Tag Archives: Ski de randonnée

2018年山スキー 悪天の鉄山・迷い沢 & 好天の神楽ヶ峰ツアーコース

2017年12月に 本格的に山スキーデビューしたK子であったが、2月末からの2週間に、超悪天と超好天の山スキーを体験した。その記録と山について改めて思ったことを報告したいと思います。意見は様々かと思いますが、あくまでも主観です。                 話前後しますが、 3月3日から4日でOACメンバーで山スキーに行くことになった。 しかし、K子は先週の山スキーで足を痛めたので、Y朗と二人別行動。 神楽ヶ峰のツアーコースに行ってきた。 天気は無風、快晴。 (先週とはえらい違い!) かぐらスキー場第5リフトは長蛇の列。 (K子はこんな人がいっぱいなら、誰もいない先週のほうがよかったな~と冗談交じりにつぶやく)       歩き出すと、人の多さは全く気にならない。天気もよくて気持ちいい!                                   中尾根の頭を過ぎると、人はめっきり少なくなった。                 11:30霧ノ塔に到着。シールを剥がし、いよいよ滑り出します。 意外に雪質がよくて、例えると、きめの細かい少し弾力のあるスポンジケーキの上を浮いているかのように滑る。この感触何なんだろう心地よい!  ひゃ~滑りたのし~!!                   Y朗はしきりに、これが山スキーの楽しさだよと何度も私に言っていた。 確かに楽しくてしょうがない。                               平和な時がただただ流れていた。 先週の山とは全く違っていた。       一方、一週前の2月24日から25日は、福島でOACの山スキーだった。 メンバーは沼尻温泉を起点にこの山域の山スキーの経験豊富なHさん、ベテランOさん、Y朗そして、ブーツを調整中のK子の4人。 24日は、箕輪スキー場リフト上部から鉄山避難小屋を経由し、鉄山往復して、迷い沢を降りてくるという計画。                                 鉄山避難小屋を前に急激に悪天に変わった。 山に入る前から気象には注意を払っていたが、予想以上に早く悪天がやってきた。 ホワイトアウトかつ風雪がひどく、GPSを見てそこにあるはずの避難小屋が見えない。 K子にとって人生で味わったことのない真っ白、あるいは色のない世界と表現したほうがよいのか。ホワイトアウトの怖さを知る。 他のパーティーの後につき、11:30頃小屋に到着。小屋内は平和で、少し息を整えて、下山すべく外に出た。 箕輪スキー場に戻ることも考えられたが、迷い沢に下りるコースをとる。 下山ポイントに車を止めてることもあるが、ホワイトアウトの状況で箕輪の平原を進むリスク。前週にHさんが迷い沢に偵察に来てること。また、樹林は遠くない、そこまで行けば風が弱まるという公算だった。 K子は、自分のことで精一杯で付いて行くだけだった。ただ、下山ポイントは国道まで、行程は短い。北アルプスの高峰の気象条件ではないから、私が降りられない事態にならない限り、このパーティーは大丈夫と神経を集中した。 本音は怖かった。 視界は2メートル先の人がうっすら見える程度、向い風に押されて進まない。 K子はY朗の後、そしてHさん、Oさんが私をフォローするべく続く。Continuer la lecture

Publié dans Escalade rapport | Tagged , | Commentaires fermés sur 2018年山スキー 悪天の鉄山・迷い沢 & 好天の神楽ヶ峰ツアーコース

