2013/07/06 飯豊山 2105m

7月6日(土)

夜7時大宮発~西會津IC(仮眠)3:30 起床~彌平四郎登山口5:00出発~

三國岳8:50~切合(きりあわせ)小屋10:35~草履塚11:25~本山小屋12:50到著
歩行時間 8時間

7月7日(日)
本山小屋6:00~飯豊山2105m 6:14 登頂~下山~切合小屋0:11~三國小屋~駐車場13:00

這是一個百合,但它的Idesan是出了名的,我很感激,我能與吉田攀登。

雖然跌宕起伏,走在樹山毛櫸綠,展望通過Iboiwayama(疣岩),山壟Dainichidake是在前面的眼睛立刻可見,我有殘雪,並開始BANDAI是,它是非常美麗。

天氣預測,預測晴天,陰天,下雨前就像是停滯不前,風是上週六多雲的天空爬升,但強烈的聲音在風通過灌木間,是Kokochiyoka〜津市。

雪山谷走了出來,過去美麗的粉紅色小屋,姬百合的山路映入眼簾的顏色。

3通過,通過Tanemakiyama穿越白雪皚皚的山谷小,我在10:35到達,如果削減小屋。

我是在安全的山路,步行約20分鐘,雖然有點緊張,從開關箱小屋攀登白雪皚皚的山谷。

從涼鞋​​每土堆,它給人留下了深刻印象,這也是“小雞Usuyukisou”不合群。
現在你已經到了宿營地,雨已經成為常規的突然降雨。

無論如何,乾燥後,什麼是濕的,我是能夠慢慢。
這是難以控制的時間,但強降雨不會停止,它只是風暴...強。

7月7日(日)

早晨,天氣仍然不穩定。(2101米) 晉。,據說,這將是未來Idesan春季滑雪,但它被踩在這一次峰會。

雪渓を下るのに一歩一歩緊張しながら下ったが、風もおさまり雨も降っていなかったので良かった。快調に下山する吉田さんは、ブレーキもかけずにリズミカルに駈け下りて行きます。やまゆりは、とりあえず、ブレーキをかけながら下山しましたが、上った急登を下るのですから・・・翌日は、筋肉痛。天候が荒れていたので大日岳は、取りやめ霧の中の飯豊山でしたが、いろいろな高山植物を見ながら登った素晴らしい飯豊山でした。「新道 弥平四郎」から登るコースは、お薦めのコースだと思います。

通過東北高速公路擁堵,回到家裡,安全返回。

此項目被張貼在 爬坡報告 和標記 . 書籤 一篇.