Archivio mensile: Dicembre 2013

2013/12/08 Verde rock-Oiwa (Nishigami Stato)

[Membri(King ha detto un po ')Presidente Shicang] · Asaka (La responsabilità per il contenuto di un articolo) [Alloggio] giorno (Nessun notte precedente) Auto [Accesso]:Crane ヶ Isola IC (off Vietnam) → National Road No. 45 No. 93 → → No. 108 → tre sezioni completa entrata cascata parcheggio [] Eliminare れ Tenki (Bel tempo) [Tempo di percorrenza totale 6 ore 00 minuti] (Tempo libero incl.) [Seduto] Deng tornati diverse volte · ri 5 punti(Una volta Riposo), Pausa pranzo 15 punti [non consolidato] differenza di pura elevazione dal dislivello ·:786m di distanza. camminare:8km 7:50 Tre sezioni complete Takizawa · Bi Yan parcheggio sentiero lotto → 8:20 Pieno Takizawa tre sezioni → 9:25 Ridge → 10:20 Il Bi Yan Ding → 11:00 Ramo con Oiwa → 11:30 Sul grande tetto di roccia (Pranzo) → 13:20 Pieno Takizawa tre sezioni → 13:50 三段の滝・碧岩登山口駐車場 【目的】 西上州のマッターホルンこと大岩・碧岩にハイハイキングに行きました。 【感想】 最近の週末は晴天に恵まれ今回も終日登山日和でした。会長は両岩とも登られてましたが、私は頂上手前10mくらいで断念。岩登りは回数と高度感の経験を重ねないといけないとつくづく感じました。西上州には今回の山と似たような山容が多いので継続して登っていきたいと思います。 【本文】西上州で尖峰と言えば多々ありますが、ここ大岩・碧岩は、その山容から「西上州のマッターホルン」と謳われています。頂上までは景勝「三段の滝」も見ることができます(Le cose e famosa anche per l'arrampicata su ghiaccio in inverno)。 朝5時に川越を出発し7時30分には登山口に到着しました。登山口にはトイレが完備されています。駐車場は8台くらい停めることが可能です(当日は私たちの車も合わせて2台だけでした)。 登山口からは渡渉を3回程度繰り返し登っていくと、三段の滝がみえてきます。この滝は落差50mくらいで、見応えがあります。この時期の沢沿いは少し寒かったので、記念写真を撮ったら早々に移動しました。 滝の右手側に登山道があり、ジグザグの道を登っていきます。碧岩沢出合からは急登で雨が降った後はかなりキツイ(いやな)登りになると想像できます。そうこうしているうちに稜線にでると、そこから両神山がみえました。 ここまで登山客には1人も出会いませんでしたが、ここで単独の登山者に遭遇。山全体を通してすれ違ったのは2人だけで、若い山ボーイ、山ガールは残念ながら会うことはありませんでした。 大岩の稜線から碧岩へは30分程度で岩の取り付きにたどりつきます。固定ロープが張ってありましたが、老朽化していると思われるので補助程度に使用して登ります。 固定ロープは全部で2箇所。初心者がいる場合は別途ロープが必要だと思います。私は1段目を登ったところで断念。会長が登って行くのをみて、しばし休憩。 会長曰く「360°のパノラマ」とのこと。いつかは登る日がくることを祈って2つ目のピークである大岩に向かいます。 稜線上を歩き、碧岩と大岩の分岐を過ぎると大岩の取り付きに着きます。振り返るとさきほどいた碧岩の雄姿をみることができます。 大岩の登りは両側が切れ落ちていて高度感がありました。取り付きやすいが、慎重に登っていきます。 大岩頂上からの眺めは北に荒船山、下には集落がよく見えます。 しばし休憩のあとは往路を戻って下山しました。 【反省】 ・岩稜の登りはまだまだ精神的にストレスがかかる。回数をこなさないと。 ・歩くスペースがまだまだ遅いので(特に下り)、ペースを上げないといけない。 【行程図】御代田 荒船(1/25000) Sopra.

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged | Commenti disabilitati su 2013/12/08 Verde rock-Oiwa (Nishigami Stato)

2013/11/23 Petit Alpine Myogi Kido parete posteriore destra cantando foglie d'autunno Nishigami Stato

