2016/1/9~11 冬合宿 北アルプス蝶ヶ岳

2016/1/9-1/11 冬合宿 北アルプス 蝶ヶ岳

メンバー(敬称略):M崎(L)、会長、S下、I村、Dでぃ、Naoちゃん、すりまん、Kさわ(記)

1/8(Or)
先発隊5名は、上尾駅に21:00 に集合 ⇒ 道の駅にて前泊。

1/9(Sol)
後発隊3名、8:00am過ぎに沢渡駐車場にて合流(^^)V
沢渡から中の湯(釜トンネル入り口)まで、当初はバスで移動の予定でしたが、予定時間よりだいぶ早く身支度ができたのと、ちょうど8名なのでタクシー1台に4人ずつ乗り、結果的に全員で往復2,800円の節約となる。 これは大きい!

9:15am 釜トンネル入り口
20160109 0913
それにしても、道路に雪がぜんぜん無ぁ~い!
未だ ”冬合宿” の気分が盛り上がらないままヘッデンを点けて、トンネルに突入。

9:40h
20160109 0943
トンネルを抜けると一面の雪景色!やっぱこうでなくちゃね。思い思いに写真を撮りながら、のんびりと。

9:50h
20160109 0953
今回は山中2泊なので、みなさん荷物は重いけれど、徳沢(幕営地)までは終始緩やかな道なので、疲れを知らずに順調に歩を進めて行きます。

10:15am 大正池
20160109 1014
大正池から明神岳 標高2,931m が綺麗に見え、一同テンションが上がる!
明日もこんなに穏やかだったら良いけれど。。。

10:20h
20160109 1016
S下さん&期待のルーキーすりまん。

10:45h
20160109 1043
沢の向こうに六百山 標高2,470m を臨む。

10:50am 上高地
20160109 1051  OLYMPUS DIGITAL CAMERA
赤い屋根の帝国ホテル(冬季閉鎖中)をバックに記念の集合写真。
なんだかまとまりが無いですが。。。(^^;)

11:10am 上高地バスターミナル
20160109 1107
スタートしてから約2時間弱で到着。夏はここまでバスで来れるのにね。

11:10h
20160109 1108 足あとひとつない、真っ白な雪面。

11:25am もうすぐ河童橋         11:30am 河童橋にて
20160109 1125 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12:30 明神分岐
20160109 1233

12:40 徳本峠分岐
20160109 1241
”とくほうとうげ” だと思っていたら、”とくごうとうげ” との表記が!
地名って、難しい。。。

13:25
20160109 1324 20160109 1325
もうすぐ徳沢(幕営地)です!

13:25
20160109 1337
13:35 徳沢に到着
冬季用トイレが使用できることが分かり、ちょっとテンションが上がる(^^)/

13:40
20160109 1338
ちょうど良い間隔で2つ幕営跡があったので、みんなで雪を踏み固める。
この後、すりまんが本職を発揮し、固くなった雪の塊をスコップで掘る掘るっ!
(あっ、べつに雪を掘る仕事してる訳じゃないですよ;)

14:30 設営完了
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回は装備の軽量化を図り、4テン×2およびS下さんの1テン(兼荷物用)で済ませるため、テント内に入りきらないザックはツェルトに包んで雪の上に。

明日朝早いので、16:30頃からお湯を沸かして夕食の準備を始める。
するとなんと、S下さんがコシヒカリのご飯を炊いてくれて、おすそ分けをいただく。雪山でこんな美味しい白米をいただけるとはホントに贅沢です!!!

夕食後は、お楽しみの宴会! ボジョレー白(フルボトル)や、各自持参のバーボン、焼酎など。おつまみはカマンベール・ほたるいかの一夜干し・ドライハム・ミックスナッツ・輪ゴム(←?)みたいなやつなどなど、バーナーで炙ってみたりして大いに盛り上がる。

20:00過ぎ、解散後に空を見上げると、満天の星!なんとかして画像に収めたいと、カメラの設定をいじりまくってシャッターを切るも、画像は真っ暗。。。(泣)
数回チャレンジして諦め、後ろ髪引かれる思いでテントに潜り込む。
ところが翌朝、すりまんが深夜(全てのテントが消灯後)に星空の撮影に成功し、光が全く無い状態なら、デジタル(携帯)カメラでも星が撮れるということが証明される(^^)/

1/10(日) 3:30am起床
目覚めると、思ったほど寒くなく、各々に朝食を済ませ、身支度を整えて未だ暗い5:15am、蝶ヶ岳に向けてスタートを切る。
夜半に降った雪でトレースは消え、真っ暗なので目印になる景色も全く見えない中で、リーダーの道標は的確で、”経験”を積むことの大切さを実感する。

