Daily Archives: 2014/06/01

Musashi sept olympique station Suites Rei Hikaru (Seibu Chichibu: Kubo ヶ Corée ~ Lo)

● Montagne Line · Montagne Autriche Musashi sept Town Suites Rei Hikaru (Seibu Chichibu: Kubo de la Corée ~ Lo) Major Peak (Juin Wadayama ~ su ka ri colline - plus ardue ~ off huit États Jiancing Taiwan ~ Maruyama, etc) zeste ku nombre = 9 nombre Toge = :00 Jour Wadayama parking sans alimenter le développement 05:30 Jour Wada Sommet de montagne de pointe - moyen élevé à payer près 06:10 A voir Sommet - Nord gravitropisme loin 06:55 sommet de la montagne de Livebag 08:25 Plus le sommet de la montagne ~ ~ Suwa Shrine Yan Zhen Shan toge toge ~ ~ stand de fleur pin parasol Bruno Toge 10:15 Off huit États Jiancing Taiwan ~ 11 Iimori Toge:15 Iimori Colline 11:30 Beech col 11:55 bottes de montagne bottes ji ~ ~ terrain de tonte Osaka Toge Toge Ono Maruyama pic 15:15 13:45 Gare de Seibu 15h48 gare Okubo Okubo → Station Corée du temps d'action de Lo Lo 560 minutes (9 heures 20 minutes) reste de qui 120 minutes (2 heures ——————————————————————– Nous avons encore aggravées, record troisième opus première série de formation retour Musashi est ici → http://oac.main.jp/wp/2014/01/%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e5%a5%a5%e6%ad%a6%e8%94%b5%e3%80%8c%e5%90%8d%e9%83%b7%e5%91%a8%e5%9b%9e%e3%80%8d%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9/ とうとう、その日がやってきた・・・・ サザエさんブルーにも似た気持ちが 前日の昼下がりに芽生える。 天気予報では、明日は5月なのに28℃。 その中を標高の低い山を30㎞も歩くと言うのだ。 リーダーに「明日、ホントに実行するのか?」確認の電話をかけたかった。 何度もそう思うが、一撃されるに違いない。 一滴の酒も飲まず、枕をぬらし神様に祈り 夜の10時に就寝する。ZZZZ・・・ 山行当日、「アサー!!」(このギャグわかるかなー) 高麗のコンビニで落ち合ったリーダーは二日酔いだった。 昨夜はの30kmの意気込み激しく、自宅で飲みすぎたとの話。 遠足前の子供の如く、楽しみにしていたんだろう。 私は、ネガティブな考えを反省した。 気温20℃ うす曇が有難い。予定通り 05:00 日和田山無料駐車場を出発  いつもの金刀毘羅神社からの展望を楽しみ 30分で日和田山頂 余裕すらある。↓   高指山頂は鉄塔でつまらないのでスルー。 足取りは軽い。お喋りに花が咲く。  たまに吹くそよ風を有難く思う。  思ったより快適な気候だ。   「天候に恵まれた」とリーダーは語る。  天候不良の3月から延期になっていた計画だったので  四人に神様は味方してくれた。  北向地蔵では、シャガの花が咲き始めた。    エゴノキの花は、これからのようだ。 これは昨年のエゴノキの写真       →          北向地蔵から顔振峠までの道は、  毎年エゴノ木が素晴らしいスポットなのだ。   去年の顔振峠の立派なエゴノ木         6:12 物見山 06:55リーダーの好きなスカリ山   山頂からの風景。武甲山が小さく遠くに見える。     越上山までは、標準コースタイムより1時間も早く歩いていた                木の根がむき出しの山道を歩く つつじの花も少し咲く  越上山頂は、一般的には通過する人が多いとの話。   サブリーダー大原  「おれ、タバコ吸ってますから、三人で越上山行ってください。」   三人 「タバコ待ってるから、せっかくだから行こう」 「山頂まで5分位じゃない?」 「荷物デポしよう」  などど説得して全員で山頂を目指す。  結構登り甲斐があり、5分では到達できなかった。 08:25 越上山頂 リーダー以外はもう二度と登らないと思われる。                     Continuer la lecture

Publié dans Escalade rapport | Tagged | Commentaires fermés sur Musashi sept olympique station Suites Rei Hikaru (Seibu Chichibu: Kubo ヶ Corée ~ Lo)