2018/7/14~23 スイス①(グリンデルワルト編)

2018年7月,我獨自前往瑞士K,在山上行走。,,ja,在有限範圍的照片中,我認為山的壯麗,壓倒性的存在,以及山脈活著的感覺都沒有傳播。所以請去瑞士參觀吧!,,ja,格林德瓦節,,ja,艾格峰北牆,,ja

写真という限られた範囲では、山の雄大さ・圧倒する存在感、山が生きている感じは伝わらないと思います。なので、ぜひスイスに行って体感して下さい!

 

グリンデルワルト編

アイガー北壁

 

 

 

 

 

 

 

7月14日(土),,zh-CN,從成田機場出發,15:30到達蘇黎世機場,直飛。,,ja,四列火車相連,格林德瓦於19:30抵達。,,ja,抵達後,下雨。當我在網上檢查格林德瓦的天氣時,它每天都會下雨。,,ja
成田空港を出発し、直行便でチューリッヒ空港15時半到着。
電車4本乗り継ぎ、グリンデルワルト19時半到着。
到着時、雨。グリンデルワルトの天気をネットで調べると、これから毎日雨。
我感到難過,我看不到瑞士的藍天。,,ja,7月15日(週日),,ja,我無法適應時差,我無法入睡。像往常一樣天氣預報是下雨。,,ja,但是我可以看到艾格峰的晴朗日落。一邊想著“今天會好起來的”,,ja

 

7月15日(日)
時差の順応ができず、眠れなかった。相変わらず天気予報は雨。
でもアイガーの向こうに晴れ間が見える。「今日晴れるんじゃね~」と思いながら、
グリンデルワルト日本語観光案内所に行程の相談に行く。

宿は部屋からアイガーが見える好立地

 

 

 

 

 

 

今日は明日より天気のもちがよいと言われ、行程長めの「グロッセシャイデック」から「ブスアルプ」の縦走に変えた。
格林德爾瓦爾德站(海拔1034米)從8點40分乘公共汽車到達Grossse Scheideg(海拔1962米)。,,ja,在Scheidek是Pass和Grossse很大的意義上,它是一個叫做“Big and Pass”的地方。,,ja,走路的鮮花,,ja
シャイデックは峠、グロッセは大きいという意味で「大きいと峠」という場所。

歩き出しから花が

 

 

 

 

 

 

我走路時遇到了一群牛。,,ja,附著在牛熊身上的牛鈴的聲音在它平靜下來的山中呼應。,,ja,我意識到瑞士的語氣很舒服。,,ja,與此同時,繼續沿著幾乎平坦的縱向跑道行駛。,,ja,公牛很安靜,,ja
牛の首につけられたカウベルの音が、静まり返った山にこだまする。
音色が心地よくスイスにいることを実感する。
この先、ほぼ平らな縦走路を進む。

牝牛はおとなしいとのこと

 

 

 

 

我將面對穿越格林德瓦山谷的艾格峰,,ja,從Grossse Scheideg到Filth的鮮花非常精彩的信息。,,ja,各種鮮花盛開。,,ja,它是牧場的一朵花而不是高山植物。,,ja,看起來很小的第一件事是Filth。,,ja

 

 

 

 

 

 

 

グロッセシャイデックからフィルストまで花が素晴らしいという情報。
いろんな花が咲いていた。

高山植物というよりは牧草地の花です。

 

 

 

 

先に小さく見えるのがフィルストです。

 

 

 

 

 

日本では見ない水色や青の花が咲く。

 

 

 

 

 

花が青いんですよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間を気にせずにゆっくり山を見ていたくなります。

お気に入りショット!

