Tag Archives: 高山植物

2018/7/14~23 スイス③(マッターホルン ヘルンリ小屋編)

July 2018 Traveled alone to Switzerland K. Zermatt "It is a walking to the Matterhorn's Hernri hut". The primary purpose of this trip is to see the Matterhorn. The purpose was to prepare for preliminary observation when husband someday climb Matterhorn someday. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; July 18 After finishing hiking at Müren, we went to Zermatt. It was near 20 o'clock when we arrived at "Hotel Salsazina" in a few minutes from the station. We arrived and checked the weather. The weather forecast on the homepage of Zermatt town is quite accurate. Forecast that tomorrow is best, it will collapse from the afternoon of the day after tomorrow. & nbsp; We will change the schedule on July 19th and we will go hiking to the Hernri cabin today. The Matterhorn seen from the town of Zermatt, to be honest, it is about Yarigatake in the North Alps! ... so I thought. However, as we approach, there is a presence. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; to Schwartzee (altitude 2583 m). Departure at 10 o'clock. The altitude difference is about 700 m to the Hernri cabin (altitude 3260 m), a journey of 2 and a half hours. A well-maintained road continues, which is easier than going to Mt. Tateyama from Murodo in Japan. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; The way to Matterhorn was terrible, the body trembled. Humans, I felt that my body would tremble naturally when I was moved. Matterhorn was not the presence of a lance, it was feeling to press at 300 times its pressure. No, no, the mountains in the world are amazing ~ and it keeps moving all the while. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; So far, it was almost flat, but it will be a steep climb from here to the Hernri hut. However, since K is a crown of adrenaline, he is not tired at all by high tension. Human fun and long-awaited experience that nature and legs are in front! ! ! It's too fun ~! ! ! & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; Arrived at the Hernri cabin around 12:30! & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; for husband's Matterhorn climbing I go scouting. By the way, the altitude of Matterhorn is 4478 m. The altitude difference to the top is 1300 m. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp;,ja … Continue reading

Posted in Climbing report | Tagged , | Comments Off on 2018/7/14~23 スイス③(マッターホルン ヘルンリ小屋編)

2018/7/14~23 スイス②(ミューレン編)

July 2018 It is K Ken Switzerland "Walking around Muhlen". & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; Moved from Grindelwald to "Lauterbrunnen" on 16th July. Lauterbrunnen is a small village at the bottom of the U-shaped valley cut into glaciers. Famous for the Staubach waterfall with a falling depth of 300 meters. Today's inn is "valley hostel". It is tired of the influence of altitude sickness. But, I have to do the washing for my own cooking, it is tough. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; July 17 Today is my trip to hiking to "rope horn hutte" I wanted to go anyway. From the Lauterbrunnen station take the bus from 8:40 to the village "Eisenhuru" (altitude 1080 m). Pictures of the road from Easenfull to Ropewell Hutte are below. Since yesterday, my body was sluggish, I quit trip and changed to a piston. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; We will take a small retro ropeway run by villagers from Eisenhuru to 'Zulwart.' I am the only passenger. All right? While thinking of this ropeway, analog feeling is fun! & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; arrived in Zuruwalt (altitude 1530 m) in minutes. Nobody is here. It is a pastoral Switzerland place. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; Climb the forest for about 40 minutes. The atmosphere is like Yatsugatake. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; When you cross the forest, you climb along the stream of the stream. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; When I climbed mountains on the hills, the spacious landscape spread. The mountain like saw teeth in the center of the bottom photo is a rope Hernar. In fact I was planning to travel around this mountain. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; Turning to the opposite side, we arrived at Ropewell Hutte (altitude 1995 m) and arrived at 10:30. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; The rope horn hutte is a sightseeing spot where you can see the Eiger, Mönch and Jungfrau's three mountains in front of you, but we can not see the clouds today. I wanted to see ~. It is quiet here because tourists almost do not come here. I had tea in the hut for about an hour. & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp; & nbsp;,ja … Continue reading

Posted in Climbing report | Tagged , | Comments Off on 2018/7/14~23 スイス②(ミューレン編)

2018/7/14~23 スイス①(グリンデルワルト編)

