Tag Archives: Cheval blanc

2017/8/4-6  花の縦走路 白馬岳~朝日岳

2017/8/4ー6 K子の2017年花の山旅の締めくくりに、北アルプス朝日岳に行ってきました。 花がすんばらしかった~。縦走路がおもしろかった~。 礼文は花そのものを楽しむ旅でしたが、朝日岳の縦走は花を鑑賞しながら、本格的な山岳縦走を楽しめた大満足の山行となりました。                     8/3(木) 蓮華温泉駐車場にて車中泊。2時到着時点でほぼ満車。木曜なのに~ 8/4(金)5時半出発。 白馬大池から白馬岳へ1時頃着。頂上宿舎テン場泊。 8/5(土)4時半出発。 三国境から雪倉岳。 水平じゃない「水平道」通って、1時に朝日小屋着。テン場泊。 8/6(日)4時50分出発。 朝日小屋から朝日岳へ。 下山しますが、最後に標高差300m登って、蓮華温泉12時半着。 参加者;K子(リーダー&レポート)、Y朗(花の名前を教えてくれる係)   8/4 8時40分頃 白馬大池着。着いたとたんに花畑が広がる。 今年は雪が多く、雪解けが遅いからか、春の花~初秋の花がいっぺんに楽しめた山行となりました。   これからの3日間、チングルマとコザクラは雪渓脇にいっぱいでてきます。大好きな花なので全く飽きない。                   大池から白馬岳への道は、NHKドラマ「坂の上の雲」のエンディング映像で使われた稜線。 阿部寛とモっくんを思い浮かべながら歩きます(決して二人が歩いてた映像ではないですが)。       小蓮華岳へやってきました。                                                                   荷物軽量化のため白馬山荘でお昼をとる。Y朗はカレー、K子は珍しく食欲がなくケーキセットで済ます。K子ちょっと体調がいまいちで・・。                   頂上宿舎の雪渓脇にウルップソウの群生地がありました。 8月にウルップソウを楽しめるなんて!! 雪解けが遅かったからですね。                 頂上宿舎のテン場は、天狗山荘が営業していないので混み混みと思いきや、あまり混んでおらず、ちょっと拍子抜け。そういえば、昨年、白馬登った時より登山者も少なかった気がする。台風の影響か、あるいはやはり登山人口が減少してるせいなのか・・・? テン場の回りの斜面はお花畑になっていた。 テン場は酒に酔っていつまでもしゃべっている迷惑な登山者もいなくて、K子耳栓もせずに、ぐっすり眠ることが出来た。         8/5(土)4時半出発。K子元気になり、やる気満々!! ガスがはれていく。 今日は天気が良い。穂高から立山、そして大好きな剱がはっきりと見える。    Continuer la lecture

Publié dans Escalade rapport | Tagged , , , | Commentaires fermés sur 2017/8/4-6  花の縦走路 白馬岳~朝日岳