 

 

 

 

 

 

 

フィルスト(標高2160m)を過ぎ、バッハアルゼーという山上湖に12時半到着。
將熱水倒入凍乾米飯中,保存午餐。午餐幾乎每天都得救。,,ja,看起來像Bach alpse Hakuba Happoike,,ja,下午13點離開犀牛角,雨水飄過。,,ja,Foul horn放棄了,決定將Busuarupu瞄準與計劃不同的道路。,,ja

バッハアルプゼー 白馬八方池みたいだ

 

 

 

 

 

 

13時ファウルホルンに向け出発、雨がぱらつく。
ファウルホルンは諦め、予定とは違う道で、ブスアルプを目指すことにした。
我走在下圖中黃線的路上。,,ja,我會沿著黃色的路走。,,ja,雖然這條道路並沒有在日本的指南中引入太多,但到目前為止,與平坦的道路相比,爬山的元素有很多,你可以看到艾格峰。,,ja

黄色の線の道を歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

この道は日本のガイドブックでは、あまり紹介されてませんが、今までの平らな道と比べ山登りの要素が多く、アイガーを間近に眺められます。
只有一天好夥伴!我記得很重要。,,ja,我會把山中間的風吹起來,,ja,在路上,我忽視了方式。,,ja,那裡有一個女人,所以如果我說“我想去Busuarupu”,我用智能手機檢查了方式。它似乎爬上了山。,,ja

山の中腹を巻いていきます

 

 

 

 

 

 

途中、道を見失う。
そこに単独行の女性がいたので、「ブスアルプに行きたい」と言ったら、スマホで道を調べてくれた。山の上に登っていくようだ。
這位女士似乎是韓國人。這個人會走向同一個方向,但目的地是不同的。,,ja,韓國人爬。,,ja,爬起來時......在另一邊,,ja,當我爬上山脊時,艾格爾靠近我。,,ja,疲倦一下子就吹走了!,,ja

韓国の方が登っていく。

 

 

 

 

登り切ると・・反対側に

 

 

 

 

 

 

 

稜線まで登り切るとアイガーが間近に飛び込んできた。

疲れが一気に吹っ飛ぶ!

 

 

 

 

 

 

 

韓国の方は道を間違えていたようで、私と同じブスアルプに変更するとのこと。
「じゃあ16時40分のバスに乗りましょう」と、片言の英語で話しかけながら、付かず、離れずの距離で進む。

二人でブスアルプを目指す

 

 

 

 

 

気持ちよい道です。

 

 

 

 

我來到了山的後面,,ja,離開巴士15分鐘。巴士站還很遠。,,ja,韓國發現一輛公共汽車沿著傾斜的道路“我可以看到公共汽車〜”。,,ja

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスの出発まであと15分。まだバス停は遠い。
韓国の方が「バスが見える~」と坂道を上がってくるバスを発見。
我:“我不跟上了,最後一班車我做我得到它從那裡經過1小時”但他說,增加的速度,兩個人,在出發前1分鐘登上公交車。,,ja,雖然我氣喘吁籲,“你是好夥伴,,ja,謝謝,,en,“性質和話語來了。,,ja

息を切らしつつ「You are nice partner , thank you ! 」と自然と言葉がでた。
上手に話せなくても、山を通じて気持ちも繋がるんだと思い、彼女と歩いたこの道は大切な思い出となりました。

然後從Busuarupu(海拔1823米)乘坐公共汽車約30分鐘,然後返回格林德瓦。她說她會留在因特拉肯,握手並說再見。,,ja,儘管時差,我在這一天走了20公里。,,ja

この日は時差ボケにも関わらず、20kmも歩いてしまった。
從第一天起我非常滿意。我在房間裡看著艾格兒的時候喝了啤酒。,,ja,祝瑞士好運!,,ja,順便說一句,在此之後,傾盆而下。,,ja,7月16日(月),,zh-CN,昨天之後,我無法調整時差,我無法入睡。,,ja

スイスと「良きパートナー」にかんぱ~い!

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの後、土砂降り。

 

7月16日(月)
昨日に続き、時差を調整できず、眠れなかった。
當我打開窗戶時,我看到日出插入的艾格峰。,,ja,昨天的雨是否吞沒了蒸汽,它是晴天和晴天,是一個完美的攀登日。,,ja,我將去Jungfraujoch天文台。,,ja,如果是圖片紅色燒壞不出來〜,,ja
昨日の雨が水蒸気を飲み込んだのか、無風快晴、絶好の登山日和。
ユングフラウヨッホの展望台に行くことにする。

写真だと赤焼け写りませんね~

 

 

 

 

 

 

 