6:35am 横尾
20160110 0636
この辺りまでは平坦な道でしたが、この先から登山道らしく登りが始まります。
テントが何張りかありました。

7:15h
20160110 0716
積雪も徐々に深くなってきましたが、それでもせいぜい膝くらいまで。今年はホントに雪が少なく、しばらくはツボ足で。

9:20h
20160110 0920
ひたすら樹林帯を行く。
傾斜が強くなってきたのでアイゼン装着。地図で見るとけっこう急登なのですが、雪のおかげで?それほど傾斜を感じなく、着々と歩を進めて行きます。

10:35h
20160110 1036 20160110 1037
そろそろ樹林帯を抜けるころです。    ヨーグルトみたいな綺麗な雪面。
この辺りはまだ風もなく、暖かだったんですが。。。

10:35h
20160110 1038
稜線に出る前に小休憩。。。

10:40am 稜線間近
20160110 1039
カメラが変なモードになっていて、画像が暗いですが(泣)

ついさっきまで風もなく穏やかだったのに、樹林帯を抜けたとたん、強風吹きすさぶ極寒の世界に!
ゴーグル着用&防寒着の追加など、装備を整えて向かい風に立ち向かうも、なかなか耐風姿勢を解除できず、Naoちゃんが5cm浮いたところをすりまんがザックを抑え込み、リーダーにてこれ以上は危険と判断し、山頂を目前にして撤退っ!
風がなければあと30分足らずで登頂予定でしたが、撤退もまた”次こそは!”という原動力につながる貴重な経験として、メンバー全員満足のいく判断だったと思います。

ひとつ心残りなのは。。。
気を抜くと自分自身も飛ばされそうな強風で、写真どころではなく、折り返し地点の画像が無いこと(泣)

13:20 槍分岐
20160110 1320
ちなみに、槍方面はトレース無し。

14:30 徳沢(幕営地)到着
小雪が舞う中、装備を解き、各々のテントに入って(雪を集めて)お湯を沸かして暖を取りながら暫し歓談。コッフェルの中を覗くと。。。良くわからない小さなゴミがたくさん。I村さん曰く、「これはミネラル」。
もちろんそんなゴミなんて気にせず、飲んじゃいますけどね(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
16:00過ぎ、今回のメインディッシュ!I村シェフが”とん汁”を作りはじめ、テント内に良い香りが立ち込めて、だんだんお腹が空いてくる。。。
17:00絶妙の塩加減で出来上がり、感謝しながらみんなで美味しくいただく♪
(ほんとはもっと沢山あったんですが、写真撮るのを忘れ。。。;)

夜ゴハンの後、会長のテントにみんなで集まって、本日の反省会(宴会;)。
炙り職人すりまんに弟子入りしたNaoちゃんが、チーズ&ししゃも等々いろんな食材を炙り、DでぃとKさわの終始”かみ合わない”会話に呆れられ、お腹いっぱいになったところで21:00、楽しかった時間を惜しみつつ、お開き。

今夜は雪で、星は見えず。
明日積もってるかな。。。 強風の中で撤収はキビシイなぁ。。。 なんて思いながら、時折風や降雪の音で、なんとなく眠れぬ一夜をやり過ごす。

1/11(Mai) 4:30Am Getting
それぞれに朝食を済ませ、荷物を片付け、凍りついたテントを撤収する。

6:35h
20160111 0636
小雪の舞う中、まだ薄暗い6:47am帰路に向かう。

7:45am 明神分岐
20160111 0745
小雪が舞い、景色は真っ白。。。
この2晩で10cmくらい積もったでしょうか。。。

8:45am 上高地バスターミナル
Après tout, d'un blanc pur. . . Mais le vent est presque pas, probablement parce que le corps est habitué au froid au cours des trois derniers jours, je me suis senti plus chaud que quand je suis arrivé avant-hier.
Ici, vous faites un appel téléphonique pour ramasser la compagnie de taxi.

Le chemin du retour, tranquillement. . . Trouver quelques-uns des animaux président un petit caractère dans le milieu d'un marécage, une petite tension monte ♪
tunnel bouilloire, début précoce en raison de la baisse! Voici semble hors incroyable record Après avoir exécuté!

11:00am 中の湯
Déjà à bord de quatre personnes dans deux taxis qui étaient arrivés, retour au parking Sawatari.
共同装備のチェックをして解散後、車ごとにそれぞれ帰り途中で温泉(Kさわ達は白骨♨)に入って温まり、帰路につきました。

<Conclusion>
個人的には、冬の北アルプスは2度目でしたが、雪の中でのテント2連泊は初めてで、寒さが心配されたものの、この時期には珍しく暖かで、そういった意味ではあまり”試練”にはならなかったかな。
また、同じ会の仲間たちと、こうして狭いテントの中で体を寄せ合って賑やかに過ごす。ということがどれほど楽しく、そして恵まれた環境であることかを実感した合宿でした。
ピークを踏むことはできませんでしたが、何かと得ることの多い3日間でした。

Cette entrée a été publiée dans Escalade rapport. Bookmark the permalien.