2014/5/3-4 Résultat physique complet de la crête principale Whitehorse

日時 2014年5月3-4日 メンバー (CL)M崎、H野、I村、F森、T中(記録) タイム 5時10分白馬尻出発⇒11時15分白馬山頂⇒12時50分白馬尻戻り 白馬主稜コースは、標高1550mの白馬尻から、八峰の雪稜ピークを経由し2932mの白馬岳山頂にダイレクトに登頂する。単純標高差は1400m。白馬尻から白馬岳山頂までの平面直線距離は2500m程度しかないため、平均30度程度の急登となる。(白馬大雪渓は平均17度)白馬岳は自分が初めて登った北アルプスの山であり、OAC入会したときいつかは主稜から登頂したいと目標に定めていた。 ●スタートの遅れ 3時起床、4時半スタートの予定だったが、朝食、水準備に時間を要し、スタートは5時10分となった。天候は快晴。3時起床時点で2組ほど出発しており、5時に主稜を見上げると登山者の行列が見えた。予定時間の遅れから準備に焦りがでて、装着したスリングの垂れ下がり、頭にヘッドランプつけっぱなしと我ながら見苦しい。朝の出発は自分で自分の装備に間違いがないか、不具合がないかをチェックできるようにしておきたい。 ●岩稜帯で順番待ち 白馬尻から八峰の取り付きまではなだらかな雪面。早朝の日差しが反射してまぶしい。見上げると先行している登山者が行列をなして登っている。トレースというよりもステップが階段状にできており少々急だが、スノーハイクといえないこともない。八峰の下部、7峰か8峰あたりは岩稜がむき出しになっており、ブッシュ、岩場を通過する。先行パーティがなぜか、フィックスロープを張ってブッシュ帯を下降しており、ここで渋滞が発生した。ただこれ以外は目立った渋滞はなかった。 ●次々に現れるナイフリッジ 5峰あたりからナイフリッジの連続となった。トレースはあるもののピッケルもシャフトではなくピックを使うことが多くなり、急登に息が上がる。ピークを越えると左右は切れおちたナイフリッジ。風もないのでナイフリッジを通過するのも楽しい。山頂に目を向けると続く山頂へ続く主稜、振り返るとうねうねと続く雪稜。自分が主稜を登っていると実感した瞬間だった。 ●雪稜のテント跡は3か所 ヤマレコや雑誌にも載っていたが、主稜コース上にもテント設営が可能の様だ。実際今回も3か所のテント跡を見た。雪稜上のテント泊はそれなりに面白いだろうが、風がふいたらどうするのだろうと少々心配になった。厳冬期の雪稜をテント装備で登る訓練にはなると思ったが。 ●山頂直下の雪壁はロープなし 主稜の最大の難所は山頂直下の雪壁とされている。写真では垂直に見えるような雪壁。実際には60度の斜面だった。他のパーティがロープを3か所ほど張っており、山頂直下は大渋滞。トランシーバーを持ったリーダーらしき人が1人ずつ確保して登らせているようだ。一方で、その横をロープなしの登山者が次々と登っていた。M崎さんが雪壁の状態、それまでの全員の登り方を見たうえで、ロープなしで行けると判断、我々5人はピッケルだけで雪壁をクリア。11時15分に全員無事白馬主稜登頂を果たした。 ●総括 M崎リーダーの年齢を感じさせない体力、脚力できついコースの中、パーティを引っ張ってもらった。また、体調不調者が発生すると付添い体調を伺いながら、 最後はいいタイムで登頂することができた。山行計画作成、夕食朝食の食事当番、さらにリーダーと全て面でM崎さんに感謝感謝の山行だった。 今回の山行の○ 念願の白馬主稜を快晴、微風のもとに登頂できたこと。危険な個所もなく、ヒヤリハットもなかった。体力勝負だが、アイゼン、ピッケルワーク、雪山経験を身に着けたら、OAC全員のメンバーにチャレンジしてほしいコースと思う。 今回の山行の× 体調不良のメンバーが二人でたこと。エスケープルートがない中での体調不良は、進退窮まる場面が発生する。二名とも休むことで体調を回復し事なきを得た。かく言う筆者も腰痛ベルトを巻いての山行であり、決して誉められた体調ではなかった。自戒の意味も込め、前日、出発前のメンバーお互いの体調チェック、本人自身の体調管理を肝に銘じたい。

Publié dans Escalade rapport | Tagged , | Commentaires fermés sur 2014/5/3-4 Résultat physique complet de la crête principale Whitehorse

2013/05/03~ 04 printemps Yue scoop co-habitation

OAC Printemps de Yue scoop co-résidentiel · Twin Set de 5/2 Saitama City 22:00 → 2:00 singes positions 5/3 singes positions 8:00 → 12:30 Hua Ping 5/4 du niveau de bouleau 5:20 → 7:15 Scoop Yue Pic → 8:50 Hua Ping 9:50 → 11:20 membres Sarukura: L. :Feuilles 20. ,やせた雪稜をパスして行く。途中で先行していたS下さんを追い越す。栂池まで縦走するので幕営道具一式を背負っているので重そうダ。7時過ぎにガスの中、山頂に到着。風も強く、写真を撮ってから早々に下山に掛かる。途中でI倉パーティとすれ違う、激励して送り出す。 テント場に戻り、休憩・テント撤収して下山する。双子尾根と杓子尾根との間の谷筋を降りたが、雪が腐っていて足を取らる場所もあったが、11時過ぎには無事に駐車場へ到着出来た。 白馬岳・主稜を登ることは出来なかったが、天候に恵まれた春合宿として成功の部類だった。

Publié dans Escalade rapport | Tagged , , | Commentaires fermés sur 2013/05/03~ 04 printemps Yue scoop co-habitation