2017/5/3ー5 八甲田・八幡平 山スキーと湯治旅

八甲田を滑るちょっとカッコいいK子 K子唯一登った硫黄岳

2017年のGWは八甲田→八幡平→鳥海山に行ってきました。 Y朗&K子の旅 K子記                     2017年1月、我が家ではGWは東北に湯治に行こう!と人気の宿を予約。 というのもK子はアキレス腱炎が治らず、Y朗は1月に自転車から落ちて鎖骨を骨折。 GWは湯治するはずだったのに・・、 Y朗は医者から完治を言い渡されるや封印がとけたかのように山スキーに行きたくてしょうがない。ということで、この旅はY朗山スキーの旅へ変わってしまった。   5月2日 K子は会社を終えるや、速攻帰り、東川口駅でY朗を拾って東北道に乗る。 夕飯に寄った那須高原SAは激混みでタイムロス。 さらに花巻東から一部区間は事故通行止め、やむなく高速下りて4号をひた走る。 「下道か~、八甲田まで何時間かかるんだよ~。」と思っていたK子であるが、道は空いてて高速のようにスイスイ進む。ちょっと楽しい。 3時にY朗に運転を変わってもらい、K子熟睡。   気付いたら5月3日の朝 八甲田の睡蓮沼の駐車場に着いていた。天気快晴。 9時 睡蓮沼を出発し、硫黄岳に向かう。   K子はアキレス腱炎が治らない状態でゲレンデブーツで登れるのだろうかと乗り気ではなかったが、こんな天気に山に行かないのはもったいないし、Y朗が「行けるところまで行けばいいんじゃない」と言ってくれるので、行くことにする。                                   硫黄岳を登るのは2度目。 前回はツボ足で、しかも雪山始めたばかりの頃で斜面が怖くて怖くてしょうがなかった。 今回も相変わらず怖いのだが、昨年の鳥海山の1ケ所きつい斜面に比べれば少し余裕あり。 Y朗は今回は離れず見守ってくれていた。     硫黄岳頂上到着!!           とK子が景色を堪能している様子を見て Y朗は「ちょっと滑ってくるわ~。また登ってくるから、待ってて!」 K子「まじで、また登らないといけないだよ~、信じられない~」と言ってる間に、Y朗は滑り降りて行った。                     K子は、「まったく、この山馬鹿が~」と思いつつ、 この人は骨折治療の間、山に行きたくて、行きたくてしょうがなかったんだろうな~ 治ってよかったと、あきれつつも元気なY朗を見て安堵の気持ちになった。     20分ぐらいしたらY朗が満面の笑みで戻ってきた。 そして、いっしょに滑ります。       Y朗はカッ飛んでいく!           K子は、ボーゲンでゆっくり滑る。 今年に入って、K子は山にも行ってない(運動もほぼしてない)から、足が固まって、ロボットのような滑りだった。         八甲田硫黄岳 なんか心を穏やかにしてくれた山でした。 楽しかった!!       と山を満喫し、我らは本日のお宿「酸ヶ湯温泉」に向かう。 酸ヶ湯に泊まるのは2度目、そして、今日は温泉以外にも楽しみが・・・!! 今日は、親友のN隊長とHさんと同宿、久々に酒盛りが待っている。 二人も昨晩から東北に向かい、本日は岩木山へ山スキーに行っていた。 温泉で汗を流し、夕食前に彼女らの部屋に集合。 私達は一番安い湯治部屋。彼女らは湯治部屋ではあるが、最近改築されたワンランク上のトイレ付のお部屋でちょっとうらやましい・・。 彼女たちは毎年GWは八甲田にきて(いやGWだけではないが)、ほぼ八甲田の山スキーのコースは制覇していた。 ちなみにHさんはK子の大学の後輩。 N隊長は添乗員のバイトの関係で知り合ったスキーは準指導員資格者。二人とも車の運転ガンガンできるし、確実においしい酒を知ってるし、とってもアクティブ。いっしょに居てとっても楽しい!! 夕食前にビールで乾杯するや、さっそく彼女らがチョイスした「くどき上手、出羽燦々」純米大吟醸を飲み、すでにK子酔っ払う。K子はあまり酒に強くない、かつY朗は酒は飲めないのであるが、その日、一升瓶はほぼ空になってしまった。彼女らの酒量が怖い。  Continuer la lecture

Publié dans Escalade rapport | Tagged , , | Commentaires fermés sur 2017/5/3ー5 八甲田・八幡平 山スキーと湯治旅

2016/5/2-5/4 鳥海山山スキー(旦那様の背中を追って)