我8點40分乘火車離開。瑞士車站原則上沒有檢票口。,,ja,但是,檢查人員將檢查火車票。,,ja,格林德瓦站很小,,ja,火車行駛速度很慢。,,ja
但し、電車内に検札官が切符をチェックにきます。

グリンデルワルト駅 小さいです

 

 

 

 

 

 

電車は急勾配をゆっくり進む。
孟尼和少女峰逐漸露面(實際上我不知道那座山是哪一座)。,,ja,很漂亮。,,ja,抵達Kleine Scheidegg(海拔2061米)。,,ja,這個地方在360度山脈環繞的地方真的很棒,但照片不能告訴它。,,ja

ひゃーきれい。

 

 

 

 

 

 

 

クライネシャイデック(標高2061m)に到着。
ここは360度山に囲まれた場所で本当にすばらしいのですが、写真で伝えきれず。
從這裡出發,乘坐“少女峰鐵路”,瞄準歐洲最高的車站。,,ja,以Mönch和Jungfrau為背景,,ja,接近冰川,,ja,我們在途中從Eiger Gressier站進入隧道。,,ja,艾格爾greasher站,,ja,抵達Jungfraujoch站(3454米)。,,ja

メンヒとユングフラウを背景に

 

 

 

 

 

氷河に近づく

 

 

 

 

 

 

 

途中のアイガーグレッシャー駅からはトンネルに入る。

アイガーグレッシャー駅

 

 

 

 

 

 

ユングフラウヨッホ駅(3454m)に到着。
我在這樣的地方建了一個車站,我覺得觀光的力量比山的奇蹟還要好。,,ja,因為我沒有來自我的腳,我不覺得我在高山。,,ja,冰川,,ja,孟妮在後面,,ja,我將從這裡走到僧侶肩膀上的小屋約40分鐘。,,ja
自分の足で来ていないからか、高山にいる感じがしなかった。

氷河

 

 

 

 

メンヒをバックに

 

 

 

 

 

 

 

ここからメンヒの肩にある小屋まで40分ほど歩きます。
有點高原反應很難進步。,,ja,箭的山脊是通往僧侶的山路,,ja,山脊後面有一間小屋,,ja,我一直在觀看人們從山路登山到僧侶(海拔4107米)前往山頂。,,ja,這條山似乎比那須的東南角更容易。它似乎很容易誠實和攀登。,,ja

矢印の尾根がメンヒへの登山道 
尾根の裏に小屋がある

 

 

 

 

 

 

メンヒ(標高4107m)への登山道の取付きから頂上に向かう人をずっと見てた。
この尾根は、那須の東南稜よりは簡単そうで正直、登れそう。

登山路徑到Möni山頂。箭頭中有一個人。,,ja,肩小屋,,ja,我回到車站。這次Jungfraujoch歡迎您。,,ja,在Eiger Gressier站下車,然後返回Kleine Scheidegg。,,ja,我將沿著冰川的山下去。,,ja

 

 

肩ノ小屋

 

 

 

 

 

 

 

 

駅まで戻る。今度はユングフラウヨッホが迎えてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

アイガーグレッシャー駅で下車して、クライネシャイデックへもどります。

氷河の山を背に下ります。

 

 

 

 

 

在瑞士,與狗一起攀爬是顯而易見的。,,ja,艾格峰的北牆讓我感到不知所措。,,ja,今天我將從格林德瓦搬到勞特布龍嫩。,,ja,走了這兩天,,,ja,·不能依賴天氣預報,或預計下午會下雨。,,ja

 

 

 

 

アイガー北壁には圧倒されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はグリンデルワルトから、ラウターブルンネンへ移動します。

この二日歩いて、
・天気予報はあてにならないというか、だいたい午後から雨予報です。
早上看天空並考慮旅程可能會很好。,,ja,·在夏天,我認為瑞士的山更白,但卻不同。,,ja,冰川明顯退縮。這是全球變暖的影響嗎?,,ja,繼續前往“馬倫”。,,ja
・夏でもスイスの山はもっと白い山と思っていたが、違っていた。
氷河が明らかに後退している。温暖化の影響か・・

以上 続きは「ミューレン編」へ。

此項目被張貼在 爬坡報告 和標記 , . 書籤 一篇.