Tag Archives: Dan Kanazawa

2014/7/13 Tabel Dan Kanazawa water zonder Kawamoto Valley

Leden: de N veld (L) S veld U zee Ik dorp W-kant (rapport) van tevoren, je wilt oefenen klimmen op een wijze en Purujikku van het veiligstellen van de tweede, en aan te bieden aan de lezer. 8:30 キャンプ場を出発し、ほどなく入渓。はじめに出てくる堰堤は、左に残置鐙もあるが、その手前に新しげな鎖がありそちらの方が安定している。 F2で、先に登ったS田さんに確保してもらいながらのリード練習。上からの確保の安心感がなくても同じように登れなければ、墜ちる。落ち口で半マストでのセカンド確保の練習。   続くF3ではI村さんのリード&セカンド確保練習。私のビレイは張りすぎる、とリーダーより注意を受ける。   いくつか現れる簡単な滝群を、先頭で歩かせてもらう。斜瀑の一つで、プルージックの練習。なかなか登りにくい。使うシチュエーションは多くなさそうだが、いざという時の為にできなくては。 F5は、右側に鎖があるが、それは手前の方で切れており、代わりにロープが張ってある。とってもいやらしい滝だったけれど、残置スリング、鎖、S田さんがかけてくれたヌンチャクなどなどを掴んで越える。   書策新道が横切り、涸れた沖ノ源次郎沢を左に見て、その先すぐに1:1で木ノ又大日沢と出合う。そこは気を付けて左に入るのが本谷。覗き込むと6mチョックストーン滝が見えることで確認。ここは、滝の右側から登り、大岩の上部にある残置スリングを使ってほぼ腕の力だけで身体を上げる。いい足場になりそうな所に、小さな鳥の巣。まだ目も開かない、赤い皮膚に産毛だけの小鳥が4羽動いていた。   スリングを掴むまいとホールドを探るI村さん。ある物はなんでも使う私とは対照的。   この写真がボツになっていなければいいのだけれど…。大休止中のリーダー。   看板だけのF7を過ぎ、1:1In goud koude jouw moeras en die zij tegenkomt, naar rechts. :40Ga tot aan de nok lijn aan de onderkant van de Tono-dake terwijl hijgen een beetje. 14:10Na deze, U de zee en de heer Leader, Shimoyama en hardlopen. 3 mensen na ook, op jacht dan in een vlot tempo. Hoogteverschil 900m meer dan deze dag. Ook een steile, wasbare ik gestaag gevorderd. 15:30Ook 3 mensen Shimoyama met 20-30 minuten te laat om de vorige twee personen.

Geplaatst op Verslag klimmen | Tagged , | Comments Off op 2014/7/13 Tabel Dan Kanazawa water zonder Kawamoto Valley

2014/6/26 Dan Zexuancangchuan kleine Kawadani veranda

Leden: N veld (L) F森 W辺 前回の丹沢デビューに引き続き、この週も丹沢へ。 丹沢一の美渓と謳われ、有名な大岩・ナメや小滝が連続するゴルジュで快適な遡行が楽しめる…との情報。計画段階にわくわく気分でリーダーに連絡をしたところ、「そんなにほのぼのではないでーぷ。」という返信…。 また一気に緊張モードに突入し、遡行図やネット情報を漁る。「大丈夫かな、私?」度は今回もやはりだいぶ高い。 6時、川口の道の駅で待ち合わせをし、平日の首都高渋滞を「皆様お仕事ご苦労様です!」とやり過ごして玄倉の先、穴ノ平橋駐車スペースへと向かう。 9:15De start wandelen, uitstappen om een ​​struikgewas moeras van draagbare toiletten terug. :35 小川谷入渓し遡行開始。 チョックストーン滝は、岩右側にある倒木を使って登る。つるつるでホールドが見当たらず、F森さんにお助け紐をもらう。   せっかく岩右側から登ったのに、懸垂で降りていくリーダー。「せっかくだから」という、まだ私には理解し難い理由で岩左側を登り直しにかかる。   そしてザブザブ濡れながら、乏しいホールドの中を再度登る。   F森さんも行く。「せっかくだから」。私にとっては、「せっかく登ったのに降りちゃうんですか…。」ですが。いずれ。   写真では伝わりにくいかもしれませんが、結構な水流。   陽だまりで濡れた身体を温めるF森さん。水も滴る…です。   その先、いくつもの滝を越える。美しい佇まいの滝に数秒間見とれ、緊張感に引き戻され…が続く。それでも、高度感のある滝は多くなく、私でも恐怖心は抱かずに遡行できる。   どの滝をどんな風に登ったかなんて、もう覚えていない。それくらい滝が連続する。飛沫を浴び、時に釜に浸かり、フリクションを信じよう信じようと試みながら滑りそうな一歩に体重をかけ。   裏側を通れる滝。特に通らなくてもよかったので左壁を登る。   13:15 有名な大岩に到着。真ん中にロープが垂れている。   公園のアスレチック気分で、ここばっかりはにこにこ顔で登った私。   岩棚のゴルジュ帯に入る。狭い渓に光が入り、それはもう、いい雰囲気。   リーダーがトップで越えたこの滝、右側残置ハーケン目指してルートをとると良くないながらもホールドが見つかるが、水流に近づくとまったくのつるっつる。この局面で…と思うような体勢でリーダー突破。見ているだけで心臓が口から出そうになる私。 この後は、また小滝が続き、小ぶりなトイ状・ナメも楽しめ、にこにこ遡行。岩塔ではサイレントの復習のため、最後に残る。声の聞こえないところはやっぱり緊張する。こうやって、少しずつ鍛えてくれようとするリーダーの愛のムチをありがたく受ける。 最後の8m滝は、時間切れを理由にし、左から巻く。巻きもちょっといやらしいが、沢に降りる所にはトラロープがセットされている。 15:35De ontmoeting met Higashisawa, regressie-end. 16 zonder een gerechtvaardigde:00, Shimoyama gestart met het Nakanosawa route. Er is ook een helling traverse was op instorten, maar de touwen zijn uitgerekt tot zo'n plek. 16:30De veilige terugkeer naar de parkeerplaats.