2018年7月 K子 スイスへ一人旅、山を歩いてきました。 写真という限られた範囲では、山の雄大さ・圧倒する存在感、山が生きている感じは伝わらないと思います。なので、ぜひスイスに行って体感して下さい!   グリンデルワルト編               7月14日(土) 成田空港を出発し、直行便でチューリッヒ空港15時半到着。 電車4本乗り継ぎ、グリンデルワルト19時半到着。 到着時、雨。グリンデルワルトの天気をネットで調べると、これから毎日雨。 私はスイスの青空を見ないで終えるのか・・と悲しい気持ちになる。   7月15日(日) 時差の順応ができず、眠れなかった。相変わらず天気予報は雨。 でもアイガーの向こうに晴れ間が見える。「今日晴れるんじゃね~」と思いながら、 グリンデルワルト日本語観光案内所に行程の相談に行く。             今日は明日より天気のもちがよいと言われ、行程長めの「グロッセシャイデック」から「ブスアルプ」の縦走に変えた。 グリンデルワルト駅(標高1034m)8時40分発のバスで、グロッセシャイデック(標高1962m)に到着。 シャイデックは峠、グロッセは大きいという意味で「大きいと峠」という場所。             歩き出していきなり牛の群れに遭遇する。 牛の首につけられたカウベルの音が、静まり返った山にこだまする。 音色が心地よくスイスにいることを実感する。 この先、ほぼ平らな縦走路を進む。                       グロッセシャイデックからフィルストまで花が素晴らしいという情報。 いろんな花が咲いていた。                                               時間を気にせずにゆっくり山を見ていたくなります。               フィルスト(標高2160m)を過ぎ、バッハアルゼーという山上湖に12時半到着。 フリーズドライのお米にお湯を注ぎ、節約ランチ。ほぼ毎日節約ランチ。             13時ファウルホルンに向け出発、雨がぱらつく。 ファウルホルンは諦め、予定とは違う道で、ブスアルプを目指すことにした。 下の写真で黄色線の道を歩きます。               この道は日本のガイドブックでは、あまり紹介されてませんが、今までの平らな道と比べ山登りの要素が多く、アイガーを間近に眺められます。 そして、一日限りのgoodパートナー!との大切な思い出が出来ました。            Continue reading

Posted in Climbing report | Tagged , | Comments Off on 2018/7/14~23 スイス①(グリンデルワルト編)

2018/5/11-12 リベンジ佐渡島 アオネバ渓谷と金北山縦走

2018年5月 K子 昨年に続き2回目の佐渡島山行。 昨年は花の時期を逃してしまい、それがずっと心残りだった。 その後、山で出会う花好きの方々から「佐渡島の花は素晴らしい」と聞くたびにK子の期待はさらに膨らみ、どうしても最盛期の花がみたい。 年明け早々にドンデン山荘を予約した。             <今回の山行スケジュール> 5/10(木)池袋から夜行バス 翌朝、新潟港着 5/11(金)6時発フェリーで佐渡島両津港へ ドンデンライナーバスでアオネバ登山口へ アオネバ渓谷を登り 尻立山周遊 ドンデン山荘泊 5/12(土)金北山への縦走 白雲台から金北山ライナーバスで両津港へ 最終フェリーで新潟へ フェリー乗り場発夜行バスで翌朝新宿バスタ着   5/11 佐渡島両津港着。 明日の縦走路が見える。天気は良いが、山からの風が強い。                 8:50発ドンデンライナーバスでアオネバ登山口へ。 9:30登りだす。登り出しは昨年と変わらないまぶしい緑に包まれる。 私のすぐ前を大阪から来たという7人組のおば様が進む。会話が面白い!             昨年との違いは10分もしないうちにニリンソウが花道を作り始めた。 ニリンソウがデカくて茎が長い。佐渡の花は本州と比べて花びらが大きいらしい。                         「落合」過ぎたあたりからシラネアオイが咲き始める。 登山道はいつしかシラネアオイ街道に変わっていた。 神津島で出会った夫婦が言ってたとおり、登山道両脇に花が咲き乱れていた。 もううれしくてしょうがない! でもこれはプロローグに過ぎなかった。   11:50 ドンデン山荘へ続く車道に出る。 車道脇にキクザキイチゲや ずっと見たかったあの花が顔を出す。             佐渡の花と言えば「オオミスミソウ」いわゆる雪割草がひっそりと咲いています。             時期が遅いのでオオミスミソウの花道とはいきませんでしたが、可憐で少女のような花を見つけるたびに、胸がキュンとなります。かわいい。 オオミスミソウは咲いていないと思っていたので、うれしくてたまりません!!                 車道を20分ほど歩いてドンデン山荘に到着。 食堂で山菜そばを頼んだ。天ぷらの山菜は、今採ってきましたという感じで、香りが強く、人生で一番うまい山菜そばだった 「今日は満室なので、部屋はプラネタリウム室、女性7人グループと同室でお願いします。」と言われ、一瞬、肩見狭っ!て思ったが、部屋の隅に荷物を置き、尻立山への周遊に出発した。     尻立山への道は、すごい風で尻立山の頂上ではまともに立っていられない。 佐渡島はその位置のとおり、大陸からの風をもろに受けるので、風速20mぐらいは時折あるらしい。体感的にそんなイメージの風が吹いていた。                       時折雪が残る道を歩くが、その脇の雪が融けたところはずっとカタクリ畑になっていた。              Continue reading