【報告者 O田】 メンバー:O田、S田、N田、K美 裏妙義国民宿舎P9:30~10:10取り付き10:40~13:30終了点テラス13:50~取り付き15:45~16:15裏妙義国民宿舎P 23日は当初、S田さんが行きたがっていた表妙義縦走の計画だったのですが他のメンバーの都合が合わず2人だけになってしまった。どうせなら違う所にしようかと話していて岳人を読んだN田さんが行きたがっていた木戸壁を思い出し、N田さんに聞いてみると難しく無さそうだし木戸沢ルンゼが隣にあり、もしかしたらクライミング教室のマルチピッチの練習にも使えるかもしれないとの事!N田さんも行きたがったていたので急遽予定変更して行って来ました。取り付きに着くと先行2パーティーが1.2P目に見えるので準備をしながら待つ、オーダーはO田、S田パーティー N田、K美パーティーとし、O田、S田先行でスタート2.4Pやらせて貰う為、S田さんトップバッターで登攀開始!!                       1P(Ⅲ)S田リード 階段状とは言い過ぎかもしれないが、沢登ならザイル出さないかもしれない感じの少し寝ている壁でガバは豊富!しかしこのガバが簡単に剥れるから信用出来ないので思いっ切り使えない(汗)ムーブどうのこうのは全然無く三点支持で更にホールドスタンスを確認し慎重に抜ける。 2P(Ⅳ)O田リード スタート地点から、支点が見つけられないS田さんが右リッジ状の上方に支点が見えるとの事で右よりに進むとありました。やはりムーブ云々は無いのでスポーツマルチというよりアルパイン要素が多く段々と高度感が出て来てくると更にそれっぽくなる。右手に見える岸壁がいかにも妙義という感じで下を見ると紅葉が素晴らしく秋の青空の下プチアルパインを満喫する。終了点は最後チョット左にトラバース気味に移動するとある。このピッチが一番イヤらしい感じがした。 3P(Ⅲ)S田リード 未だにホールド、スタンスが信用出来ないので慎重に攀じる。全てのピッチで支点は多数あり、ほぼ全てがピカピカのステンレスアンカー(M10)にフィクス社のスチールハンガーなので安心出来ます。松ノ木テラスが終了点。     4P(Ⅳ)O田リード 右カンテに出て行くと高度感が増しアルパイン度も更に上昇する。何故かこの辺あたりからホールドスタンスとも安定した気がして(ガバよりカチ・スローパーとかの方が安心出来る)スピードを上げてグイグイ登れる!が終了点で前パーティーの2名が懸垂下降の準備をしている?!聞くと5P目は登らないで降りるとの事・・・終了点が占拠されているので一段下でセルフを取って待機。何でここで降りるんだろう?その前のパーティーは上に抜けているので問題は無いはずだが・・・しばらく待って終了点が空いたので再び登り始める、どうせなら伸ばせるだけ伸ばそうかと思いザイルが重くなってきたが終了点を通り越して行ってみるも、3ピン目あたりで体が後ろに引っ張られ手でザイルを引くも抵抗大で泣く泣く終了点に戻り、S田さんを迎い入れる。 5P(Ⅲ)O田リード 最終ピッチであるが何だか登り足りないんで、S田さんに「続けてリードしても良い?」と聞くと快諾してくれたので、そのまま継続して登る。太陽光の加減で支点が見難くて判り難いが右上にあるのが判り登り出す、ハンガーを追いかけながら右上すると左上側にチョットしたテラスが現れるので、そこが終了点。更に左にトラバースしてルンゼ状を登り2P追加すると頂上まで抜けられるようだが登山道に出ずに裏木戸側に懸垂下降になるようなので、ここで終了とする。N田、K美パーティーを待ちながら軽く食事と水分補給にS田さんはニコチン補充して懸垂準備をする。ダブルだと回収で引っ掛かるとの事なのでシングルで先行したものがセットして後続が回収とし、N田、K美パーティーが到着したので先に下りる。   懸垂下降 シングルでは4P終了点までなので、そこで一旦切り持って来たロープをセットして3P終了点目指して下降するが、松ノ木テラスまで5mの所でロープが足りなくなる。しょうがないので近くのハンガーボルトにセルフを取り4P終了点に降りてきたS田さんにダブルにしてロープ降ろしてくれと伝えて待機する。しばらく待ったが結構時間が、かかっている様子なので慎重にクライムダウンして松ノ木テラスへ降り立つ。後続3名はダブルにしたので無事松ノ木テラスへ到着、回収でロープが引っ掛かり回収出来なかったので結局確保してもらい登り返して回収する。松ノ木テラスから取り付きに届くことを祈り、ここからもダブルで投げてみるが届かず1P終了点へ、またしても回収で引っ掛かる・・・フリーで3,4m登り返し回収して、最後シングルで投げ下降し回収して終了。ザイルの回収が核心でした(汗)   登攀自体は難しくないので初級者の練習には持って来いかもしれませんが、沢山ある支点全てにヌンチャクをセットしたりスリングとビナで長さ調整をしないで行くとロープの流れが悪くなり登るのに一苦労するくらいの重さになります。岩肌がザラザラしていてロープとの抵抗は、かなり大きいです。ダブルよりシングル60mとかの方が良いかもしれません?!それから、とにかく岩が脆いので後続パーティーがいる場合は勿論、登攀中や懸垂下降時も注意が必要です。更にロープの回収ではガバのような岩に巻き付く様に引っ掛かるので、強引に引くとガバが剥れての落石もあると思いますので要注意です。

Pubblicato in Arrampicata rapporto | Tagged , , | Commenti disabilitati su 2013/11/23 Petit Alpine Myogi Kido parete posteriore destra cantando foglie d'autunno Nishigami Stato