2013/05/03-04 OAC printemps co-résidentiel écope Yue racine Shuangzi de la queue

Reporter: champ Y --------------- Membre: Je entrepôt Sun(Meneur), Crête principale originale de chef de parti à San T, K ginseng sauvage, H vallée de, l'eau de S, Y, etc Autre, M Saki'S, S C'est sous un seul déplacement a été également agir ensemble le premier jour. (Le gaz et de forts vents près du sommet) --------------- Voyage: 3 jours 8:20Ape entrepôt → 10:30Coll de Kohinata →(Gemini racine de la queue,)→12:10Hua Ping 4 6:15Birch plat → 8:10Junction pic → 9:15Shakushidake sommet → 10:00Junction pic → 11:00~12:00Birch plat →(Nagashiri Sawa)→ positions singes 14:00 --------------- 2013年のOAC春合宿は白馬岳エリアで、白馬岳主稜パーティ、杓子岳双子尾根パーティ、大雪渓山スキーパーティ、縦走パーティと4つに分かれての行動予定でしたが、直前に起きた大雪渓の雪崩遭難事故のため、原則として大雪渓ルートへの立入自粛の指導が出され、計画が大幅に変更となりました。その結果、大雪渓の山スキーは中止、主稜は双子尾根パーティと同じルートに変更、双子尾根も当初は杓子登頂後に大雪渓から下る計画から、双子尾根のピストンになりました。 4日の7:00に猿倉駐車場で集合し、猿倉荘にて計画書を掲出、記念撮影の後アイゼンを装着していよいよ入山です。出だしからバッチリ雪があり、しばらくすると大雪渓との分岐。ここから尾根を登ります。 朝のうちは曇りがちでしたが、天気予報通り次第に青空が広がってきます。標高1500m付近の猿倉台地まで上がってくると周囲は広々とした雪原。いかにもスキーの楽しそうな斜面が広がっていて、山スキーヤーのものと思われるテントがいくつか設営されていました。 台地の緩やかな斜面を登り、左側の雪渓を登りつめると小日向のコルです。目指す杓子岳から白馬鑓ヶ岳、唐松岳へと続く北アルプスの山並みが姿を現します。そしてここから始まる双子尾根へは一筋のトレースが続き、俄然その気にさせてくれます。 小休止の後、いよいよ双子尾根の登行にかかります。双子尾根への入山者はかなり多いようでトレースはバッチリ。細かいアップダウンを繰り返して徐々に高度を上げていきます。 多少やせた部分があるものの、難所というほどの箇所はありませんが、所々雪に亀裂が見られ、雪の状態によっては崩壊や踏み抜きに注意が必要なようです。1時間少々歩くと本日の幕営地、樺平に到着です。 樺平は大きな岳樺が1本立った小さな平坦地で、ロケーションは抜群。早速基地設営の準備に取り掛かります。まずはスコップで設営地を平坦にし、周囲に雪のブロックを積み上げていきます。このブロックの切り出しが結構な重労働で腰に来ます(Sueur). (Plus long que le temps que je suis! )、お酒を交えて和気あいあい楽しいひとときを過ごしました。 翌日の5日、杓子岳山頂アタックです。M崎パーティ、S下さんは先行して出発。天候はまずまずですが、山頂付近はガスがかかり風が強そうです。双子尾根も樺平から先は森林限界上となり、傾斜もきつくなってきます。アイゼン・ピッケルはもちろん、ハーネスやヘルメット等を装着して気を引き締めてアタック開始です。 途中一箇所割れ目の入った急斜面では安全のためロープを使います。3点確保で確実に1歩ずつ進みます。8時頃にはジャンクションピークの手前で下山してくるM崎パーティとすれ違い。さすがM崎パーティ、足並み揃って早いです。     ジャンクションピークを過ぎるとより傾斜がきつくなり、岩の出たミックス斜面も出現します。難所はピッケルをしっかり使って3点確保でクリアしていきます。       しかし残念ながら高度を上げるにつれガスがかかり出し、風も強くなってきます。M崎パーティの話では山頂は強風で何も見えなかったとのこと。この調子では期待できないかな。     山頂直下の岩尾根をクリアして辿り着いた杓子岳は、事前情報どおり見事なほどのガスと風で、そそくさと記念撮影を済ませて退却します。     下山時の難所は足元が見にくい分厄介ですが、そうした場所を繰り返すうちにかなり要領をつかんできました。ジャンクションピーク付近まで戻るとガスから開放され、展望が得られるようになります。足元には大雪渓が見え、どうやら雪崩遭難者の捜索がなお続けられているようでした。 ジャンクションピークの下からは長走沢が猿倉台地まで長大なスロープが延びていて、スキーで下ったらさぞ気持ちいいだろうなーと思ってしまいつつ、雪稜を一歩ずつ、くやしいので途中で尻セードを織り交ぜつつ下って、樺平に辿り着きました。 樺平にて休憩&撤収後下山しますが、双子尾根下部の雪の状態を考えた結果、長走沢を下ることになりました。それこそスキーだったらあっという間に下山出来そうなところをツボ足でズボズボと時々埋まりながら進むのはあまり快適ではありませんでしたが、時間的には双子尾根のアップダウンよりロスが少なく、短時間で猿倉台地まで降りることができました。猿倉台地からは樹林の尾根を下り、小1時間足らずで猿倉駐車場に到着です。下山時は小雨がぱらつく天気で、早めに下山できて正解でした。今回の大型連休中は白馬大雪渓の雪崩をはじめ、各地で遭難が相次ぎ、決行が危ぶまれるところでしたが、I倉リーダーの指示の基、目標の杓子岳登頂を果たし、全員無事で下山することができ、満足の行く山行となりました。 参考までに今回の山行のGPS軌跡です。デジカメ内臓の精度の低いGPS なのでご参考まで。  

Publié dans Escalade rapport | Tagged , , | Commentaires fermés sur 2013/05/03-04 OAC printemps co-résidentiel écope Yue racine Shuangzi de la queue