2014/10/26 Asama

メンバー  ◎かまちゃん かとちゃん ふるちゃん

<Maladies>
車坂登山口6:30 →(表コース)→ トーミの頭8:00 → 草すべり → 火山館9:30 → 浅間山(前掛)山頂12:20pm → 湯の平口13:40 → 草すべり → トーミの頭15:00 →(中コース)→ 車坂登山口16:00

<山行報告>
当日は天気にもめぐまれ、すばらしい山行でした。紅葉のほうは、終わりの時期でしたが、車坂峠までの道も松の木々が黄金色に燃えている様子がとても素晴らしかったです。

少し早めに出発地の車坂峠に着いたので、ここのレストハウスで朝食をとり、出発しました。出発してすぐ表コースから小諸の街並みが見えました。奥には蓼科方面の山々も見えました。朝日と重なってきれいな景色でした。トーミの頭を越え、いざ草すべりへ!

04.表コースから②  ②草すべりコースからの浅間山を眺める
表コースからの眺め            草すべりコースからの浅間山を眺める

トーミの頭から草すべりへと移ると、目の前に浅間山が見えました。湯の平高原の先に荒涼とした浅間山の姿は絶景でした。山頂付近に登山している人の様子が見られました。トーミの頭までは結構人がいましたが、草すべりの下りへと移るコースはそれほど人がいませんでした。それと、ちょうど、御嶽山の噴火も重なり、浅間山もその影響を受けたのかなとも思われます。コースを下ると、今度は湯の平口で他のコースと合流します。ここでちょっと寄り道をして火山館にも寄りました。

火山館から湯の平高原へ、、、、。外輪山の中を気持ちのよい山行が続きます。紅葉の松林の中から蛇骨岳、仙人岳が顔を出し、背後には剣ヶ峰を望みます。浅間山が大きなカルデラの中にある山ということが感じられる山行です。次はJバンド経由も行きたくなりました!気持ちのよい湯の平高原を過ぎれば、浅間山山頂へのアタックコースです。再び眺めも良くなり、今度は嬬恋村の集落の様子が望めるようになりました。足場は火山の山ということだけあって、段々と火山石に覆われ、歩きにくくなっていきました。風も強くなってきました。

④賽の河原から山頂へ  ③湯の平高原
湯の平高原                   賽の河原から山頂へ

やった!山頂へ到着!(しかし、本当の山頂にはいけません)。前掛山山頂から、小諸、嬬恋の街並みが見えました。また、黒斑山もとてもきれいでした。少々雲もでてきましたが、まだまだ、眺望は望めました。時々硫黄の臭いも感じられました。メンバーも疲れはでてきましたが、まだまだ元気、、、。疲れが体の中のアドレナリンを刺激し、段々とハイテンションへ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA
浅間山(前掛山)山頂             下山中に「かとちゃんぺ!」

帰りはたのしく下り、ルンルンと行きたいこところですが、帰りも草すべりの大きな登りがあるのが、ちょっと苦しい、、。しかし、気持ちはどんどん「ハイ!」の方向へ!雲は少しずつ多くなりましたが、まだまだ、気持ちのいい山行です。再びトーミの頭に到着。そして、仲良し記念撮影。トーミの頭で一服し、帰りは中コースで下山開始。

⑦草すべりからJバンド方面を眺める  ⑧トーミの頭での仲良し記念撮影
草すべりからJバンド方面を眺める      トーミの頭での仲良し記念撮影

中コースから車坂峠へ到着。最後に近くの高峰高原温泉で一風呂を入り、いざ、帰路へ、、、。温泉から出てきたら、土砂降り状態となりましたが、山行には全く影響がなかったです。いい山行でした。

& Nbsp;

Cette entrée a été publiée dans Escalade rapport. Bookmark the permalien.