2012/07/28~29 硫黄岳・天狗岳

【報告者】山岸
【日付】2012/7/28-29
【宿泊】オーレン小屋テント泊
【天気】7/28 晴れのち夕立、7/29 晴れ
【メンバー】大原・山岸 他3名
【歩行時間】
7/28 9:00 桜平駐車場→ 10:40 オーレン小屋(幕営)
11:40 オーレン小屋→ 12:40 蓑冠山→ 12:50 根石岳 A班とB班で分岐
13:00 根石岳 → 13:30 東天狗岳 → 13:55 西天狗岳 (ピストン) → 15:30 オーレン小屋
7/29 5:20 オーレン小屋 → 5:40 夏沢峠 → 6:30 硫黄岳
7:00 硫黄岳 → 7:25 赤岩の頭 → 8:20 オーレン小屋
10:50 オーレン小屋 → 11:50 桜平駐車場
【アクセス】
往路 上尾~北本IC~圏央道~中央道~諏訪IC~桜平
復路 桜平~小渕沢IC~中央道~圏央道~北本IC~上尾
友人の家族と5人の山行。
娘さんは小学校2年生。
彼女は数年前から、高尾山、筑波山とステッップアップしてきた。
今回は重いテント泊装備もしっかり背負って、
いよいよ八ヶ岳に挑戦。
桜平の林道は悪道で、車の腹を何回もこすりながら駐車場に着く。
異常に混雑しているため路肩に駐車。
娘さんは、車に酔ってきつそうだった。
たまにふくらはぎが痛くなりつつも、休憩をこまめに取りながら登山。
オーレン小屋で幕営したあと、天狗岳を目指す。
友人家族は、森林限界を見るのは初めてで
根石岳では素晴らしい笑顔。
娘さんの体力を考慮した三人といったん別れる。(B班はテンバへ)
我々(A班)は、そのまま東西天狗岳に進む。
冬には2回来ているが、私は夏の天狗は初めて。
桜平のルートも初めてで東西天狗の背比べと
根石小屋ではコマクサが美しかった。
テン場に着いてからは、夜中も雷雨が続いた。
翌日
二日酔いの私以外は全員体調も良く
好天の中、硫黄を目指す。
夏沢峠からは急登だが、
自分の歩いた跡がみえることと
眺望の良さで、娘さんも飽きるずに、元気に登る。
山頂の手前からは、小鹿のように
飛んで歩く。子供は身軽だ!
全員登頂。
友人家族は満面の笑顔で記念撮影!
お父さんは、登頂報告を携帯で友達にしていた。
娘さんは蓑冠山・根石岳・硫黄岳のバッチを
お父さんに買ってもらった。
そのバッチをお母さんにザックにつけて貰って帰った。
これからも彼女は
ピークハントのバッチをコレクションするそうだ。

東西天狗の背比べ

根石山荘前のコマクサ

もうすぐ硫黄岳山頂

お父さん、山頂で友達に登頂報告

いい天気

東天狗岳へ

 

 

山岸 ひろこ について

ここにも頻繁に投稿しています。 http://kuchikomi.tim.jp/yama2/index.html リンダで出ています
カテゴリー: 山行レポート タグ: , パーマリンク