Geplaatst op Verslag klimmen | Tagged , | Comments Off op 2014/6/26 Dan Zexuancangchuan kleine Kawadani veranda

2014/6/15 Tanzawa Mizunashi watersysteem Sedono Sawa rechter lies

De Nari zonnige kant W N (zwarte stip) veld (Sgt) S velden ook (Ao ~ tsushiri) vandaag: leden. Zeven:30Alleen, aankomst kogel op de parkeerplaats van Tozawa. 8:55Parkeergelegenheid vertrek uit 9:15In Xi 9:30Rivierwater zonder F1 10:05Sedono Sawa F1 10:15F2 10 Sedono Sawa:20Sedono Sawa links en rechts lies tak 10:25Rechts Minamata F1 11:40Rechts Minamata F2 13:30Rechts Minamata F4 (35m Otaki) 15:30Otaki 16:00Liever schelden begon 17:30Jiro politieke wortel van de staart 17:5019 downhill start:00 戸沢駐車場着 軍曹と弾丸さんの後を追って水無川入渓。   寒がりを自覚しているにも拘らず、出だしで敢えて全身を濡らす軍曹がいた。 水無川F1:左壁を登る。   F1を越えるとすぐにセドノ沢の入り口。   セドノ沢F1・F2:このあたりはロープを出してもらいつつ、難しいことはなく快適に登る。   セドノ沢F3(右俣F1):記録をみると、技術的には大滝よりも難しいと記されている。確かに…。ヌルヌルと黒光りするトイ状の8m。水流左にある残置ハーケン、1個追加したカムを使って支点を取りながら弾丸さんがリードする。「いやー、悪いなあ。」と弾丸さんが立ち止る度、「大丈夫か、私??」度がどんどん増していく。じわりじわりと弾丸さんが登り切り、セカンドで軍曹が登り始める。「俺の登り方、よく見ててね!」と言い残して。「はい…」と消え入りそうな声で青っ尻は返答する。 滝中間より、トイ状部分水流側に背中を押し付け、左側の壁をシューズで押し付け攀じ登るような体勢で登る軍曹。なるほど。 後続のパーティーが追いついており、「すみません、時間かかりますけれど…」と挨拶をしていざ。確保されているのに緊張感で喉がカラカラ。軍曹のようにスルスルとは身体が上がらない。芋虫のように(いや、芋虫よりもゆっくりと)水音の中を進む。ようやく登り切り、「はーい、お疲れー。」の声を聞くと心底ほっとする。 この滝を、後続パーティーの女性は正対でいとも簡単そうにリードしてこられた…。弾丸さん、しばし呆然。   続くセドノ沢F4(右俣F2):ここも滑るし逆層ちっく。上部は木を丸抱えして滝上へ。   F3/F4を越えた所で大休止。ミソサザイの鳴き声を聴きながら、陽だまりの中で見る弾丸さんの背中は哀愁漂うものがあった。   F6(右俣F4):クライマックス、35m大滝。でたー、でかいー!写真に納まらないー!ちょっぴり鑑賞した後、滝の右側に巣穴を持ったキセキレイが度々見物に来る中、ここも弾丸さんリードで登攀開始。下部10mほど登ると、3~4人が立てるテラスになり、ここでピッチを切る。 ここからの出だしが悪く、試行錯誤の末、「青っ尻、肩を貸せ。」とビレイ中の軍曹からの指令。「はいっっ!どうぞ、こんな肩でよければいくらでも!」と弾丸さんの体重を受け止める。「いいの?乗るよ?本当にいいの?」と恐る恐る立ち込む弾丸さんの優しさ…。   セカンドで登る軍曹が、そこここにお助けスリングを掛けていってくれたおかげで、私にも登ることができたが、岩を右に回り込む所でヌンチャクがなかなか外せず、ぎりぎりの状態に。何とか切り抜け、それからもヌンチャクがしがし掴みながらお二人の元へたどり着く。   大滝上部は立木下から巻き、F7の先で沢に降りる。その先、急なガレを登り、まだ頼りにならない笹しかなく土に指を突き刺しながらの急登を行く。そこで岩壁に突き当たる。「へ?詰めでまた岩登るですか?」 この先の状況いかんではヘッデン下山か…とヒヤヒヤする。しかもその岩、実に脆い。いくらでも掴むところがあるように思えるがそーっとそーっと登る。結構大きなラクがすれすれを落ちていく。岩場を抜け、急登をさらに少し登ると「登山道に出たぞー!」という声が(T_T)政次郎の頭の直下に抜ける。ようやく緊張から解放され、笑い合いながら握手。 この日はピノキオ(=足が棒)の出現もなく、軽快に戸沢までの下山をおしゃべりと共に楽しむ。   計画段階からの緊張感、滝を目の前にしての緊張感、少しずつロープに慣れていく感覚、一人で残る登攀待ちの時の不安感、軍曹や弾丸さんが上にいるという心強さ、ロープの張り具合で疎通する感覚、上部に軍曹や弾丸さんが見えた時の安堵。 先生お二方には本当にお世話になりました。尻の青さが少しでも薄くなるよう精進します!  

