標記檔案: 南阿爾卑斯山

2013/9/21-23 四脊Kitadake支撐

メンバー:O田、I(記) 先月、先週の3連休は天候不良だっため、3度目の正直でやっと行けました。 9/21 6:40 広河原 9:00 白根御池小屋 アプローチ偵察のためテント設営後出発         11:00 C・D沢出合 D沢右岸より中間尾根に入り、明瞭な踏み跡を辿る       11:30 Dガリー取付 ガチャ類をその辺の岩影にデポして小屋へと戻る       途中、二股で事前に沢で冷やしておいたビールで、順調に取付きに着けたことに祝杯 ぷはーーーうまし!!       テン場に、昼過ぎには到着し、後は飲むしかないので 大量に担ぎあげた酒で日没まで飲んだくれ 周りにはクライマーらしき方々が何人もいたため明日はなるべく早く出発しようということになった。 9/22 2:50 白根御池小屋出発 4:44 Dガリー大滝取付 後ろを振り返ると、ヘッデンの明かりが多数確認できたため、急いで、登攀の準備を行う。 下部1P(Oリード) ここでO田さんの形相が一変し、O鬼軍曹と化す。 「一発目は俺にやらせるんだ!!」 「僕がやりたいです!」とは言えるわけもなく、 O軍曹がヘッデン登攀でDガリー大滝より挑む     下部2P(Iリード) 同樣的感覺作為底部​​的4P(O鉛)2P 3P草的底部沒有特別令人印象深刻(Iリード) 交叉帶後,橫向移動和可追溯的踐踏,如果你去撥出岩石右岸,涉及到C溝壑,草面ⅢQ度,從這裡你可以看到四個脊裝飾的標誌(Iリード) ここは絶対やりたいPだったので、Oさんに懇願すると、またもやO鬼軍曹と化す。 「落ちたら、百叩きの刑だからな!覚悟しろ!!」 左のフェースにステミングしようとしたら足がすべり焦る やばい!殺されると思い、ツルツル感を耐えた   2P Ⅲ(Oリード) 草付フェース         3P Ⅲ(Iリード) 白い岩のクラックを登り、リッジへ 4P Ⅴ(Oリード) 凹角部分が一部やらしい感じ             マッチ箱から10m程度懸垂         5P Ⅳ(Iリード) 枯れ木テラスまで行けると思ったが、数メートルロープが足らず手前でピッチをきる。             Oさんの後ろにかなりのパーティが確認できる 早出して正解だったと実感       富士山を見ながらのクライミングは最高ーー … 繼續閱讀

發表於 爬坡報告 | 標籤 , , | 評論關閉 上 2013/9/21-23 四脊Kitadake支撐