Posted in Climbing report | Tagged , , | Comments Off on 2018/5/11-12 リベンジ佐渡島 アオネバ渓谷と金北山縦走

2017/8/4-6  花の縦走路 白馬岳~朝日岳

2017/8/4ー6 K子の2017年花の山旅の締めくくりに、北アルプス朝日岳に行ってきました。 花がすんばらしかった~。縦走路がおもしろかった~。 礼文は花そのものを楽しむ旅でしたが、朝日岳の縦走は花を鑑賞しながら、本格的な山岳縦走を楽しめた大満足の山行となりました。                     8/3(木) 蓮華温泉駐車場にて車中泊。2時到着時点でほぼ満車。木曜なのに~ 8/4(金)5時半出発。 白馬大池から白馬岳へ1時頃着。頂上宿舎テン場泊。 8/5(土)4時半出発。 三国境から雪倉岳。 水平じゃない「水平道」通って、1時に朝日小屋着。テン場泊。 8/6(日)4時50分出発。 朝日小屋から朝日岳へ。 下山しますが、最後に標高差300m登って、蓮華温泉12時半着。 参加者;K子(リーダー&レポート)、Y朗(花の名前を教えてくれる係)   8/4 8時40分頃 白馬大池着。着いたとたんに花畑が広がる。 今年は雪が多く、雪解けが遅いからか、春の花~初秋の花がいっぺんに楽しめた山行となりました。   これからの3日間、チングルマとコザクラは雪渓脇にいっぱいでてきます。大好きな花なので全く飽きない。                   大池から白馬岳への道は、NHKドラマ「坂の上の雲」のエンディング映像で使われた稜線。 阿部寛とモっくんを思い浮かべながら歩きます(決して二人が歩いてた映像ではないですが)。       小蓮華岳へやってきました。                                                                   荷物軽量化のため白馬山荘でお昼をとる。Y朗はカレー、K子は珍しく食欲がなくケーキセットで済ます。K子ちょっと体調がいまいちで・・。                   頂上宿舎の雪渓脇にウルップソウの群生地がありました。 8月にウルップソウを楽しめるなんて!! 雪解けが遅かったからですね。                 頂上宿舎のテン場は、天狗山荘が営業していないので混み混みと思いきや、あまり混んでおらず、ちょっと拍子抜け。そういえば、昨年、白馬登った時より登山者も少なかった気がする。台風の影響か、あるいはやはり登山人口が減少してるせいなのか・・・? テン場の回りの斜面はお花畑になっていた。 テン場は酒に酔っていつまでもしゃべっている迷惑な登山者もいなくて、K子耳栓もせずに、ぐっすり眠ることが出来た。         8/5(土)4時半出発。K子元気になり、やる気満々!! ガスがはれていく。 今日は天気が良い。穂高から立山、そして大好きな剱がはっきりと見える。    Continue reading

Posted in Climbing report | Tagged , , , | Comments Off on 2017/8/4-6  花の縦走路 白馬岳~朝日岳

2017/6/9ー12 アツモリソウに一目惚れ!礼文と利尻の旅

2DSCF2264

6月初旬 2つの目的で礼文島と利尻島に行ってきました。K子一人旅。                   6/8(木) K子は会社を終えるや羽田空港に向かい、19時の飛行機で千歳に飛ぶ。札幌泊。 6/9(金) 礼文・利尻に行くなら、通常、稚内空港ですが、飛行機代が高いので札幌から宗谷本線で稚内へ向かう経路をとった。 7時30分札幌駅出発。         約5時間の列車の旅。途中飽きて寝てしまうと思ったが、全く飽きなかった。 列車で過ごしている時間は贅沢で、旅してるなあということを実感した。           12時40分 日本最北端の稚内駅に着く。       14時45分 稚内港発、礼文島に向かいます。       空いてる船首では揺れが大きく、船酔いしました。 だから人が少ないんだと後から気付きました・・。           16時40分礼文島香深港着。 宿の人が、港まで迎えに来てくれました。 宿は南端の知床地区にある「民宿はまなす」です。 この宿を選んで、大正解!でした。       花に詳しい宿、食事のおいしい宿で探して、2泊お世話になることに。 料理は丁寧な作りで、かつおいしい! 今咲いてる花の情報を教えてくれて、ルートの相談に乗ってくれます。 宿泊客も花目当てのリピーターが多く、皆、すごく詳しくて。               私も礼文島は2度目ですが、前回は利尻山を登ったついでに半日礼文島を歩いただけ。 その時から、お花畑の道を歩いてみたかった。でも、明日以降、礼文滞在の2日間は天候が悪いのです・・。 明日、宿で停滞でいいかと思ったのですが、宿泊客の一人から「雨こそ足元の花を見れるから歩いたほうがいいよ!」と言われ、とりあえず花が一番咲いているという「滝コース」へ行くことにしました。       礼文島のトレイルコースです。         6/10(土) 雨が降ったり、止んだりしている・・・。 宿主がバス・タクシーの発着場所となっている香深港まで送ってくれた。 そこから、タクシーで10分程の林道コース入口に着くや強い雨が・・。傘さして、憂鬱に林道を進んでいくが、少し歩いただけで、高山植物が次々と現われるではないか!! 気持ちは一気に晴れ☀模様!!   この後、飽きるほど、道端に咲いているのです。         「林道コースはあまり花が咲いていないよ」と言われたのですが、見たことのない花が出てきて、超たのし~。                                             そうこうしているうちに滝コースへの分岐までやってきました。平原を進んでいく、晴れてたら気持ちよいのでしょうね!!    Continue reading

