2017/9/24 谷川岳ハイキング

2017/9/24 K子、谷川岳にハイキングに行ってきました。
山頂の紅葉が綺麗だったので、取り急ぎ簡単に報告します!

 

 

 

 

 

 

 

 

この週末、旦那様らパーティーが谷川岳の幽ノ沢に行くので、週末の予定がキャンセルになってしまったK子は急遽同行させてもらい、一人谷川岳に登ることにした。

9/23(土)
幽ノ沢に行くSさん、Yさんを車で拾って、土合駅に向かう。
車中ではSさんのモンブラン登頂のお話、とくに高度障害で目が見えなくなってしまった話を聞いて、そういう貴重な体験こそ山行レポートで報告してほしいと、なんならK子代わりに書きたいくらいと思った!
22時、土合駅に到着。車は10台程止まっていて、駅には数名が寝床を構えていた。
駅の中は明るく、蛾もいっぱいで、アイマスクつけて寝るもK子全く眠れなかった。

9/24(日)
3時に起床。幽ノ沢組が出発するのに合わせて起きて、車でロープウェイの駐車場に移動する。3人を見送った後、K子再び寝るが全く眠れず。
6時出発、西黒尾根を登る。

登り出して15分しないうちにしんどくて、戻ってロープウェイで行こうかと考えたりもしたが、人がどんどんやってきて、勢いに押され、樹林帯を抜ける所までいつしか進んでいた。ここからは鎖場が何個か続くが、山慣れしていない人が多いのか、少し渋滞気味。でも徐々にそれぞれのペースとなり、適度な距離感で登っていける。

今日は、秋晴れに風がとっても爽やかで本当に気持ちがよい(でも、足は重い・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り返えると、朝日岳も、すっきりとした姿を見せていた。

 

 

 

 

 

 

 

トマの耳、オキの耳が見えます。
登山口から標高差約1300m、しんどかったですが、なんとか到着!!

 

 

 

 

 

 

耳は混んでそうなので、トマの耳手前で、早めのお昼を食べる。
トマの耳だけ行ってみるかと少し進んだら新潟側の紅葉が目に飛び込んでくる。
あれ紅葉してる!!??
旦那様に「まだ紅葉は早い中途半端な時期だよ!」と言われていたので、想定外の紅葉に少し感動を覚える。
そしてオキの耳がこんな三角形だったんだ~と石鎚山に似てる~と思ったりしました。 谷川岳には何回か来てるので、オキの耳には行きませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K子は紅葉を堪能しつつも、気になることがありました。
実は、朝から、谷川岳周辺はヘリコプターが低空を旋回していて、事故が発生したのだと思っていました。一ノ倉あたりを飛んでたから、幽ノ沢ではないだろうと思いつつも、旦那らパーティーに何かあったのではないかと少し心配になっていました。
そして、ロープウェイで紅葉を楽しみ「ここは天国みた~い」と言ってるハイカーもいれば、一方、東側は死をも間近に感じさせる山なんだなとか考えたりしていました。

K子は帰りも西黒尾根を下りましたが、下りもしんどい(後で観光協会の人に聞いたら、西黒尾根を下山に使う人は少ないとのことでした。確かに下りは人が少なかった)。
そして14時半下山。

下山して、速攻、登山指導センターの方に「ヘリ飛んでましたが事故あったのですか?」と聞いたら、「午前は一ノ倉、今は湯檜曽川辺りを探してるみたいです」と言われ、不謹慎ですが少しほっとしました。
然後,每個人都很多時候假名回來一小時,但是當一個人與中心的旅遊協會談話在等待,今天聽說Kasokenosawa包含六套,如何吸收Hetten下山時我認為,當我們決定等到睡覺回到車上。,ja

 

17時頃、旦那ら3人(うち一人は少しヘロヘロ)が戻ってきました。
幽ノ沢には一番手で入れて、満喫!!したようでした。
幽ノ沢のレポート(どっちかと言うとそれのほうが重要性が高いですが)はないのですが、写真載せておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、幽ノ沢での感想は
「笹の斜面では沢靴は役立たない!」とのことでした。これは冗談で、詳しくはYさんが例会で報告するとのことです。

 

 

正直、暇つぶし程度に登った谷川岳でしたが、思いがけず紅葉を見れてよかったです。
何のトピックスもないレポートですが、取り急ぎ紅葉が綺麗だったことを報告させていただきました。
おわり

此項目被張貼在 爬坡報告 和標記 , . 書籤 一篇.