇気がなかったので、靴脱いで水の中を歩く。 気持ちよいが、つめた~い。       河原で少し休憩をして。最後、林道まで標高差にして2、30メートルくらいを登ります。そして、神ノ川ヒュッテ前に着いたのは16時半。    Continua a leggere

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged , | Commenti disabilitati su 2018/5/20 裏丹沢地図読み・ルーファイ勉強会

2018/5/26 阿弥陀岳(南稜、中央稜)

参加者:Y朗、K子(レポート) 日帰りで阿弥陀岳南稜を登り、中央稜で下山。K子は同行程2回目。 6月の天狗尾根山行に不安を覚えるK子(正直、あまり行きたくない)。 体力、岩場(特に嫌いなトラバース道)に対応可能か見極めのため行ってきました。           4時半、まだうす暗いなか、舟山十字路出発。 先週の裏丹沢に比べて、道は歩きやすく、約2時間で立場岳到着。 立場岳を越したあたりの風景。八ヶ岳らしい。 今日の天気は少し霞がかかったような天気。         青ナギからの阿弥陀岳。       無名峰で2回目の休憩後、先週のルーファイの復習もかねて、K子が先頭を任される。 道迷いすることはないが、いかに歩きやすい道を進むかという課題。 P1を過ぎて。           P2付近           P3に近づいてきた。ここから見る山の感じ好き!           P3手前のトラバース付近。 正直、ここは道幅広く、トラバースの練習にはならない。           この後のP3巻き道のトラバースが草付き小石混じりの下りで怖かった。へっぴり腰。             ルンゼを登る。雪・氷はない。今年の3月に事故があった場所だ。 前回は、ここで何もかもが怖くてロープを出してもらったが、今回はロープなしで登る。 Y朗からは、雪解け後は剥がれそうな石もあるから、一手、一足一足確実に選び、進むことが肝要だと教わる。           そんなに怖くないけど、でもやっぱり怖い。慎重に登りきる。           P3を過ぎて。ホットしてのピース✌           P4手前。P4には少しトラバースがあります。           このトラバースも大丈夫!K子は下りトラバースが苦手のようです。           最後のひと登り。頂上はすぐです。               8時40分、頂上到着。 登ってきた道を背景に、珍しく、ツーショットの写真が取れました。   まだ時間が早いから、南稜を来た1組と私達ぐらいがお昼休憩です。 1時間程休んでしまいました。         やや霞んでいるが、赤岳はもちろん、八ヶ岳全域、富士山、南、中央、御岳、乗鞍、北アと360度の眺望を満喫しました。遠くの山はまだまだ雪が残っていました。          Continua a leggere

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged , | Commenti disabilitati su 2018/5/26 阿弥陀岳(南稜、中央稜)