Posted in Climbing report | Tagged , , | Comments Off on 2017/6/9ー12 アツモリソウに一目惚れ!礼文と利尻の旅

2017/5/27ー28 佐渡島の花?の山旅

5DSC_6690

2017年5月27日ー28日 K子一人、佐渡島の山を登りに行きました。 今年は春に佐渡島に行くと決めていた。 昨年6月神津島の天上山で出会った花好き夫婦に「すごいと思った花の山はどこですか?」と聞いたら「佐渡島のドンデン」と言われた。 佐渡は新花の百名山に金北山が選ばれている。登山道がオオミスミソウ(雪割草)やカタクリ、シラネアオイの花道になり、花の量がすごいというのだ。 見てみたい・・・。 もう春になるのを楽しみにしていた。 でも・・・。   佐渡トレッキング協会から資料を取寄せ、昨年の花の開花時期と昨年と今年の雪の量なども鑑み、5月2週目に、1日目アオネバ登山口からドンデン山、2日目は金北山までの縦走、3日目佐渡観光を計画した。 でも、前日に風邪をひいてしまい、かつ天気予報が悪いということで、こんだけ準備したにも関わらず佐渡行きを断念(涙)。 でもでもやっぱり歩いてみたいと1日目は山、2日目は観光で5月最終週に行ってきた。   5月26日金曜日、大宮から新潟港フェリー乗り場行きの夜行バスに乗る。 全然眠れなかった。 5月27日朝、新潟港に着くや15分後にフェリー出航。   新潟は小雨まじりの曇り空。 いつもならフェリーでは楽しくて船内を歩き回るのだが、今日は眠いので寝ることにした。         8時半佐渡島の両津港に到着。 と起き上がって、外をみたら晴れてる!!           8時50分発のドンデンライナーバスに乗って、アオネバ登山口へ。 花の時期だけバスが運行されている。 バスには10組程の登山者が乗っていたが、大半はドンデン山荘まで行くようでアオネバ登山口で降りたのは他1組。       やはり、登山道は既にシラネアオイも終わってるようで緑しか目に入らない・・・。でも、緑がきれい!! 佐渡は島だから、シカなどの動植物がおらず、花が食べられないので花の量が多いらしい。     ピンクの花で埋め尽くされる花道はなかったが、白い花が次々と現れる。 見たことない花もあり、意外とうれしい!                                                         途中すれ違った人から、「上に行くとシラネアオイとイワカガミの群生地が素敵よ!」と言われた。 期待に胸はずませたが、進めど見あたらない・・。   一輪だけ咲いているシラネアオイはあったけど、群生地ではないな・・・。 12時半 そうこうしているうち尻立山の中腹(ドンデン高原)まで着いてしまった。     ここはここで 青空と海風が心地よい。 しばしシラネアオイのことは忘れて景色を楽しむ。         中腹は高原になっていて、ドンデン池があり、池の回りにはカタクリやアマナ、ツツジが咲いていた。             もう少しのんびりしたいな~と思っていたが、今日は日帰り行程なので14時50分発の帰りのバスに乗らないといけない。   尻立山を経てドンデン山荘目指します。         振り返ると、ドンデン高原が広がっています。 この頃から雲行きが怪しくなり尻立山では雨が降ってきた。               14時、ドンデン山荘到着。 山荘と言ってもお風呂も入れる旅館です。ここまで車でも来れます。Continue reading

Posted in Climbing report | Tagged , | Comments Off on 2017/5/27ー28 佐渡島の花?の山旅