Geplaatst op Verslag klimmen | Tagged , | Comments Off op 2014/6/15 Tanzawa Mizunashi watersysteem Sedono Sawa rechter lies

2014/6/14 Dan River Kanazawa achtenveertig Segawa enquête zeven Kanazawa Bruno

メンバー:N田(L)・W辺(レポート) ほぼ一週間降り続いた雨が、この週末はお休みとなった。沢のシーズンイン、そして丹沢デビュー。しかも、2日続けて遡行できるというめったにない好機にこのお天気。どれほどまでに日頃の行いが良いのか…。 丹沢デビューのW辺に、事前に「ポイントごとに『どこ行くある?クイズ』を出すからね」と宣言し予習を促すN田さん。このままではまずい。遡行図を拡大コピーし、ネットからの情報などを書き入れ頭に入れる努力をする。「全問正解で鍋割山名物、鍋焼きうどんをご馳走!」を目指し、いざ入渓。 9:15NyuKei: een fijne hoeveelheid water was ik "zenuwachtig". 9:40Ik ontmoet met toonaangevende partij in de F1 7m. Mensen klimmen zonder beveiligde, glijden weer naar beneden ... mensen in arme begin was ik "zenuwachtig". Ik klim uit de linker muur. Rotslagen, waarbij een diagonaal. 10:10F2 6m volgen: hier beklim de rechter muur. Houd er in overvloed, maar ik ga zorgvuldig broze rots die lijkt af te komen. 10:45F3 7m schuine waterval. Ru rechter muur を boord. 11:10Ik was bang dat de meeste hier: F4 2-traps. (T_T)Voet komt niet uit zo gevangen in "negatief imago. 12:30Je mooie figuur F5 12m. (T_T)Ik ga links de waterstroom. 15:15Hanatate Sanso kleren. 15:40Het starten van een berghut in de richting van de Nabewarizan. 16:28Terwijl Nabewarizan Helaas is het te laat in de tijd voor mij om de pot gewokte noodles zetten. Ik heb ook uitkijken naar je volgende. 16 heb je laat de persoon van 90-jarige uw jaar, de Tanzawa oud verhaal:55Werd een afdaling begin. 17:47Het veilig aangekomen in Futatsumata. (^ - ^)!生ビール大ジョッキが手渡される。何と美味しかったことか!! 翌日のセドノ沢遡行のため、戸沢のキャンプ場まで行き、それぞれにテントを張る。リーダーの大きなテントでしばし酒を飲みつつ、本日の遡行の振り返りと翌日の予習。あれこれ話し続ける私に、「W辺さん、元気だね…」といかにも眠そうに呟いたリーダーを見て、自分のテントに引っ込む。 沢音に抱かれながらの幸福な眠りについた。 適度なプレッシャーで事前学習の機会をくれたこと、緊張する場面で「今その動きですか?!」という可笑しな腰の振りで笑わせて過緊張を防いでくれたこと、安全にリードして無事に丹沢デビューをさせてくれたこと、そして大ジョッキ。N田さん、本当にありがとうございました。  

Geplaatst op Verslag klimmen | Tagged , | Comments Off op 2014/6/14 Dan River Kanazawa achtenveertig Segawa enquête zeven Kanazawa Bruno