2013/07/20-21 白馬落葉松高超的縱向視圖

山行日:2013年7月20日(土)~21(日)
メンバー:田中・中川(記)

<概要>
19(金)19:30川越発、八方第2駐車場24時到著。
20(土)4:30起床、タクシーで猿倉山荘へ。
21喚醒(星期日)4:00,5:10開始,6:45臨終Kiretto,7:53Ⅱ高峰Kitamine,8:10Ⅱ河南山頂,8:10 Karamatsudake,11:05第三科隆,11:50 Happoike LODGE。

Kiretto超越主要通過白馬深山背著帳篷登山。

20(土)白馬大雪渓から白馬三山
到Sarukura莊乘坐出租車從八方免費停車場。

白雪皚皚的山谷決口

我很緊張,落石你聽到的聲音不時Shakushidake側。

我爬上大的雪補丁

步驟不繼續朝著Shiroumadake把扎克 - 在白馬頂級的宿舍,但是涉及高山反應。
您可以有不同的形式,它是從大的雪補丁Shakushidake看。

白馬Yarigadake Shakushidake的

杓子岳山頂と鑓ヶ岳の分岐点に着いた。苦しいが迷わず杓子山頂を目指す。なんて歩きにくい道なのだろう。瓦の上を歩いているような音がする。白っぽい薄い石のがれ場の急登を登って山頂に到着。鑓ヶ岳を目指して下山。砂漠のような白い道を急降下する。すべりやすいいのでスリップに注意して歩く。最低鞍部に到着。杓子の石は白いのに鑓の石は黒い。それが鞍部できっきり分かれている。不思議だ。最低鞍部から200mの登り返し。きつい。歩幅を狭く、イーブンペースで歩けば大丈夫。山頂に到着。目指す天狗山荘が見えた。まだまだ遠い。またまた急降下し登り返す。今日何回目の登り返しだろう。2744ピークからは下りになり雪渓を下って天狗山荘に到着。ほぼ予定通りの時間だ。テントは5張りある。スペースは十分。小屋に近い場所に設営。吉田さんを探すとほぼ同じ時刻に到着していた。小屋の休憩所で生ビールを飲む。うまい!天狗山荘は黒い山小屋。清潔で応対がよい。雪渓の雪解け水が冷たくてうまい。カレーを注文した。まあまあの味。生ビール2杯と日本酒1本飲んで18時過ぎに就寝。この日は快晴で夕方になってもガスが全く出てこない。眩しすぎてサングラスを装着した。日焼けが心配。

21Karamatsudake通過(日)奄奄一息的Kiretto
4醒來後。

垂死Kiretto的

目の前にそびえるⅡ峰がとっても大きい。取り付くまではどこを歩くのか全く分からないが取り付いてしまえば大したことはない。上からの落石に注意して足で登る。鎖は使わなくても心配なく登れる。左側に巻き込み岸壁をへつるようにトラバース。今まで見えなかった唐松岳側の斜面が山頂直下だった。Ⅱ峰北峰に到着。ここが核心部?といった感じだった。剣や立山がどんどん大きくなる。続くⅡ峰南峰を踏みⅢ峰はトラバースして唐松岳に到着。人が多い。剣岳と立山が正面に見える。五竜が大きい。すごい威圧感だ。今まで歩いてきた縦走路が見える。何日も山に入っていたような感覚になる。不帰キレット・・・ものすごい切れ落ちと登り返しに見える。剣や立山・五竜に鹿島・・すぐに行くからね。

讓我們一起去劍!

落葉松山撤退是一個大的小屋。

考察
・大雪渓にクレバスが発生している場合迂迴が必要となる。
・雪渓上は六本爪アイゼンがあると足が滑らないので楽に登ることができる。
·請注意在白雪皚皚的山谷大從側面Shakushidake的落石。
·謹防高原反應這麼陡峭的攀爬。
•在Kiretto通,這是不困難的,如果可能的三點支撐。
·Kosutaimu Sarukura⇒⇒天狗。白馬山莊非常艱難。
•在周圍Ki​​retto,確保你不要做一個了斷下的過程,尤其是說話。

<Cost>
高速料金:2900円 2000円/2人(2450円)
タクシー代:3000円/2人(1500円)
テント泊:1000円/2人(500円)
生ビール800円×4杯/2人(1600円)
夕食のカレー1000円
日本酒400円/1人
ゴンドラ&リフト1400円/1人
溫泉500円/人
走行距離:500キロ
トータル11500円

此項目被張貼在 爬坡報告 和標記 , . 書籤 一篇.