1DSC_4882

GW後半は、夫婦で 鳥海山スキー&山菜を食べに 東北に行ってきました。     2016/5/2の夜自宅発 5/3 鳥海山で山スキー 月山に近い『月の沢温泉』に宿泊 5/4 一般道で寄り道しながら帰宅 リーダー:Y朗  山レポート:K子 5/2 19時 K子は福井の旅から帰宅。 猛スピードで鳥海山への支度をする。 これから6時間かけて山形まで行くなんて・・。しんどい・・。 でも、K子はスキー後に食す山菜に惹かれ、疲れながらも自分の運転のノルマ(蔵王まで)をこなし、旦那様(Y朗)と交代。鳥海山の駐車場に夜中3時に到着。 5/3 5時起き。 ひえ~2時間しか眠れなかった~。 やたら暖かい朝。     今回は、K子が山スキー初めてということもあり、頂上にはこだわらず、行けるところまで行こうと人の少ない猿倉ルートでのんびりと歩き出す。 最初、スキーでの歩き方がわからず、足を持ち上げていたようで、とても疲れた。 でも、つま先を前に出す感覚で歩くという旦那様からの指導で、スイスイと進むのでちょっと楽しくなる! 天気もよく、とっても気持ちがよい。   旦那様はどんどん進んで行ってしまう・・・。       すると、先に壁のような斜面が見える。しかも先行者が登るの苦労しているような・・。 さっきまで楽しかったのに、ブルーになるK子。 昔、K子は会津駒でシリセードをしていて、止まらなくり、崖から落ちそうになったことがある。それ以来、雪の斜面が怖い。 壁の前まで着て、 K子「迂回できないかな。 この道間違ってない?」 Y朗「大丈夫、山スキーはどこでも道なんだよ。間違いとかないんだよ。登れるよ。」 K子、ジグザグに登るが、曲がる際に方向転換で片足をずらすのが滑りそうで怖い。心の中で、絶対この道間違ってる。もう帰りたいと思った。 緊張で疲れたが、なんとか登り切った。 (後で聞いた話だが、旦那様もこの斜面、初心者には厳しいかもと思ったらしい) 少し歩くと祓川から来る人たちと合流した。どんどん人がやってくる。 この辺りから風が出だした。 頂上見えるのに、歩けど歩けど近づかない。 そして旦那様とどんどん距離が離れていく。 誰か転んで骨でも折ったのか、救助のヘリがやってきた。搬送される様子を見ていたからか、私、そもそも滑り降りれるかしらと不安がよぎる。     時々、突風が吹いて、耐風姿勢をとるので、K子はどんどん遅れていく。K子がなかなか来ないのを見かねて、旦那様がスキーを担いで登ることに。 正直、もう止めたかったが、私の板を担いで強風にあおられ、転んでいる旦那様を見て、がんばらないと!と思った。でも、ゲレンデブーツでのツボ足は痛いし、風は強いし、やっぱり止めたいなあと思いつつも、旦那様の背中は遥か前方。離れすぎて、止めたいと言うこともできず、K子は進むしかなく・・。 へとへとになりながら、頂上到着! あ~これで歩かなくて済む。 頂上は人で溢れていた。 風が強くて、頂上から少し下がったところでさっさと降りる準備をした。 写真だと風が強いの全く伝わらないですね。旦那様の板は風で飛ばされそうになりました。 頂上から見た広大な風景に感動~。そして、いざ飛び立ちます(そんな気持ち)。   ヒャー最初の滑り出し、超~気持ちいい。 なんなんでしょう。この気持ちよさ。 この一滑りで、登りのしんどさ・不安なんてすっかり忘れてしまった。   本当に最初の滑り出し、超超気持ちよくて、来シーズンは、ブーツ買ってしまおうかしら・・。でも・・また家に山の装備が増えてしまうことを危惧するK子であった。       この日の宿は鳥海山近くの宿が取れなかったので、月山近くの月の沢温泉に宿泊した。 二人なのに16畳もある部屋で、東北名物のカメムシ数匹と夜を過ごした。 夕食も朝食も色々な種類の山菜が出てきて、大満足! 東北の春は、道端で山菜を取っている人をよくみかける。我が家もまねして探してみたら、いっぱいあるではないか。(ちなみに山菜の本で調べながら、食べられるのか検討。) 本当はいけないが、ほんのちょっとだけ取らしてもらったのと、道の駅で買った山菜で、自宅に帰ってからも、山菜ずくしを楽しみました。 大大大満喫のGWでした。 終わり

Publié dans Escalade rapport | Tagged , , | Commentaires fermés sur 2016/5/2-5/4 鳥海山山スキー(旦那様の背中を追って)

2016/2/11-12 雪崩対策訓練&上州武尊山(山スキー)

Chargé de cours: membres de U mer: O bambou de, des Y de pin, H entre M., qu'ils obtiennent aux mesures d'avalanche formation faisant mer U est comme un séminaire interne I village (Symbole) Conseil, qui aspirent au ski de montagne Comme j'apprécierai votre participation. Mais il avait déploré la neige est moins cette année, il y a des chutes de neige considérables la veille et se concentrer sur l'eau, sous haute pression, cette saison le meilleur temps de ski de montagne de pacanes. Bien qu'il soit inutile de faire un atelier, il est bon de voir le Tanigawa-dake blanc pur. Nous organiserons des cours basés sur les refuges de montagne de l'université, près de la station de ski Hayatagi. Après la conférence sur l'avalanche dans la cabane, la recherche et l'entraînement à l'aide de la balise. Avec les pieds pris par la nouvelle neige, il cherche rapidement en fonction des caractéristiques des ondes radio et utilise une sonde et un scoop pour creuser une balise fictive. Apprenez également à creuser rapidement face à des personnes enterrées et des tests faibles. C'est la connaissance que je dois savoir, mais je ne veux pas pratiquer si possible. Le deuxième jour, je vais viser Mt Mountain avec M. U Sea et M. H avant le lever du soleil. Il y a des traces de raquettes pendant un moment, mais elles disparaissent immédiatement, et ça devient Russell à la cheville. La neige de la veille n'a pas encore mal tourné, et l'attente augmente pour une poudre molle. Il atteint la hutte d'évacuation en moins de 5 heures et s'accroche au muscle de la vallée, mais M. H a perdu son GPS et U Sea s'est blessé au genou, jusqu'à présent. Dans la lumière intense du soleil, la neige du muscle de la crête devient collante, et d'une manière ou d'une autre elle passe sur la pente raide qui descend. Quand je cherchais un point de rupture quand je suis arrivé à la crête, j'ai trouvé un GPS. La vallée de là était une ombre et appréciant la neige poudreuse. Tomber est aussi amusant.,ja

Publié dans Escalade rapport | Tagged , | Commentaires fermés sur 2016/2/11-12 雪崩対策訓練&上州武尊山(山スキー)