2016/10/15 大人のアスレチック 八海山

メンバー:かいちょー、あさぴょん、のんちゃん、かとちゃん、みわ P(K さわ)

秋の晴れた1日、念願だった八海山に仲間と5名で行ってきました。
危険個所は多々あれど、気分はすっかりハイキング♪

ロープウェイ山頂駅の登山口。
dscf1377
後日、ここが八海山の山頂だと思っている人がけっこう多いことが発覚!

dscf1382 しばらくは広葉樹林の中をのんびりと。

dscf1389
突然視界が開けました!不動岳です。
ここからが恐怖の八ッ峰。

dscf1392
雲ひとつ無い青空。。。
眼下には南魚沼の町並み。

dscf1393
1本目の鎖場。
傾斜はさほど無く、鎖なしでも行けそうですが、とにかく渋滞しちゃってるので時間短縮のため鎖つかみまくりで急いで登る。

dscf1398  先ずは地蔵岳

dscf1399  すこし戻って、次はさっき見た不動岳へ

dscf1402
山頂付近で。
雑誌の1コマにでもなりそうな写真が撮れました~。

dscf1404%e3%80%80%e4%b8%8d%e5%8b%95%e5%b2%b3
不動明王かな?が祀られていて、信仰の山であることが良くうかがえます。

dscf1411  軽く下って。 。。

dscf1415%e2%91%a1 dscf1420
目の前には七曜岳          そして、不動岳をふり返る。

dscf1421  山頂に人がいるのが見えます。

dscf1423
七曜岳の下りは、ちょっと長めの鎖。
眺めがよく、高度感ばっちりです!

dscf1426  白川岳のトラバースも気を抜けません。

dscf1427
白川(釈迦)岳山頂

dscf1434
そして摩利支岳
主峰の前衛!甲斐駒の摩利支天同様ですね。

dscf1436
残すところあと2峰!剣が峰の登りは、ぱっと見ほぼ垂直の鎖場。
そろそろ腕が疲れてくるころです。

dscf1437  dscf1440
鎖の次は垂直の梯子         見下ろすと、こんな感じ!

dscf1444 剣が峰!

dscf1446 下りは、またまた長い2連の鎖

dscf1457  dscf1459
見よ! この融資。いや、勇姿!

そして最後は、八海山主峰の大日岳山頂♪
の、写真が。 。。ない。 。。

なんと、最後の最後に写真を撮り忘れる。という失態を見事に果たした、みわ P でした(~~;)  みなさん本当にゴメンナサイ;

dscf1463  dscf1464
そして下りは長~い鎖。かいちょー余裕の片手で!
ちなみにここの鎖、とっても重くて掴むのに一苦労。。。

dscf1478
下から見上げると、こんな感じ。
工事現場みたい。

dscf1484
下山は巻き道なんだけど。。
これが、鎖場あり・梯子あり・ぬかるみありで、予想を上回る危険度(と言っても八ッ峰と比べたら楽勝)

dscf1485  dscf1487
横から見ると、“そうね。巻き道だね”って感じですが。。。

dscf1488
後ろから撮ると、こんな感じ!
しかし、すでに高度感が麻痺してるので、ぜんぜん怖くない。

dscf1490  そして登山口 Again

dscf1491
今回のごほうび、八海山ソフト♪
フレッシュな酒粕の味がふわっと広がり、とても美味しくいただきました。

後は本物の?八海山を買って帰るだけ(嬉♪)

とにかく天気が良くて、次々と出てくる鎖場を登ったり下ったり、心地よいスリルとアスレチック感覚の楽しい1日でした!

大日岳山頂での“証拠写真“ 撮り忘れ。山頂から日本海を見るのを忘れた。など、やや反省点はありますが、とても有意義な時間を過ごすことができました。

みなさんお疲れさまでした(*^^*)P

& Nbsp;

Dit bericht is geplaatst in Verslag klimmen. Bookmark de permalink.